ずく出して

歯医者に行ってみる

なんであんなに痛いのでしょう

前回はいつ来たのだろうか?

治療を受ける前に

歯科衛生士さんに聞いてみるが

カルテが無いと言う ( ;∀;)

5年間は保管なので

それ以上経っているらしい(汗)

以前のレントゲン写真はあるので

それは2013年2月

あらー

やっぱりそんな来てなかったのね

 

それはそうと

歯槽膿漏の検査

なんだか細い針で刺していく

半分程のところで

もうギブアップ寸前

肘掛を強く握り

必死に耐えてみる

もう勘弁して欲しい

 

しかし歯科衛生士っていうのは

相当なマゾだと思う

「痛いですかぁ〜」って

笑顔で聞いてくるけど

痛いに決まってるだろう (>_<)

 

気の遠くなる様な時間を終え

散々おもちゃにされた体は

少しの刺激でも敏感になっているが

続く下の歯の歯石取りは優しかった

そうして今日は解放された

次回は上の歯の歯石除去だそうだ

はーぁ

ホント歯医者ってやつは好きになれない

 

ポチッとしてから

どのくらい経過しただろう

買った事も忘れてた頃

その商品が届く

電池の寿命に不満があった

iMacで使ってるマウス

今度の商品は太陽電池で動作し

USB充電なら90秒で完了

使わない時はSWをOFFにして

折り畳み放置しておけば

勝手に部屋の光で充電してくれる

使う時はレシーバーを

USBポートに差し込むだけ

最近購入した中では

かなりのヒット商品です

決して高くはないので

皆様にもおススメしたいです

 

さて

例の邪気払いのタオル

本日発注を済ませました

限定200枚なので

終わったら終わりです

宿で販売しますので

早い者勝ちになりますが

数年は売れ切れないと思いますので

ぜーんぜん焦らなくて大丈夫です

肝心の販売価格ですが

税込み¥500

ちょっと頑張ってみました

端数は宿持ち

宣伝広告料だと思う事にしました

多くの人に買っていただき

全国各地で見せびらかしてください(汗)

このタオルにも福がある!

アイツも近づいてこない事でしょう

きっと

 

最後に表題の『ずく』ですが

なんの事かと思った人も

きっとおられるでしょうが

これは信州全般?に通用する方言

ずく=面倒くさがらずに

という説明が一番近いと思います

『ずくやまずにやりなさい』

『俺はそんなずくないよ』

みたいな感じですかねぇ

さてさて

視界の悪い吹雪の日も

風で看板が倒れたと言われれば

出て行って雪の中から掘り出し

団体レッスンが始まる前には

無資格者への指導

裏方のやる仕事は絶えない日々

そんな中

地元の高山小学校のスキー教室は

予定通り実施をしている

スキーのメッカでもある村なので

1年生からスキー教室はあり

私たちの頃は年2回あった

しかしそんなスキー教室ですが

今では随分様変わりして

レンタルスキーが本当に増えた

写真右の列がレンタル

その左側が私有物のスキーです

ブラジル人は男が生まれたら

サッカーボールを買い与える様に

ここらじゃスキーくらい買ってやるのが

当り前だった時代はもう過去の話

なんとも寂しい気持ちになる

多様化した今は

冬にする選択肢も増え

こればかりは致し方ないのだろう

それでも

新雪が降った朝は

仕事前にひと滑りできる幸せ

それさえあれば

日々の苦労なんて吹っ飛んじゃうよ

信州に

高山村に生まれて

本当に良かったと思うのである

 

足跡を残してって・・・
  • イイネ (24)
  • 同感 (2)
  • 好きだなぁ (2)
  • ファイト (1)
  • 早く次書いて (4)