2020東北~道南ツーリング②

7月16日(木)

動物の餌やりや散歩が毎日の仕事

その大将の帰りを待ち

①でUPした記念写真を撮る

これは ここの決まりなのだ!

これをせずに黙って発つことは

大将がとても悲しむ行為

善意で泊めて頂いた恩には

礼をもって応える事は当たり前

訪れたライダーとの2ショット写真は

大将の大切な思い出なのである

 

昨夜見させて頂いた大学ノートの

1ページ1ページに貼ってある

それぞれのライダーを見ながら

懐かしそうに話す姿が印象的だ

 

前々から気になっていたRH福福亭

今回 福島の友が2日間同行できるよ

とそんな話を貰った時から

泊りはココしかないと思い

やっと縁があり訪問する事ができた

その期待を裏切る事なく

選んで正解だっと実感している

大らかな大将の人柄に触れられ

心に残るライダーハウスになった

しっかり勉強させて頂きました!

 

さて 今日もう一日

友たちがご一緒してくれる

これからの行先は大将には黙って

彼らの先導で福福亭を後にする

「郷に入れば郷に従え」

会津に来て朝食といえば「朝ラー」っしょ

そのラーメン店のチョイスは任せてある

 

程なく喜多方市内に入る

いつもならもっと混雑している市内

その甲斐もあってか

『ラッキー 並んでない!』と

本間君が言う様に

彼等のお目当ての店先にお客は居ない

「喜多方のれん会 満古登」

まこと食堂と読むらしい

私は今まで「喜多方老麺会」ばかり攻めていた為

このお店の存在は知らなかったのだ

しかも二つの派閥がある事も・・

 

ネットで調べてみると

ラーメン通には言わずと知れた名店で

とんこつベースに醤油味なら「まこと食堂」

塩味なら「坂内食堂」と人気を二分する

こう書いてある

言ってみれば2横綱の片方がココになる

 

足早に席に着こうとすると

おばちゃんが手指消毒のアルコールを手に

我々へと近寄ってくる

そうでした(汗)ごめんなさい m(__)m

どうもまだ慣れない田舎者でございます

 

『決まりましたか?』とおばちゃん

メニューを見るまでもなく

「中華そば ¥700」を3つ注文する

そうオーダーしてから

まじまじとメニューに目を通す

喜多方ってもっと安くなかったかなぁ?

と値段を見ながら思う

考えてみれば5~6年は来てないなぁ

その間に消費税が変わったし

多少の値上げは致し方ないのでしょう

 

厨房に立つ大将の姿

朝からよく動く女性スタッフ達

と思っていると声が女性だった

大将(男)だと思っていた(汗)(汗)

間もなくラーメンが運ばれてくる

お盆に載せられるでなく

ひとつひとつ丁寧に‥

 

先ずはレンゲでスープを一口

今度は麺をすする

しょぱいと感じたが後は引かない

確か坂内食堂は食べ進める毎に

しょっぱく感じた様な記憶がある

どっちが旨いという事ではないけれど

塩っけの違いがあれど

喜多方ラーメンうまし!!

そして朝は濁りのないさっぱり感

これを知っちゃうと喜多方では

朝ラー以外考えられないのである

 

この後は北上して蔵王温泉に向かう

これが超快走路のワインディング

路面こそ濡れているが

GS-AとRTのバトルを繰り広げてみた(笑)

 

蔵王温泉 川原湯共同浴場¥200

お隣の「かわらや」は定休日

川原湯は激アツだと聞いているが

湯守りのプライドにかけ制覇してやる

先客さんに伺えば

最近は温度調整を行っているとの事

なので以前の様に入れない温度ではない

湯に浸かりながら他の温泉情報を伺えば

鳴子温泉は入ってきたのか?と

是非「しんとろの湯」は入れと言う

それと近くの何とか温泉も良いというが

その名前をどうしても思い出せずにいる

どなたか教えて欲しい

そのどちらもぬるぬるとした湯で

入っていて変な気持ちになる

と男同士の会話で笑う

おススメの飯屋を伺えば

次年子集落の「七兵衛そば」を紹介されるが

あいにく今日は定休日であった

店屋のチョイスはミスターに任せよう

尚も続く快走路を飛ばし

次なる赤倉温泉へバイクを走らせる

 

宝珠山「立石寺」通称:山寺の標識

ここも立寄り候補にしておいたが

確か山頂まで一時間半程(往復)の工程

ちょっとそんな時間はないので

ここも次回の宿題とする

 

