今は見習大工

人間であれば決してできないであろう

でもワンコならできるのか…

イヤ! ワンコでもできないはず

我が家のチビが病気なった

どうもややこしい病だと医者は言う

一生治りませんとも言うのである

セカンドオピニオンもするが

やはり無理な様である

 

ある日のこと

突然発狂したように唸り

尻尾を追ってグルグル回る

一緒に居てやれる時は

何とか介抱してあげていた

 

トリミングへと出したある日

間もなくそこから電話が来た

『尻尾を噛み切っちゃいました』と

ふざけた事言っちゃ困るよ

あなた達プロでしょーー

でも一言も文句を言わず

獣医へ連れて行く

応急処置を施していただき

何度か治療もして頂くが

A子がいつも任せている獣医へと移す

 

そうこうしているうちに

治療の甲斐も無く

噛み切った部分から

壊死が始まっていた為

尻尾のもとから切断する事となり

先日 その施術をうけた

手術費は本当に痛い出費ではあったが

それよりも変わり果て

痛がるチビ(Love)が可哀想で・・

本当に切ないのである

 

いつもは喧嘩ばかりする

先輩ワンコ(Peace)も

心配そうに歩み寄る姿は

見ているこっちも泣けてくる

 

さて

実は色々と多忙な日々を送っている

前回お話ししました改装ですが

月曜日から二人で取り掛かりました

201号室から手を付け

構想を話し合いながら

解体作業を行うが

そこで頭を悩ますことは

絶対に譲れない変更部分と

出来るだけ廃棄物を出さない!

というふたつの難題です

可能な限り丁寧に解体を行えれば

再利用もできるので

ゆっくり慎重に作業を進めている

 

今回の改装についてお話しすると

四つある個室になります

その一番の目的は二つ

「防音」と「窓の取付け」です

手抜き?工事と言っていいのやら

全く防音効果が無い部屋は

大部屋のいびきがうるさくて寝れなかった

とご指摘を受けるほど

ドアと壁に防音効果が無い現状

そして窓の無い部屋が二つ

暗い事もそうですが

換気の悪い部屋はやっぱり健康的じゃない

その改善が至上課題である

作業分担をしながら進める日々

廊下と部屋壁の構造は

9.5mm石膏ボードで挟み

中は空洞の壁では防音なんか期待できない

当然断熱効果なんてもんはない

愕然とする日々です (+_+)

部屋と部屋の壁も同様

とんだ手抜き工事です

というより

工期がなくて突貫工事の結果ですね

自分にも多少は責任はある様な気もするが

そういう知識が無かった事が

一番の失敗原因なんだと思う

 

今日はまず

取り掛かったよ~的な

報告になりますけど

2021シーズンのライハR66は

相当中身が充実したお宿へと

変化&パワーUPとなると思いますので

年一泊から二泊

一泊から連泊がしたくなる様な

そんなライハにしていきたいと思ってます

どうぞよろしくお願いいたします

m(__)m

 

足跡を残してって・・・
  • イイネ (23)
  • 同感 (5)
  • 好きだなぁ (3)
  • ファイト (9)
  • 早く次書いて (3)