デビューと終焉

秋です!

日に日に肌寒くなってきましたが

皆様のお住いの所はまだ暑いのでしょうか?

信州は新そばが随分出回ってきました

そこで昨年パトロールできなかった

気になるお店を偵察してきましたので

今日はその報告から・・

 

場所は長野IC付近

川中島古戦場跡の敷地内にある

「横綱」というお蕎麦やさんです

こんな観光名所のそば屋って、、

とお思いでしょうが

実は私もそう思ってましたが

予想に反して

中々良かったのでした

誤解のないように先に言っておきますが

蕎麦屋としては普通です!

今までもそうであるように

ここで紹介するお店は庶民の店で

地元サラリーマンが通える店

「懐に優しく盛りが良い」

これが私のテーマです

高級な蕎麦が食べたければ

ネットで幾らでもヒットするので

そちらでお探しくださいね

で横綱ですが

もりそば¥600でも200gはしっかりあります

1.5人前の大盛り¥700

2.5人前の横綱そば¥800

しかし限定30食となってます

蕎麦自体の傾向は

「たなぼた庵」系で細麺です

しかしツルツルっとはしておらず

固めの麺といえますね

気になる味ですが

普通です (笑)

でも決して不味くはないですよ

私は好きですねぇこういう店

今回は大盛りを注文しましたが

満腹になりました

ただ新そばだと言ってましたが

香りは感じられませんでした

という事はいつでも同じ味って事

長野ICで乗り降りされる方は

一度寄ってみてはいかがでしょう

意外と空いているので狙い目かもです

 

さて

9月のイベントは恒例の「秋の収穫祭」

昨年に続きお越し頂いた方

R66のイベント参加は初めての方と

ご参加頂きありがとうございました

時勢柄こじんまりと

人数制限をしなければならなかった事が

心苦しいところでした

お問合せ頂いたにも関わらず

多くの方をお断りせざるを得なかった事

この場をかりてお詫び申し上げます

 

イベント参加費として

プラス¥1,000を頂戴させて頂き

夜は「文の蔵」の生麺を取り寄せ

ぶっかけ蕎麦にして提供

朝食は「栗ご飯」と「きのこ汁」

デザートはシャインマスカット

今年もこんな感じでしたが

厨房は私一人だったので

下準備から調理まで

ご参加の皆様にお手伝い頂き

本当にありがとうございました

特に栗剥き作業は大変でしたね

来年はもっと上手になってますね きっと

デザートでお出ししたシャインですが

『もう要らないよー』って

贅沢な事言った人が居たとか居ないとか

でも高級ぶどうをたらふく食べて頂き

企画した私も嬉しかったです

家庭用でも十分美味しかったでしょう?

高山村の底力知って頂けましたかね (^^)v

 

翌日 私も気を張って起きた時には

きのこ汁が完成する頃で

お作り頂きました

Iwaoシェフありがとうございます

さすが上手に仕上がってましたよ

来年もお願いします (笑)

朝はお任せしまーす

 

生憎の天気でしたが

皆様 無事帰宅された様子

安心いたしました

皆様を見送り

館内の清掃消毒を行い

温泉で汗を流し

誰も居なくなった雑和室

好きな音楽を流し

余り物でボッチ晩酌

これが私の癒しの時間です

今年は参加者に余った栗ご飯を

むすびにして持ち帰って頂いた事もあり

片付けが随分はかどりました

それもこれも

女性陣の働きがあってのこと

いつも思うのですが

参加の皆様の協力がなければ

成り立たない気がしております

本当に感謝しております

先日

あるバイク女子さんが話してくれました

『私はとても人見知りで

恥ずかしがり屋なのです

でもオーナーさんや

ここの常連様が優しくて

ここへは安心して来れます』と

そう話してくれました

実はこう言ったお話は

何名かの方より度々耳にします

これ以上の褒め言葉はないですよね

ライハやっていて良かったと

心の底から思える瞬間です

 

私にも感情があります

お越し頂くライダーさん

すべての人を神様と思っておりません

多少なりボランティア精神の部分って

どこのライハもあるはずです

そこを無視して利用されるライダーさんも

少なからずいらっしゃいます

悲しいことですが居るんです

ライダーハウスという文化が

日本には馴染みがないせいかも知れません

 

各地の各オーナーが

お越し頂く全員へ利用規約を説明する

これも到底無理なんですよ

そこで各施設はHP等で説明を行ってますが

これも読まれない事の方が多いのでしょう

そんなジレンマを持っているようです

そんな人を見掛けたら

ライダー同士で教えてあげる事も

私は必要なんだと思います

 

いかんいかん

最近愚痴を書き始めると

止まらない傾向にあります

年とったのだろう

お許し願いたい m(__)m

でね

言いたかった事は

R66には気持ちの優しいライダーさんが

沢山集まっている様に思うんだ

「良き宿に良き人」

好い宿には優しい人が寄ってくる

よく言われる事ですが

私の願いは

66ステッカーを貼っている皆さんは

色んな意味で

見本になって欲しいのです

他所へ行っても

良識あるライダーで居てください

それが私への恩返しになります

その人が紹介する宿は

きっと安心だと思うものでしょうから・・

 

またひとつイベントが終わり

ライダー達は日常へと帰り

そして私は束の間の休息

平日休みや変則勤務をするライダーは

こんな時にそっと来宿する

そしてまったりと

さしでお酒を酌み交わす

こんな晩酌が私は好きである

気が合う仲であれば尚更だ

昨夜は突然のご予約と

飛び込みに近いご予約

 

当初から休日だったけど

数日天気が好天したことで

急遽 泊ツーリングを決めた様子

いつもは仲間と一緒のR66訪問

しかし

『いつか一人で訪れたい』と

その思いはずーっとあったようで

今回はそんなボッチデビューなのだ

やっぱり怖いオーナーの宿へは

勇気がいるのだと思います (^^;

例え良く知る宿であっても

未知の領域に踏み込むって

不安なものだと推測します

でもね

一人が慣れてくると

ダメな日(宿)の対処なんて簡単で

早く酔って

早く寝てしまえばOKで

『案ずるより産むが易し』ですよ

 

そしてほぼ飛び込みライダーさんは

これが乗り納め泊ツーリング

話を伺えば

もう高齢なので免許を返納する?!のか

車とオートバイを降りると話してました

何だか寂しいオーラに包まれ

こっちまで辛くなりました

キャンプも沢山やられたのでしょうか

愛用のコーヒーミルも

使い込まれたOPINELのナイフ

そしてページが膨らんだマップル

そのひとつひとつが

大切に愛用してこられたモノでしょう

私もいつの日か

こんな時が確実に来るのだと感じ

逆に今やりたい事は今やろう

明日やればいいとか

来年にしようなどと

後回しにするのではなく

健康で動けるうちに遊びなさい

そう教えられた様な気がした

皆さんはどう思われましたか?

今日はデビューと終焉の話で〆ます

では

 

足跡を残してって・・・
  • イイネ (27)
  • 同感 (10)
  • 好きだなぁ (3)
  • ファイト (0)
  • 早く次書いて (5)