Googleの実力

昨年の台湾ぐるっと一周ツーの際

そのナビ能力は世界共通だと実感した

でもそれを使いこなすスキルもまた

同時に必要なのだと思った

 

その時からこれからはGoogleかな

そう薄々感じていた

そして7月の東北ツーでYahooと決別し

今は完全にこっちに移行を進めている

いつまでも食わず嫌いではいかん

彼もまた日々進化をしているので

おかしなルート案内もかなり減っている

今日はその使い方について

分かってきたことを書こうと思う

 

最初に言っておきますが

私はGoogle初心者です

まだまだ使いこなすまでには至っていない

そんなレベルでございます

 

『ルート66に行く』そう入力

またはマイクボタンを押し話しかければ

USAのマザーロードの情報がヒットする

決してココの宿は上位に表示されない

当然のことですが

天と地ほどの知名度の差がある為だ

では『レストランへ行く』と検索すれば

企業や店舗が最初にヒットする

これはGに対し宣伝費を支払っている

その期間中のサービスだからである

当宿へも時々 只今サービス期間中で・・

とPRしてみませんか?と連絡が届く

しかし私はケチなので

お金を払ってまで宣伝費をかけた事がない

 

例えばiPhone

設定 - Google -位置情報

これを許可にしておけば

今自分が居る近くのレストランがヒットする

親切にも地図表示もしてくれる

口コミを頼りにするもよし

お目当てのお店を選んだら

経路案内 - 車・電車・徒歩を選択

そして開始を実行すれば

G先生がお店まで案内してくれる

まぁこれはよく使う機能です

でも冷静に考えてみると

これってものすごいHiテクだよね

 

7月樹海ラインを走った時のこと

ブログを読まれた方はご存じの通り

私のiPadが無情にも電源が落ちた

そんな状況に追い打ちをかけるように

ここは電波が入らないエリアである

その後再起動するが地図のキャッシュが

消えてしまったのである

そうなるとどうなるのか?!

画面は真っ白い白地図の中に

現在地を示すマークだけが表示している

地図がなく画面に点だけがあるのだ

この状況が1時間も続く中

しかも雨の降る山道を走り続けた訳である

私の場合

iPhoneからテザリングをかけて

iPadを動かしていることも

状況を悪くしたとも言える

昔のように目がよければ

素直にiPhoneだけでいいよね

またはiPadを通信契約するのも手ですが

なにしろケチな性分なので (*^^;

どのみち電波が無いエリアではダメだけどね

 

ここでちょっと考えてみよう

ケチ道を極めるコツのひとつ

使わなくなった端末があるとしよう

(但しWi-Fiが使える事が前提)

それをフリーWi-Fiが使える場所で

ルートを検索を行い

端末にたっぷりキャッシュを残しておく

(オフラインマップのDLもあるが)

そしてルート案内を実施すれば

GPS機能は無料で使えるので

切断さえしなければナビとして使えます

ただリルート検索はできなかったと思う

私はロングツーリングをする時

大半はこうやって通信を止めながら走ってます

なのでデータ容量は2GB/月で頑張っている

希望とすれば

G先生のナビ機能に目的地への方向線が

表示してくれれば最高に嬉しいんだけどね

 

さて本題です

私は今まで単発的なルート案内や

「2020東北ツーリング」といった

個々の括りで今まで使ってきた

これはこれで良いのだけれど

寄りたいポイントって沢山ありますよね!

例えば全国の県道66であったり

鄙びた温泉や死ぬまでに入ると決めた温泉

日本の聖地や神社仏閣

食堂なんかも沢山お気に入り登録してある

これらをルート上というか

地図上にマーク表示して欲しいのだ

これができたら最高なんだけど

と常々思っていたのだった

 

そんなある日

青ちゃんと話をしていて

『ソレできるよ』というのである

表示するorしない設定を操作すれば

ブックマーク表示をすると言う

それからPCで試行錯誤をしてみる

しかしどうもうまくいかない

がしかし発見しちゃったんですねー

画像で解説すると

今までの私は「マイマップ」で作っていたが

そうじゃなくて「保存済み」の方に

フォルダ分けして作れば良さそうである

まだ実験はしていないけど

これならいけそうな気がするので

時間が取れたらブックマークを

移動させようと思っている

 

今さら人に聞けないって訳ではないけれど

思い込みってヤツは一番タチが悪いもんで

機能を使いこなす事は

やっぱり大切だと思うんですよねー

うまくいった暁には

ルート上に行きたいと思っていた

マークがあればうっかり通り過ぎてしまう

そんな失敗もなくなるんだろーね

 

さて今日のお別れに

もうひとつGoogleネタですが

これも夏休み期間中にHiroyoさんから

教えて頂いたGサービスのひとつ

Googleフォトについてです

多くの皆さんは通常

写真って端末に入れたままですよね

これをソコにUPロードさえしておけば

お目当ての写真を探す手間が省けます

サイトのうたい文句は

「見たい写真がすぐに見つかる」

説明やタグをつけなくも

「犬」と検索すれば

犬らしい画像がヒットするんです

これはAiの技術によるもので

これがかなり精度があがっており

使えるレベルになってます

オートバイと検索すれば

自転車もヒットする場合もありますが

それでもかなり便利になってます

また撮影時に

位置情報を許可しておけば

「長野県」と検索すれば

長野県で撮影した写真がヒットします

めっちゃ便利になったモノですが

ここで注意が必要なのは

情報漏洩の問題です

絶対安全はないと思い

顔写真など知らない他人には

見られたくない写真ってありますよね

それはUPロードせず

風景や食べ物の写真だけにするなど

使い分けって必要かなーと思います

 

今日は最近の気になる情報を二つ

記事にしてみましたが

そんなこと知ってるよーって人は

聞き流してください

でも宿に来た時に

こっそり私に詳しく教えてくださいませ

では!

 

足跡を残してって・・・
  • イイネ (19)
  • 同感 (2)
  • 好きだなぁ (0)
  • ファイト (1)
  • 早く次書いて (5)