新たな魅力を

何となく飲食業界ばかりが

時短要請等でいじめられている

そんな印象が強い昨今

だけど冷静に考えてみると

もっと多くの人々が辛い思いをしている

業種ではサービス業界は大打撃です

飲食も観光も鉄道バス航空・・

その中でも今日は観光業

旅館について話をしようと思う

 

行政などからの補助金が出るとはいえ

消毒関連用品やアクリル板に体温計

様々な備品を導入しなさいと言われ

その通りに館内を整備して

いつになったら元の様に

客足が戻ってくれるのやら

不安な日々を送っているのが現状

銀行から借り入れた資金は減り

すでに借り増しをしている所も

多々ある様に思う

 

また

運営形態を素泊りへ方向転換する

そんな旅館が増えている現状は

皆さんも感じていると思います

例えば楽天トラベルのプランをみても

素泊りが大変多くなっている事に

すぐに気が付くと思います

それは固定費の中でも

多くを占める人件費削減なんでしょう

その中でも板前さんの給与は別格

解雇をされてしまったのか

お休みを頂いているのか?

そこまでは分からないけれど

厳しい現実がそこにはある

 

「不要不急の外出は自粛しましょう」

そう政府や医療機関の偉い方が

TVで話されておりますが

このままでは宿泊業は崩壊します

医療現場側からみると

違う見方になる事も理解できる

八方塞がりの状況だけど

今サービス業の皆さんの

本当に助けて欲しいことは

補助金じゃなくて

税金や固定費の猶予なんだと思う

 

先日ロッジモーティブの森田さんより

こんなお便りをいただきました

『前略‥ライダーハウスの改装を

精力的にされていて凄いなと思います。

自分はお客様が少ない時期だからこそ

宿の改良をした方がいいだろうと

思いつつ、何の決断も出来ず、

特に改善しないまま流されて

今シーズンを迎えてしまいました。

今後を考えると

支出を抑えたい面もありますし

難しいところです。。』

この気持ちよーく分かります

私も今回の個室改装は

ちょっとしたチャレンジです

今後の資金繰りにどの程度影響を

及ぼすのか不安でたまりません

ここでも記事にしましたが

昨年銀行から250万の融資を受けました

それをまったく手を付けず

1シーズンやり過ごせましたが

今回100万ほど手を付ける

そんな状況です

今でもこの決断は正解だったのか?!

それは分かりません

ただ ひとつ言える事は

お泊り頂いたお客様は

きっと喜んでくれると信じてます

それで好いのだと思うようにしてます

 

私の本業は宿泊業ですが

スキーや源泉管理に副業・・

それらの収入があるからこそ

一歩踏み出せた事も事実で

今回の改装を終えれば

大きな事は行わないで大丈夫でしょう

このまま後10年ほど

ライダーハウスR66を静かに運営し

走れるうちにバイクで全国を巡りたい

そんな風に考えております

さてさて

森田さんからの手紙の続きに

同人誌の案内がありましたので

皆さんにご紹介したいと思います

「絶景と快走路6」

ご本人もお話しされていましたが

個人的趣向を全面的に反映させた為

前回に増して

売り難い内容になってしまった

そう話しておりますが

サンプルを読ませていただき

私は凄い取材力だと感心いたしました

R66でも販売協力いたしますが

すぐに手にしたい方は

Amazonにてお買い求めください

「絶景と快走路6」

皆様これはステキな一冊です

買って損は無いです

ぜひぜひ買いなさい!!

なーんて (^^;

 

俺達にはとびっきりの翼がある

それはオートバイ

その道しるべを手助けしてくれる

そんな一冊があれば

先を急いだり

単に距離だけを競う様な

ツーリングから卒業をし

また違った魅力と出会える

自分がそうだった様に

つくづくそう思うのである

 

では

今日はこのへんで !(^^)!

 

足跡を残してって・・・
  • イイネ (23)
  • 同感 (4)
  • 好きだなぁ (2)
  • ファイト (5)
  • 早く次書いて (4)