BCスキーツアー

街に緑が戻り

桜が咲き

黄砂や花粉が舞う中

残雪を楽しむ恒例行事を遂行

今年はお客様をお迎えしての

「2DAY BCスキーツアー」

仕事としてガイドを行ってきた


ルートは昨年同様

山田牧場からハイクアップを開始して

熊の湯~横手山~渋峠~

万座温泉にて宿泊

翌日 七味温泉に帰ってくる

オートバイでいえば

県道66~R292~林道山田入り線

ざっくりそんな感じである

今回は写真を盛り沢山に紹介します

先ずは楽しみ過ぎて取れ高少ない

動画をご覧ください



それでは順を追って紹介します

【DAY 1】

9:00
スキー学校を出発
しかしあろうことか
山頂リフトが故障との事
急遽ピステンによる搬送を依頼
お客様は助手席に乗車いただき
我々ガイドは荷台に乗る
昨日のポカポカ陽気はどこへやら
気温-4℃
ハイクアップに備えた軽装の為
寒さが身に沁みる

9:45
ハイクアップ開始
ヤマボク山頂リフト降り場にて
SKIシールを付けて入山
急傾斜地に雪崩れ跡がある



10:45
笠岳 峠の茶屋 到着
ゲストが健脚だったのでHiペース

12:00
熊の湯スキー場 到着
リフト移動で横手山スキー場へ

12:45
横手山山頂 昼食

14:20
R292 山田峠付近 到着
カリコリのハードバーンを楽しむ
国道292冬季閉鎖解除に向け
この日から重機による除雪作業を行ってる
立山と違いここは急斜面なので
あの位置から雪を崩し
雪壁が高くならぬ様安全配慮するという
因みに私の立っている場所が
国道の真上付近(駐車場)です


15:50
万座温泉 日進館 到着


【DAY 2】

9:40
日進館 出発
スキー場営業終了の為ハイクUP

10:30
万座峠(SKIシール脱着)
林道 山田入り線を滑り降りる

最大の難所クリアでイエェェ―い♪


12:30
七味温泉 到着



楽しい時間というものは

あっと言う間に終わるもで

肉体的にはかなりきつかったけれど

やっぱりゲレンデスキーの

何倍も楽しいBCの世界は癖になる

行程中は幾度も命の危険を感じる

そんな場所が現れるけれど

ゲストの腕前を見極めながら

そのひとつひとつをクリアしていき

クルーの安全を確保していく


広大な自然の中に身を置くことで

人間の小ささを感じ

自然の偉大さを感じ

この素晴しい環境に住んでいる

この幸せを感じ得ずにはいられない

そしてこの体験をもっと多くの

スキーヤーに紹介していきたいと

再確認する日でもあった


危険なスリルを体験する事が

若さを保つといわれるが

何となくそんな気もする

今回何より嬉しかった事

それは

今回のゲストがとてもハマってしまい

私達の仲間に入りたいと

山田温泉スキークラブ入会となった



来週もう一度BCスキーを行い

私の2022スキーは終了予定です

つくづく

スキーが好きなんだと思うけれど

オートバイとスキー

季節ごとの遊びを続けることが

私のライフスタイル

それは

これからも続けていきますよー

総滑走距離 24.7km

総工程時間 9時間



◆足跡残してって◆
  • イイネ (21)
  • 同感 (0)
  • 好きだなぁ (0)
  • ファイト (0)