自分で建てる

先日しまうまプリントを紹介しましたが
https://www.n-pri.jp/photobook

およそ10日程で完成郵送されてきた

今回オーダーしたのは

A5スクエアサイズ(148×148)プレミアム

2019年のカブツーと台湾ツー

96ページ¥3,034を2冊

そして

デジカメもスマホも無い時代

高校生から40代頃までの

粗雑に残っていた寄せ集めモノ

72ページ¥2,341を1冊

出来栄えは

キタムラよりも紙が厚く

色目も満足できる仕上がりとなった

特に寄せ集めの方は

元データを紛失してしまったりと

画素数が小さくても

それなりに仕上がっているので

思いの他満足である

気を良くしたので

昨年2020シーズンの東北ツーと

五島列島ツーも追加しようと思う

完成品は宿にありますので

お越しの際は手に取ってご覧ください

 

さて

個室の改装が終了した後

「手が空いたら」と頼んでおいた

同級生から連絡が入り

別件の工事が延びたので

連休前に手を付けちゃおうと

小林邸の新築予定地の擁壁工事を

急遽手掛ける事になった

できれば連休明けの方が

私の都合は良かったのだけれど

有難くお願いをした

 

改装とオープン準備疲れ

そしてオープニングと忙しい日々

そんな私の事情をよそに

同級生の容赦ない指示が飛び

今度はつかいっぱしり土方です

それでも若かりし頃

1年ほどの経験があるので

まあまあの作業は覚えている

それにしても

土木と設備をこなせる彼は

バックホーの操縦が上手く

飲み友の時とは違った

真面目な一面をみれて

感心するのであった(汗)

 

肝心の我が家の新築計画ですが

今回の境界の土留め工事

これで今年の予算は終了

いつになったら

本工事になるのか未定ですが

『夢のマイホーム』

とよく言ったもので‥

改めて家を建ててる方々って

本当にすごいなぁーと思う

結婚を機に

25年や30年ローンを組み

定年まで返済している苦労

とても私には真似できない

心底関心するばかりである

 

仕上がっている設計図をながめ

時折思いを馳せるのが関の山

しかしどうして

こんなに住宅って高いんでしょう?

”俺は¥10,000,000で家を建てる”

と言ってはみたものの

そのお金も銀行の融資が通らない

中々厳しい現実もあり

トレーラーハウスでもいいかぁと

思ってしまう今日この頃である

いずれにせよ

住む家が無い訳ではないので

ボロ家で我慢さえしていれば

それで暮らしていける

究極的な話

ライダーハウスを辞め自宅にして

暮らすことも選択肢のひとつで

無理をして

小林家の家計を逼迫する事態は

やめておこうと思うのである

ただこれは

あくまでも選択肢の話で

65歳まではライハ続けますよー(笑)

 

いよいよ明日から始まる

2021ゴールデンウィーク

どうもお天気が不安定の様ですが

コロナにも

雨にも負けず

バイク乗りなら走りなさい!

ではまたね

 

足跡を残してって・・・
  • イイネ (15)
  • 同感 (2)
  • 好きだなぁ (0)
  • ファイト (5)
  • 早く次書いて (2)