金刀比羅宮ツーリング①

2021.10.25(月)

誰だったか?

ある人に

『小林さんは色んな所に

恋人が居ていいよね』と言われた

考えてみると

確かにそう言える

オートバイで旅する

ライダー専用の宿をやっているので

必然的に全国各地のライダーさんと

知り合うことができた

しかし

誰とでも仲良くなれるのか?

と問われるとそんな事は無い

『こっちに来たら寄って』と

実際会いに行ける人となれば

それは限られてくる

世の中は社交辞令ってもんがある

今回の旅もタイミングが合えば

最終日に福岡県の金ちゃんと会い

そのまま金ちゃん宅(別荘)に

泊めて頂きたいと思っている・・


予報では出発日の西日本は

傘マークがあるような日だった

なので移動日と決め

岡山県まで一気に走ってしまおう

と考えバイクを走らせた

題名にあるよう今回のテーマは

「金刀比羅宮参り」が目的

以前900忍者乗りさんから

『行く時は案内しますよ』と

話を頂いてた事もあり

真っ先に声を掛けたのだった

そうはいっても平日なので

一緒にってのは無理だと思い

せめてご自宅近くにホテルを取り

夜一緒に一杯と思った次第

しかしそれも

予定を変え次回の楽しみとした


ーーーーーーーーーーーーーーー

出発当日の気温は3℃

それに加え

山からの冷たい風

長野県を脱出すれば

必要無いと分かっていても

相棒のフクロウ号は積載力抜群

あるものはすべて駆使する

インナーにはブレスサーモを着て

その上に電熱ベスト

そしてライトダウンを羽織り

ライダースジャケットを着た

そして尚且つバイクの

グリップ&シートヒーターを

ONに設定して出発をした

曇天だった空は愛知県に入ると

雨足が少し強くなってきたので

ランチ休憩のタイミングで

カッパを着込む事にする

少し自慢に聞こえるかも知れないが

この程度の降りならスクリーンをUPさせ

スピードを100㎞/h以上保てば

そこそこ体は濡れてこないのだ



一人だけ目立つような速度で走らず

そこそこ早く走る四輪に付き

警察へ特別料金を命じられぬ様

注意を払いながら

様々なジャンクションを繋ぎ

高速道路を走り抜ける

何となく大阪までは苦も無く

走ってきたが

そこから先の大阪から岡山って

こんなに距離があったかなぁと

少し戸惑いながら走る

シーズンに数回お越し頂く

登山ライダーさんも

毎回ココを走ってくるのだよね

だもんCBR1000RRを

音速で飛ばすのも分る気がする(笑)

彼が言ったのか?

誰が言ったのか忘れたが

岡山って何も無いよ!

そんな事を聞いた事があるけれど

前回も美味しい居酒屋をみつけ

割りと岡山県とは相性がいい

そう自分は思っている!

ホテルのロビーに置いてある

街の情報MAPに載っている

「貝マニア」が目に留まったが

まずは部屋に入り

真っ先にバスタブに湯を張り

何はともあれ体を温める

髪もさっぱりと洗い

テンションが一気にUP

そして徒歩数分のお店へと歩く


私は量は要らない

でも

美味しいものを

ちまちま濃い目のお酒で

至福の時を味わいたい

普通一口で

口に運んでしまうヤツも

俺は半分

いや

嘘を言った

三分の一

四分の一程を

口にして酒を頂く

少ないツマミで

ゆっくり酔いたい性分

ケチである


一品一品写真を撮り

そして噛みしめる様に食べる

そんな姿を見られていたのか?!

『よかったらこの水槽も撮って』と

店長さんが言ってくれる

ちょっと恥ずかしくなった (^^;

追加でオーダーしたい品は

沢山あったのだけれど

お金を節約して店を後にする

疲れか?安堵感からなのか

今宵は酒のまわりが早く

無事ホテルに戻れるのか?

少し心配になる程

随分な千鳥足になり

やっとホテルに着いた

フロントで

『3階芙蓉の小林です』

『5回桔梗の小林様ですね』

と返ってきた

大きな声を出した事もあり

恥ずかしさ100%で赤面した

そして

覚えてないけれど

こんな一枚も撮っていた

ひどい散らかりようです

反省


つづく

ーーーーーーーーーーーーーーー

岡山グリーンホテル
一泊素泊り¥3,980
無料駐車場(二輪車屋根付き)

岡山駅周辺(裏通り)


足跡残してくれたらうれしいです
  • イイネ (29)
  • 同感 (6)
  • 好きだなぁ (4)
  • ファイト (3)