スパム攻撃に遭う

今日は恥ずかしい話

先日パソコン(WinXP)の話をしましたが スパム被害に遭ってしまいました

 

宿のホームページを公開しているので 毎日のように迷惑メールはくる

その大半はサーバのセキュリチィーチェックで処理されるが

週に数件は その網を突破してくる強者がいる

そんな奴らは手動で対処するが 現在もイタチごっとではある

 

 

 

引退させたノートPC(WinXP)を整理中に 事故は起こったと思われる

サポート終了にあわせ IEにてネットに出た為であろう

ミスの要因は二つ

第一にサポート終了したPCを いつでもWEBに繋がる環境にしていた事

第二にデータ整理の方法と油断 これに尽きる

 

重要なデータ移動を済ませ そうでないデータの整理作業中

拡張子が.mht形式のデータを 思わず開いてしまった

当然 インターネットエクスプローラー(IE)が起動

オフライン表示のはず?!

文中のアドレスをクリックしたのかも・・

 

米国政府がIEに重大な脆弱性があると 警告するニュースがあったので

すでに通常アプリをGoogle Chromeに変更はしていたが 削除まではしていなかった

.mhtを開けば当然IEが起動する訳で・・・ やっちまった(>_<)

 

結果 発見できた流出データは

独自ドメイン@route0066.comの メール設定用パスワード

私が利用しているレンタルサーバーの Xserverから警告があり判った次第だ

 

早速パスワードを再設定したが 一度漏れたアドレスは世界中を一人歩きしつづける

このアドレスで会員登録していた すべてに対し違うアドレスへと変更し

その後このアドレスを削除する事で 現在はひとまず落ち着いている

 

因みに会員登録していたのは facebookなどのSNS専用だったので

ネットSHOPやweb口座など お金にかかわる被害は受けていない

複数のアドレスを用途によって 使い分けていた事が幸いした

 

 

今回の一件でサポート終了の意味と 怖さを思い知らされました

本当に情報って抜き盗られるんですね!!

今後も脅威が去ったわけでもなく 特にそのPCはスパム感染していると想像でき

再インストールを行うつもりだ

 

Xserverさんには感謝の気持ちと 今後も使い続けたい信頼感が残り

いくらルーターを介した環境でも 多少いいだろうなんて事は無かった

ひょっとしてご迷惑を掛けた方がおりましたら この場を借りてお詫びいたします

皆さんも 十分に注意をしてくださいね!