18禁

夏の疲れは秋に出る

弱った身体の体力補給には

やっぱりニンニクが良いらしい

口臭が気になるものの

あっちの方にも効果があると言い

「そっちはもう卒業だ」

なーんて言っていても

何時 如何なる時にも

対応できる様にしておく事が

男子たる心構えである ^^;


photp by yakult.co.jp

 

当宿R66から下り

万座線との三叉路にある

村の居酒屋「いうら」

ここの名物はモツ焼き

一人前@500円ほど

どんだけ入れてるんだよぉ

と思うほど強烈なニンニク投入で

翌日になっても口臭は消えない

ただ疲れた体には効果てきめんで

動く気力がわいてくる

 

モツといえば

須坂市の「とら食堂」や

長野市の「川端」が有名だけど

懐に優しい「テンホウ」の定食もオススメだ

いつも私はランチ「定食」ばかりだ

このボリュームで800円にお釣りがくる

一度寄ってみては如何でしょう

 

 

 

知っている方も多いと思いますが

私は山田温泉の源泉管理も

高山村より委託されている

しかし特にこの時期は

源泉へ出向くのが怖い

腹を空かせたクマと出くわさないか

こんな俺でも弱腰になる

先日定期巡回に行くと

設備や湯量等は問題なかったが

帰りがけに

ふと電柱に目をやると

風景に違和感がある

そう! 配電盤のカバーが無い

辺りを見渡すが見つからない

諦めて帰ろうとすると

斜面の中腹にそれらしい物体

ダメもとで這い蹲って登ると

やっぱりビンゴであった

尻餅を着くように下り取り付ける

 

この度の台風の仕業であろう

しかし困った事に

体中に植物の種が付着

これが一度衣服に付くと中々取れないのだ

いつも何の植物だろうと思っていたが

暇に任せてちょっとググッてみる

いね科の「チジミザサ」と言うらしい

コイツはタチが悪く

粘液があり

払い落とした後も衣服がベトつく

まぁ彼らも種の存続の為に

生き延びる工夫で必死なのだろう

でね・・

Eテレで放映していた

「山田孝之 × 植物に学ぶ生存戦略」

という番組が面白かったので引用

へクソカズラとヘクソカズラアブラムシ

皆さんご存知ですか?

彼らもまた

子孫繁栄や自己防衛の工夫をしている

『樹の散歩道』より引用
ヘクソカズラは昔から非常にくさいということになっていて、それゆえ思いつく最悪の名前を与えられた可哀想な植物である。たぶん、自分の身を一生懸命守るため、進化の過程でやっとのことで身につけた自己防衛メカニズムなのであろう。

 

さてこの植物は

比較的身近な場所に生えており

ご覧の通り可憐な花を咲かせる

 

花の奥にある甘ぁ~い蜜は

モジャモジャの毛の奥にあり

容易に近ずくことができない

例えば蟻が寄ってきても

残念ながら入り口付近が限度

しかしハチくらい強い力を持っていれば

禁断の蜜へと辿り着く事ができる

そして魅惑の味を堪能し

花粉を体中に付け飛んでいく

羽を持つハチの行動範囲は広い

なので彼女はハチを受け入れるのであろう?!

どの世界でも女性は賢く

男は単純で強欲

手のひらで遊ばされ満足しているのかも知れない

 

そしてヘクソカズラアブラムシの登場だ

コイツはノコノコと花びらに近づき

彼女の体(葉)を歯で痛みつける

逆上したヘクソカズラは強烈な悪臭を放出

だがこの変態虫はこの臭いが好き?なのだ

そして尚も体に噛み付き

再三にわたりヘクソ臭を体中に浴びる

相当な変態である

Sかと思えば

Mなのかも知れない

どっちにしても変わった性癖の持ち主だ

しかしコイツ

実はかなりの高学歴で

こうしてテントウ虫などの対敵から身を守っている

ただの変態ではなかった様だ

今度機会があったら

ヘクソカズラを探してみようではないか

 

 

元来バイク乗りにはMっ気がある

晴れた日にしか乗らない

そんなライダーは別として

俺みたいに日程を決めたら

何が何でも旅に出てしまう様な

そんなツーリングライダーは

間違いなくM性を持っている

もっと言ってしまえば

チャリダーは どMだと思う

道中の過酷さは

オートバイとは比較にならないから・・・

ただ『こんな日に走る俺はMだよね~』

と明るく話す事ができるのも

バイク乗りだったりする

 

むか~し昔のこと

東北ツーリング中に出会った

バイク女子との出来事

その日は昼過ぎからずっと降り続く雨

カッパも用を足さない始末で

下着まで汗なのか雨かでじっくだった

休憩を兼ね暖かい飲み物でもと思い

立ち寄った道の駅

カッパを脱いでいると

一台のオートバイが近寄ってきた

当時は珍しい女性ソロライダーだった

互いにずぶ濡れになった姿で話しかけられる

『ひどい天気ですね

生憎の天気になっちゃったけど

私、濡れるのも嫌いじゃないの

私って変かな・・』

と潤んだ目でみつめられた

ドキっとしたが

なぜだかその会話を聞き流した

当時の俺は

勇気が無い小心者だったんですよ

そして図々しくなった今

そんなロマンスに巡り合うことは無い

人生ってそんなもんだよネ


photo by WEB

 

さて

今シーズンも残り2週間となりました

今年の感謝祭はちょっと違います

参加者からの要望??

私からの要望だったか

まったく使わずじまいのホットプレートと

たこ焼きプレートがあります

それを準備しておきますので

ちょっと焼いてみましょうよ!

必要な小道具があれば連絡くださ~い

(ちなみに女性なら、2~3名寝る場所が空いてます)

(BMW R60/2 初高速道路で整備に向かう)