ただいまー

北海道から戻った翌日より

お客様のご予約が入っていたので

遊び疲れが残る中

気力を絞り出し頑張りました

というのも

7月のイベント「唐松岳登山」を

当初から計画をしていた為である


まぁそれはそうとして

岡山から関東圏へ単身赴任した

某常連様から旅中に予約が入った

そこには

『一人暮らしはさみしいです

話し相手になってください』と

コメントが添えられていた

読むなりうっかり声出して

吹き出してしまったんだけれど

なーんかこういうのイイんじゃない

さすが毎度毎度の笑いのセンスは

独り身になっても健在でございました


そんなこんなで

当初は小人数でこじんまりと

まったりな感じの週末かなぁと

想像していたのですが

都内からCostcoウエス(黄色)と

コミネハンガーを納品に来てくれたり

飛び込みの放浪Cubライダー女子さん

ふたを開けてみれば程よい人数となり

宿先BBQを行う事になりました

常連さんが準備をして頂き

食材を人数で割ればOK的な

こういうのってホント有難い事です

それにしても夜は肌寒く感じる

ここ山田温泉ではありますが

皆さんのお住いのエリアは可哀想な程

蒸し蒸しして暑いんでしょうね!

お聞きする話からの想像ですが

この夏も私は下界には下りません(^^;



さて

翌日は登山イベントの日です

しかしどうも3,000m級の山へ

安全に登れる条件とはならず

代案としていた皇族の皆さまが

毎年のように訪れている志賀高原の

沼めぐりへ予定変更をした山行を行った

ここは様々なトレッキングコースがあり

季節・体力に応じたルート設定できるが

今回は裏志賀山を目指すことにした

ここは以前から

ずっと気になっていたのですが

近すぎる?ような事もあり初訪問です

エリア的には皆さんお馴染みの

R292志賀草津道路と奥志賀林道との間

スキー場でいえば

旧 前山スキー場(熊の湯の向かい)と

寺子屋スキー場の間のエリアになります

スキー場だったゲレンデを登り

平坦な森林の中を歩いていると

四十八池湿原という広場に出る

ここは規模こそ小さいながら

訪れる価値は十分にある場所で

そこから正面に見えている山が

志賀山(左)と裏志賀山(右)になり

周回して戻れる様な配置なのですが

今回は片側だけのお散歩コースをチョイス

まぁ選択したルートは優しいのですが

さすが志賀高原です

豊富な自然と風景と植物

なにより大自然の澄んだ空気の中

体の底から毒が抜けていき

心身ともにリフレッシュできました

やっぱりバイクと山は

ホント相性がいいですね!!

肌で自然を感じることが好き

そういった感性に通じるところが

同じなのかもしれませんね


それにしてもです

日頃の運動不足がたたりまして

当の私が一番スタミナ不足で情けなかったです

次回までに精進しておきます

たぶんですが・・ (^^;



そんな事もありまして

北海道旅ブログなんですが

これから写真整理をしてから

一気にupしていきますので

少々お待ちくださいネ

では (#^^#)


今回の記事はどう?
  • イイネ (17)
  • 同感 (0)
  • 好きだなぁ (1)
  • ファイト (0)