ご利用にあたり

マナーとお知らせ

①社会的一般常識の順守
②「キャンセル」はメールでお願いします
③チェックinは当日何時でもOK  out翌12:00頃
④近所にコンビニやスーパーは無し
⑤飲食は1F
談話用(パブリックスペース)
⑥2Fは体を休めたり就寝する為の場所
(騒いだり飲食は禁止)
⑦連泊時は置き荷物&寝具敷きっぱなしでOK

身軽なお泊りツーリングを楽しむ為に寝具等を揃えております。私自身もソロでロングツーリングをするライダーでもあることから、旅人の気持ちを酌んだ施設作りを常に心掛けております。その為ソロライダー様のご利用が大変多いことが特徴だと思います。初めてご利用される方もリピーターさんも、すぐにフレンドリーになれる温かみが溢れる小さな宿です。また良識あるライダー様のご利用が多いことがバイク女子さんも安心してお泊まりいただける理由だと思います。


■重要なお願い
当宿は静かで鄙びた小さな温泉街の中心に宿を構えております。その為違法改造車両(特に爆音)のご利用を当日でもお断りする場合がございます。また近隣旅館の夕食時以降のチェックインは苦情の原因となりますので、可能な限り17:00迄のチェックインを願います。何卒ご理解ご協力をお願い致します。


ご利用の流れ

 当宿を『ご理解』された方のご予約をお受けいたします。また雨天中止の可能性がある方は週間天気予報等が発表されてからご予約下さいませ
メンバー様=30日前
ビジター様=7日前より可

【料金/予約】ページで空き状況を確認
(3名様以上は平日のみお受け致します)

予約はカレンダーから行います
①チェックイン日をクリック
②チェックアウト日をクリック
③希望のお部屋を選択
④次へ
⑤予約フォームへ必要事項を入力
⑥利用規約に合意「予約する」

直後に自動送信で予約内容が届きます
(ezweb.ne.jpの場合はエラー多発中)

空き状況を確認後24時間以内に回答メールを差し上げます
(このメールにて予約確定

キャンセル
悪天候やトラブル・自己都合で来れない場合
手元の予約確定メールの内容(氏名)を一緒に添付いただき返信願います
(キャンセル料は不要キャンセル受理

チェックイン
①セルフ体温チェック
②個々に宿帳をご記入
③前払いにて清算
※オーナー不在でも入室頂いて構わないです
オートバイ
①複数名様は別ガレージへ誘導致します
②不安の方はオーナーがお手伝いします
③明日の出発順に移動させて頂きます
※ハンドルロックはしないでください

メンバーカード DE 宿帳プリント

PrtSc

上手に過ごすコツ
①到着前の道中で飲食物を購入しておく
②入口のホワイトボードで部屋割りを確認し入室
③寝室スペースを確保し寝る準備をしておく
④ビール等の買い物や出前を済ませておく
⑤温泉で心身共にリフレッシュさせる
あとは就寝まで自由にゆっくり過ごす…

チェックアウト
シーツ&枕カバーを使用済みかごへ戻す
出発時間になりましたらご自由にお帰り下さい

ご利用ありがとうございます
またのお越しをお待ちしてます


オーナーの呟き

当宿はライダー限定と言う訳ではありませんが、ライダーハウスには一種独特な雰囲気があります。そんな事から「ライダーハウス」という宿をご理解頂けない方、自動車で旅行している方のご予約は受け付けておりません。
またツーリングクラブ等のマスツーも楽しいものですが、当宿は小さな宿な為にソロで走りたい時にフラッと訪れる事ができる「隠れ宿」的な存在でありたいと思ってます。信州の風土・爽やかな空気を感じながら走り、心と身体に沁みる温泉に浸かり、1日の出来事を語り合ったり、B級グルメや温泉またはルート情報を交換しあえるバイカー同士が集う宿となっております。しかしお金を払えば「お客だ」と言う態度で、他のお客様と仲良くできない方や、他人に迷惑をかける方はお断りです。自分のオートバイばかり自慢する方も苦手です。メーカーや排気量なんて関係なく、ひと晩楽しい会話で愉快に過ごして頂きたいと願ってます。ここは布団敷きのサービスやアメニティーの揃った民宿とは違います!ペンションとも違います。ゲストハウスでもありません。お食事の提供をしていないので”とほ宿”でもありません。基本的に相部屋スタイルなのでライダーハウスが一番しっくりくる言い方になる。私の目指しているところは、まさしくこの“ライダーハウス”というカテゴリーです。北海道に多く存在するこのスタイルを本州にも沢山出来て欲しいと願ってます。そして何よりライダーが望む「居心地のよさ」を実感できる、そんな宿にしていきたいと思っております。
まずはパンチの効いた熱い源泉掛け流しの天然温泉を体験してみましょう!