赤倉温泉 湯守の宿 三之亟 ¥500

ここは足元湧出温泉で

岩の割れ目から温泉が出ているのだ

『温泉は鮮度が命』を唱える私は

今回どうしても外せないひとつ

建物は若干の鄙びた感はあるけど

まだまだ新しさは残る

露天風呂があるけど目もくれず

お目当ての天然岩風呂へ向かう

無色無臭で肌に優しい湯は

どことなく山田温泉と似ている気がした

深いところは私の肩まであり

幾つかの浴槽の割れ目から

熱っつい温泉が湧いている

激アツでとても入れない浴槽もあれば

程いい温度の浴槽もあり

存分に温泉を堪能してみた

さっぱりした体を通過する風が

ライディングをより楽しくする

そしてとある道の駅

ここで彼等とお別れだ

ちょっと寂しい気持ちになるけど

元々ひとり旅を計画していたので

致しかたないけど

やっぱりちょっと寂しさがある

ミスターから今夜のお供に‥

と日本酒を頂く

やめてよー 泣いちゃうよぉ(笑)

 

さて

実はこの先に後2つ入りたい温泉がある

しかしもう時間がそんなに残っていない

それでも高速道路を使い

一気に今夜の宿へ向かう事をせず

ワインディング道路を走りながら

その可能性を探っていた

そうなんです 私諦めが悪いんです (^^;

ところがこの一刻を大切にしたい時に

Yahooナビが固まる

実は今回が最初ではない

VerUP後のYahooナビは『動作が重い』

といった評価があったけど

出発前にVerUPをしてしまったのだ

最新の地図情報が良いと思った為である

今思えばこれが裏目にでた

電波状況に寄るのかも知れないが

例えば

リルート時に”考え中”から復帰しなくなる

長いトンネルを抜けたら固まる

アプリを切替え

雨雲レーダーを確認した後固まる

電波状況や衛星に寄る所なのか?!

正直使い物にならない

5Gになれば改善するのかも知れないが

信じていたYahooナビに裏切られ

GoogleMapへとチェンジする

好きになれなかったルート案内も

この際好き嫌いと言ってられない

ところがだよ

久し振りに使ってみると

一番大切なルート案内は固まる事はない

地図の表示は見易く好きなのだ

音声案内のタイミングや頻度も丁度いい

と言うか

以前使っていた事もあり慣れているのだ

昔の彼女とよりを戻した感じ?

お互いの癖を知り

気を遣わず自然に振舞えるって感じ‥(笑)

動作的に一切の不安定さも無く

目的のお宿付近まで案内してくれる

後5分ほどになった所のスーパーに寄り

食材を買い込む

そして到着前にTELをするルールなので

電話を一本入れておく

ここまで節約旅ができているので

『買い過ぎない』を心掛ける

 

ライダーハウス・ばるかん ¥1,000

(岩手県奥州市 中尊寺のちょっと先)

オーナーさんは受付のみで

用が済んだら帰ってしまった

だだっ広い部屋(建物)に独りぼっち

少し寂しい

そしてちょっと怖い

昨夜とのギャップが一層そうさせる

それを紛らわす様に充電中のスマホで

「radiko」を流しながら晩酌準備

話す相手も居ない

LINEする親しい人も居ない (-_-;)

明日の天気を調べると

どうも太陽が顔を出す様な感じだ

ルートをもう一度おさらいする

メインイベントは岩木山登山かぁ

いよいよ東北のクライマックスだな

 

買ってきた缶BEERと缶酎ハイが終わり

ミスターから頂いた日本酒に手を付ける

今日みたいな時は

酔えれば何でもいいんだけれど

この歳になると酒の味は判る

美味しい方がイイに決まっている

餞別で頂いた「瞑想水」

心に沁みます

 

今回同行した一人 本間君

彼は独身なんだよね

別に男が好きなわけじゃなく

普通に恋愛対象は女性だ

私の周りには独身が多い

でも一様に皆さんいい性格だし

男からみても男らしい

恋愛や結婚ってさ

縁だったり勢いも必要で

臆病になってちゃダメなんだと思う

100回振られる覚悟でアタックしなさい

ガンバレ独身諸君!

お酒もツマミも無くなったので

今宵はお開きとしましょうかね・・

明日はどんな一日が待っているのでしょう zzz

 


 

喜多方 まこと食堂

 

蔵王温泉 川原湯共同浴場

 

山形そば

 

赤倉温泉 湯守の宿 三之亟

 

ライダーハウスばるかん

 

足跡を残してって・・・
  • イイネ (26)
  • 同感 (1)
  • 好きだなぁ (0)
  • ファイト (2)
  • 早く次書いて (6)