危険な春

ロードレース世界選手権が

今年もカタールで開幕した

【以下webより抜粋】


2019年MotoGP開幕戦カタールGPは、図ったかのように昨シーズンを彷彿とさせる結果になった。最終ラップの最終コーナーでインを突くマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)をアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)がいなし、僅差で勝利したのだ。

今シーズンのタイヤサプライヤーは

MotoGPクラスはミシュラン

Moto2とMoto3はダンロップ

単気筒4ストローク 250ccで戦う

Moto3クラスでは日本人ライダーが優勝

初戦から嬉しいニュースとなったが

何よりDUCATIだ

濃いREDに色変更を行い

めちゃかっこいいマシンになった

やっぱり一度は乗ってみたかったが

パニガーレを所有する事は夢で終わりそうだ

 

また今シーズンから新設する電動バイクレース

MotoEにも注目したい

音はラジコンみたいな音なんだろうけど

数年後には市販車すべてが

モーターで駆動するバイクになるんでしょうね

今の排気音が懐かしく思える日は

そう遠くないのかもしれませんね

 

 

 

 

さて春間近と思っていたが

ここ1週間ほどの冷え込みで

乾いた雪が降り

ゲレンデはトップシーズン並みの

最高のコンディションが続いている

そんな矢先

山田温泉から数百メートル登った

キッズスノーパーク入り口下のカーブで

多重事故が発生した

 

スキー学校への出勤時

数台が停止し人が外に出ている

私も状況確認の為歩いて現場へ向かう

コンクリートポンプ車がスリップし立ち往生した

そこへミキサー車が坂を登りきれず

滑り落ちてきた様子

湿った雪の除雪後の路面は

私でも立っている事も儘ならない程の状況になる

そこへ

ゴミ収拾を終えたトラックが

救助をしようとしたドーザと事故を起こし

その後ろから来た乗用車も衝突

またその後ろの車はそこを回避したのだったが

スリップしたままミキサー車へぶつかる

もうどうしようもない事が起こっていた

警察が駆けつけたが

手の付けようがなくパニクっている

私達は毎日ここを通っているので

『通してくれ』と言ってみるが

絶対にダメだと通行止めにされた

怪我人もでなく物損事故だったことが

不幸中の幸いだったといえるが

雪道は慣れているはずの我々も

太刀打ちできない道路状況って

年に一度くらいはあり

決まって水分の多い降雪が降り

除雪中(後)に気温が下がった場合に起こる

なので11月末から12月初旬

または春先にこんな事が起こりやすいのだ

今回みたいに大型車に巻き込まれたなら

大事故になっていたのかも知れないと思うと

やっぱり恐怖を感じる出来事だった

引き続き今シーズンの

皆さんの安全運転を願ってます