食べ歩き

信州中野市に新鮮屋という

こじんまりとしたスーパーがある

そこは珍しい肉の

希少な部位が置いてあったりするので

私はとても好きなお店である

ただ自宅からは少し遠い為

中々生きずらい場所でもある

例えば

「ナンコツ」といい豚の喉の部分

ここが私の一番のお気に入りで

これがあった時は必ず手に取り

おひとつ購入している

それを自宅のカセットコンロonフライパン

でちまちま焼きながら

塩コショウのみでいただく

これが最高の酒のアテになる

こういう歯応えのある部位が

私はとても大好きなのだ

 

小布施町に長年に渡り地元に愛された

「一本松」という

汚ったなーい焼肉屋があった

今は店主が病死してしまい閉店したが

そこのメニューにはこれが置いてあり

「コリコリ」ていう名で人気だった

一人前¥350だったか?

とにかくコレと梅割りなんかで

お財布に優しい飲み屋でした

そして〆の

細麺の味噌ラーメンも評判だったなぁ・・

 

そんな訳で

今日は久し振りに食の話題

私の行きつけの赤提灯飲み屋

ここも上がりが¥1,000程度の店で

そのくせひとつひとつの

ツマミの量が多く

うっかり頼みすぎると包んで頂く様になる

大概は焼き鳥のレバーとカシラを主に

サワーを2杯飲めばほろ酔いになれる

先日珍しく「銀杏」を頼むと

手製の割り機が備わっていた

私も真似してみようと思うが

この量で¥300だったか¥400です

諸々タイミングが合った時には

連泊のお客さんもお連れしたりしましたが

あの雰囲気と威勢のよさに

戸惑うような個性強いお店です

 

さて

ここでは何度も登場してますが

長野市内で学生時代の味といえば

言わずと知れた「いむらや」の焼きそば

絶対王者といっても良いでしょう

大人になった今でも

定期的に足が向いてしまう店ですが

しかし今日は

噂には聞いていたけれど

なかなかその時思い浮かばず

行けずじまいのお店ってあるじゃない

そんな飲食店へ行って参りました

 

最初にご紹介するのは

須坂市の喫茶店「ダンク」

ここの目的は昔ながらのべとっとした

ナポリタンである♪

パスタと呼ぶお洒落なやつじゃなく

ケチャップで作るのが食べたくなり

足を運んでみる

メニューにはナポリタンと

スペシャルナポリタンとあり

¥50の差は大盛りってことだと考え

スペシャルを注文する

するとマスター(店主)から

〇◇ソースと△□ソースの

どちらが良いか聞いてくる

ケチャップ味が食べたいと言うと

ならナポリタンですね!

といい素直に訂正をする

ボリューミーでほっこり落ち着く味

私が食べたかったやつはコレです

またひとつランチのレパートリーが増えた

 

続いて蕎麦屋です

地元TVで放映されてから

気になっていたお店ですが

住宅街にポツンと店を構え

入る前から名店の予感がするのだ

お食事処「そば吉」

メニューはいたってシンプル

蕎麦オンリーである

珍しく「天ざる」¥880を注文

蕎麦はまずまず

しかしタレがいけない

いい仕事をしていませんねー

ハッキリ言うと蕎麦と合っていない

蕎麦自体はいいだけに

何とも残念なお店だと思った

温かい蕎麦なら良いかも知れない・・

 

信州の郷土食といえば

「おやき」がそのエースでしょう

こちらも新規開拓をしてみました

先日スキー学校にお客様がみえた

その方が手土産に持参したのが

今日ご紹介する「清野」のおやき

おやきを語らせたら

あのミスターも中々腕を上げたが

まぁ人それぞれ好みってもんがある

代表的なものでいえば

ぱさぱさした饅頭生地の「縄文おやき」

最後に揚げる「いろは堂」と

ひと口におやきと言っても

包む生地には色々ある

我々信州人は中の具材よりも

この生地にうるさい一面がある

私の様にもちっとした生地を好む者

それぞれ良さはあるにしても

こればかりは譲れないのである

そんなもちっとした系なのが

清野製菓のおやきです

場所を聞くがどうも心当たりがない

そんな場所にお店があったかな・・?

何かあった様な

無かったような?

伺えばすべてリピーターさんなので

看板的なものや宣伝旗

商品の包み紙にすら店名の無いまま

長くその場所で営業をされている様です

そこで実際に行ってみる事にする

店頭にはこじんまりと数種類の

おやきが並んでおり

今日はこの四つをチョイスしてみる

@135円と少々高めなお値段

いや今は標準的な価格なのかもしれない

自宅でA子にも味わってもらう

「・・・。」

美味しいね と言うものの

どうも本心ではないと分かる

俺も食べてみるが

スキー学校で食べたモノとは違う?

同じ店なので違う訳ないのだけれど

やっぱり生地が違う気がする

頂いたヤツはもっとモチっとしており

こんなパサついていなかった

そう話すと

セブン須坂新町店の方がモチっとしてて

ずーっと美味しいと言う

何でも店長がおやきに拘りがあり

篠ノ井の業者から取り寄せており

この辺ではココだけの取り扱いらしい

さっそく買ってみる事にする

生地は私好みである

しかも@110円と安い

今までセブンで販売するおやきなんて

ちょっと馬鹿にしていたけれど

いいじゃないか!コレ

 

製造元を知らべてみると

株式会社マツキ(長野市篠ノ井)と記してある

さっそくネットで調べてみると

例の土鍋プリンを製造している所でした

昔一時話題になったあの店です

セブンでは夕方には品薄になるので

時間に余裕があれば

本社工場&店舗へ行かれてはいかがでしょう

楽天ショップのURL貼っておきます

マツキ 楽天市場
https://www.rakuten.ne.jp/gold/matuki777/

 

今日は気になっていた飲食店の

食レポの話題でした

ケチくそオーナーのランチは

基本ワンコイン大好きなので

高級志向の方には不向きかも知れませんが

少し気にとまったお店がありましたら

お立ち寄りしてはいかがでしょう

 

おまけになりますが

高山村「いちい」のランチ限定定食¥600

これもコスパ最高です!

 

最後に写真があったので

貼っておきますが

長野市内某所 焼肉店

白センマイ刺しと牛レバーです

レバーは自己責任になりますが

私は刺しで頂いちゃってます

でもなんで美味しい食べ物って

こんなに幸せな気持ちになれるのでしょう

では今日はこのへんで !(^^)!

 

足跡を残してって・・・
  • イイネ (18)
  • 同感 (3)
  • 好きだなぁ (4)
  • ファイト (2)
  • 早く次書いて (2)