そしてイスタンブール

前回 衝動をかき立てられた

前人未到のツアールート

地元では乳山(左峰・右峰)と呼んでいるが

その右側のおっぱいに登り

その下方に広がっている広大な雪原を

滑ってみようじゃないか!

ちょいと写真を加工して遊んじゃいますが

どうです?

おっぱいに見えませんか?!

高山村と万座温泉や草津温泉を繋ぐ

古くより使われていた「古道」

その終点付近に待ち構えている場所が

乳の谷間と言う訳である

いにしえの男衆も

やはり男のロマンを感じていたのでしょう

当然私もロマンを感じずにはいられない (笑)

 

正面に見える平たい山が坊主山(通称)

その左側付け根が山田峠になる

志賀草津道路でスイスを走っているかの様に

感じる最高のビューポイントで

私も好きな場所だ

 

今回のルートは大変危険な場所と言われ

夏場に足を踏み入れれば

間違いなく遭難に遭い

最後はクマに食べられて逝き絶える

そんなクマの巣になっているエリアである

今回挑戦する右乳

その標高は2,019m

これは登るしかないでしょー

 

前回のブログを読み

オーナーのサボリ感ぷんぷんだ

と感じている読者が多かったと推測しますが

実はGoogle Earthやカシミールを駆使して

入念に計画を練っていた為で

ご勘弁をいただきたい m(__)m

 

 

ツアー当日の天気予報は上々

2日前にツアーの決行を決めた

今回のルートをざっくりと説明すると

渋峠 → 乳山登山 → 山田入り林道 → 七味温泉

道中大きな尾根を3つ越える事になる

その為 時間的余裕と体力温存の為

車で横手山スキー場(陽坂)まで運んでもらう

 

 

10:20 渋峠ヒュッテに登山計画を提出

いよいよハイクアップ開始

 

2019.3.19 国道最高地点 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

2019.3.19 山田峠 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

ご覧の通り山田峠は雪が無い

常に風が強く吹いている証拠だ

今回は坊主山は登らず

北斜面をトラバースするルートにする

そして切り込み隊長の私が

坊主山の北側をトラバースする

すり鉢状の急傾斜を雪崩に注意しながら

一気に2つの尾根を滑り抜けなければならない

安全な場所へ辿り着いてから

後続のメンバーへ合図を送り

一人づつ恐怖と戦いながら滑りきった

 

 

そしていよいよ乳山登山

小さな山なので稜線が狭い

右側は木も無いので雪崩れの危険大

慎重にルートを探しながら進むが

なにせメチャ怖い

横を見ても 後ろを見ても

さすがの私も足が竦む

(このふたり60代と70代の当スクール現役スタッフです)

 

しかし山頂からの眺めは最高で

360度未開の地が広がる

笠岳 横手山 万座山・・

遠くに長野市内

その奥に北信五岳

そして北アルプスがみえる

ここからの眺めを観た人は居るのだろうか?!

ちょっとした征服感にひたる

2019.3.19 乳山 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

 

 

 

さてここからはツアー最高エリアが待っている

それぞれルートを見つけて

広大な斜面を堪能する

 

ほどいい場所で早めのランチをとり

後半戦の体力を補う

2019.3.19 白根沢 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

ここからはハイクアップ&トラバースの連続

当初3ヶ所と思っていた尾根の数は

十数か所に及び

途中40mの直登と

7~80mの直登をこなし

最後の尾根を攻略した

若いスタッフですら疲労の色は隠せない

 

2019.3.19 サギ岩付近 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

やっとの思いで金山平へと続く作業道へ出た

これで暗くなる前の下山を確信できた

その後は慣れた山田入り林道を滑り降り

16:20 全員無事に七味温泉到着

メンバー5人ヘロヘロに疲労困憊だ

誰も成し得ていないルートを制覇したが

お客様をご案内できるルートではない

次回は万座道路か湯沢林道方面だな・・

 

快適なルートばかりじゃつまらない

ある程度の冒険も必要

これからのヤマボクスノーアカデミーは

こうしたバックカントリーツアーが必要になる

そういった意味でも若手スタッフに

多くの経験を積ませていきたいと思っている

我々スキー学校スタッフによる

挑戦は来年に続くのであった

 

渋峠より七味温泉までのツアー集計
距離 9,7km
所要時間 6時間00分
最高高度 2,177m
最低高度 1,242m
消費カロリー 1,237kcal

 

全身筋肉痛の中

翌日はいつものスキー学校へ出勤

今日だけはレッスンに出たくない

そう決めていた矢先

山頂までのシングルリフトが点検の為運休

その為

あるお客様をスノーモービルで運んで欲しい

との依頼が入った

面倒くさいなぁ~ と思いながらも引きうけた

そこに現れた一人の女性

周りとはちょっと違うオーラをもっている

紹介されて挨拶を交わす

『庄野真代です。よろしくお願いします』

(*^_^*)

こ・・ 校長の小林です

とても気さくでお綺麗な方でした

スキーはSAJ2級の腕前

来年はレッスンを受けに起こし頂ける様です!

来年待ってまーす