初心

暑いぞ信州

もう決して避暑地じゃない!?

気温だけみれば東京より暑い日もある

ここ山田温泉も30℃を越え

地元民もぐったりとしている

当然夏が苦手な私も

とーっくに夏バテ真っ只中

そんな中 海の日の3連休も

多くのライダーさんにご利用頂きました

今回は中京・関西方面からの

お客様が多かった様に感じた

 

また様々な災害等により

間際になっても都合が付けられず

または体調が回復されず

『今回は残念ですが断念します』

とキャンセル連絡にも心が痛んだ

そんな方々の早い回復を祈りたい

 

当宿はライダーハウスなので

当日キャンセルであっても

キャンセル料も頂きませんし

ご連絡さえ頂ければ大丈夫です

だけどネ

出発ギリギリまで判断を待っても

結局来れなかった無念さ

または申し訳なさからなのだろう

お詫びの気持ちとして

『お客様にでもあげて下さい』と

熱中症対策のタブレットが届いた

その彼からの品だった

こんな事って普通できないですよね

有難いことです

感謝 感謝です

温かい人情に触れ

素敵なリピーターさんに支持され

私達は幸せ者です

辛くても宿を続けていこうと思える

そんな出来事でした

 

 

うっかり口がすべりましたが

「辛い」とは金銭的な意味じゃないんです

私も家内も年々歳をとり

体が動かなくなってきてます

本業(宿)の他に2つの副業を平行し

それぞれを難なくこなしていく

その体力が無くなってきちゃいました

なので今は積極的に休館日を作ってます

突然電話でお問合せ頂いても

申し訳ないのですがお断りしてます

強気な商売をしている様に思わないで下さい

ホント 体が動かなくなってきました・・・

 

 

 

 

さて

今日は是非話題にしておきたい事があります

この連休にお越し頂いたお客様の話です

ある日 女性ソロライダーから予約が入った

お住まいは山口県となっている

auユーザーの為であろうか

返信メールが届かなかったのだろう

一度電話で話すと

深夜から走ってお越しになる様子

それでも到着予定時間は19時頃

電話の声からするとうちの娘と同じくらいか・・?

私は心配でしかたなかったが

どこかで1泊されてのR66入り

無事予定時刻に到着された

 

華奢な体で白い隼を乗りこなし

カッコ良すぎな女性ライダーだ

2010年に新車購入し70,000kmだという

山田温泉の湯でゆっくり汗を流し

カウンターへと案内させて頂く

お隣は常連のファイヤーマン

ひと時の間歓談をしてお休みになった

明日は4時起きで5時には出発予定

恐らくお見送りはできないけど

この猛暑と渋滞の中

無事に自宅まで帰って欲しいと願った

 

今回の大冒険ツーリングに敬意を表し

メールを入れさせていただいた

本人の承諾を頂いたのでちょっと紹介します

『おはようございます。こちらこそ、ルート66さんを選んで本当に良かったです。到着直後の労いの言葉が、へとへとだったので、すごく沁みました。温泉もすごく気に入りました。丁寧な案内、優しい心遣い、美味しい梅酒と、楽しいお客さん達。オーナーご夫婦さんのお人柄。全てに心から癒されて、帰りも、その余韻のおかげで頑張ることが出来ました。 ーー中略ーー 昨夜、23時前に帰り着きました。3日間で2,465㎞走りました。全身筋肉痛と、節々が痛いですが、体調は大丈夫です^^ 最高に楽しい3日間でした。ルート66のシール、宝物にします。いつかまた、来たい>_<!! と願うお宿になりました。本当に本当にありがとうございました。』

これに対し私からも

お礼のメールを入れさせて頂き

その続きのメールには

『ーー前略ーー サイトのグーグルマップなどもとても参考になります。今後のツーリングに役立てたいと思います。やっぱり、バイクは最高の宝物です。帰ってから、何度も隼を抱きしめ、撫でました。末永く、愛されるライハでありますよう、陰ながら応援しています。』

この文章を読みながら

忘れかけていた大切な感情や

バイクで旅する意味を

改めて気付かされた様な気がします

それぞれのライダーによって

目的とかペースが違う様に

一日で走れる走行距離も違う

何キロ走ったから偉いって事ではなく

「そこから何を得たのか」

そういうひとつひとつが身になり

自分の財産となっていくのだと思う

 

何か一番大切なモノを

私は忘れていたように感じた

『何度も隼を抱きしめ、撫でました』

こんな感情忘れてたよ・・

16歳で原付バイクに乗り

18歳で遠乗りを覚え

20歳で限定解除免許を取り

あれから かれこれ35年

50ccで一人海まで走った日

東北の秘湯巡りツー

出雲大社霊場巡りツー

北海道そして九州へと

次々とステップアップしてきたのは財産だけど

何か違う走り方に変わってしまった事が

今年北海道に行かなかった理由なのかも知れない

丁度いいタイミングなので

ワクワクする様なバイク旅

そんな気持ちが湧いて来るような

「あの日の想い」を感じてみたい

と思える日でした

 

猛暑が続いてますが

皆様 熱中症には十分気をつけてくださいネ