銀世界へGo

年が変わっても

月が替わっても

相も変わらず迷惑メールの数々

Amazonやカード会社は未だしも

ピンポイントで狙ってくる

そんなメールは正直心配になる

それはこんなメールだ

R66のドメイン使用会社と

WEBサーバー会社を装ったヤツだ

幸いにも数日後

正規サーバー会社から

注意喚起の連絡が来たので

自信を持って無視する事にした

 

しかし

ログインができない状態です‥

アカウントが更新できません‥

支払いが確認できません‥

などとお決まりの文字が並び

中には日本語自体がおかしいもの

まったくチープさに笑ってしまう

そうは言っても

正直 鬱陶しくて仕方ない

今は冬季休館しているので

そんなに慌てる事が無いので良いが

シーズンインする頃になると

予約&問合せメールと

業務が煩雑になるので

やっぱりアドレスの変更削除は

急務だと思うのである

 

さて

ブログに書いて良い様な内容なのか?!

ちょっと悩むのであるが

やっぱり聞いてもらおうと思う

それは先月終わり頃のこと

いつもの様に

朝スキー学校の窓口にて

レッスン申込み受付業務を行っていた

やっと午前中の受付を終え

イントラの配役を割り当て

滑りに行こうとした頃

ひと家族がやってきた

 

30代のご夫婦と

小学生位のお子様が二人

『スクールをお願いできますか?』

と母親から話しかけられる

午前中の受付は終了してしまったので

というかレッスンは始まっている

そんな時間なので

『午前の受付は終了しました』

と対応をしてしまった・・

母親は残念そうな顔で子供達に目をやる

私は業務的な対応を反省し

料金が高くなってしまいますが

KIDSプライベートレッスンなら

この時間でもお受けできますが・・

と説明を加えていく

 

通常のグループレッスンは

半日¥4,000だけど

それは¥8,000とかなり割高になる

しかし1対1のレッスンで

初めてでも確実に

半日で滑れる様にします

父親が言う

『お金はいいんです。お願いします!』

一緒にスキーと靴のレンタルも頂き

お子様二人で半日¥18,000也

 

オリジナルゼッケンを付け

今日一日共にするスキーを抱え

目をキラキラさせてる二人のお子さん

その姿を目にして

決め事にとらわれ過ぎた対応をした

先程の自分を反省するのだった

 

それから午前のレッスンを終え

午後はご家族4人で楽しむ様子

その後リフトが終わる時間まで滑り

レンタルスキーを返しに来た時

父親からお礼を言われた

そして

昨年ココに初めて来てから

ヤマボクのファンになってしまい

もう他のスキー場は考えられない!と

そこまで褒めていただいた

レッスンも昨年に続き

2度目の利用と話されていたが

失礼ながら私は覚えていなかった

帰り際

『明日もプライベートでお願いします』

とご予約を頂くこととなった

改めて自分を戒める

毎日毎日繰り返すことだけど

だからこそ

丁寧な仕事を心掛けないといけない

作業になってしまってはいけないのだ

彼等もきっと何か理由が合って

受付時間に遅れたのだろうから・・

売上という意味ではなく

大切なファンを今日

失うところだったのかも知れない

 

現在スキー業界も

危機的な状況を通り過ぎ

崩壊するような事態です

それでも緊急事態宣言下の中

都内からわざわざお越し頂き

様々なご意見がおありでしょうが

足を運んでいただく

ウィンタースポーツファンには

本当に頭が下がる思いです

 

ここヤマボクは有難い事に

雪の降った週末は

多くの県外者が訪れて頂いている

目に付くのは首都圏中心ですが

自己防衛やルールを守りながら

季節限定のスポーツを楽しむ姿は

決して毛嫌いしようとする

地元民はおりません

雪質が満足できる時期は今月2月迄です

さあゲレンデに出掛けてみませんか!!

スキーはやっぱり楽しいものですよ

 

足跡を残してって・・・
  • イイネ (22)
  • 同感 (4)
  • 好きだなぁ (2)
  • ファイト (4)
  • 早く次書いて (3)