今年は四国へ

加速度を増し信州はすっかり春です

バイクの話の前にスキーの話題

先月末

ゲレンデに人影が無くなったある日

山田牧場から七味温泉へ滑り降りる

ツアールートが作れないものかと

リフト会社とスキー学校(私)スタッフとで

地形&降雪などの画像を収集すべく

文明の力「ドローン」を持ち出した

間近で触れる事は初めてだったが

ドローンって凄いですネ

とにかく操作が簡単

上昇させ高度・方向はラジコンの様に操作

レバーを離せばその場に浮遊したまま停止

そしたら手元の画面を見ながら

本体(カメラ)の向きを変え撮影

用が済んだら「ホームポジション帰還ボタン」を押す

後は自動で飛ばした場所へ戻ってくる

誠に賢いヤツなんだよ

 

普段見れない場所の地形なども

上空または横から見る事が可能となる

画面を見ながら『ここからこの方向への動画を撮ろう』

と二人で相談しながら情報収集をする事ができた

結果的にはルート見つからず!でした

先人達も行ってこなかった今回のルート

地形的に険しく危険なエリアなので

お客様をガイドするにはチョイとリスクが高い

しかし私達が滑り降りる事はできそうだ

来年に向けとても貴重な資料を得る事ができた

 

4月1日(日)をもってスキー場営業が終了

当スクールもそれに併せ閉校をした

学校会計のまとめや片付けを行い

スキーにはベースワックスを施し

来るシーズンまで夏眠に入った

レッスン中の大きな事故・怪我もなく

いいシーズンだったと言える

 

 

 

 

さてさて

バタバタと過ごす日々のなか

感のいい方なら想像できたと思いますが

ライハOPEN前のツーリング

今年は四国を計画してます

ずーっと温めていたエリアでしたが

何のために? いつまで?

って感じもしますけど

ただ漠然と四国は『ゆっくり原二で走りたい』

と思い描いていただけです

 

だけど信州から入国するまで

下道オンリーでは距離がありすぎる

軽トラに載せて行こうと考えていたが

自動車を置かせて頂ける知人も居ない

まあそんな事でやっぱり冒険号の出番となった訳

 

今回が3度目となる四国ですが

最初は九州の帰り道

大分県佐賀関から愛媛県三崎港に渡り

瀬戸内海側を足早に走り抜けた

この時は後ろから台風が迫っており

瀬戸大橋手前で捕まってしまい

橋の上では死ぬかと思った記憶がある

その時の記事を探したがヒットしない

よくよく考えてみると書いていないのだ

それはライダーハウス開業前2009年の春

事業の成功を願い

出雲国神仏霊場を巡った
http://www.shinbutsu.jp/8.html

宍道湖の周りに点在し

鳥取県と島根県の計20箇所

願を掛け手を合わせた後

時間だけはあったので漠然と九州まで走った

その帰路の時が1度目

 

2度目は2016年4月

未開の地だった和歌山県ツーの時

本州最南端串本 潮岬

先っぽに行ってみたくなった帰り道

全国制覇 県道66を走る都合

和歌山から徳島へと渡たり

兵庫県道と京都府道66号線を踏破

目的が他にあった事もあり

いずれ2回とも四国にタッチしてきただけで

じっくり走れてなく現在に至っている

2016紀伊半島ツーリング<後編>
https://route0066.com/?p=7264

 

 

そこで今回はTHE四国計画を練ってみた

テーマは「お遍路さん」です

でも88箇所は到底日数が足りないので

それはもう少し先にとっておくとして

ネットで調べすすめていると

「四国別格二十霊場」と聞きなれないコトバ
http://www.bekkaku.com/

 

うーん いいじゃないか!

記事によると88箇所以外の番外札所の中から

20箇所が集まり別格20霊場をつくり

今年50周年記念の行事があるようだ

88と20で108

人間の煩悩の数になる訳だ

こんな事を聞いてしまえば

煩悩の塊みたいな生活を過ごしている自分を

少しでも悟りが開けるよう

手を合わせてこようじゃないか!

 

各地に点在する札所を廻りながら

剣山スーパー林道や岬

祖谷渓の小便小僧とカツオ・・・

ご利益が薄れそうだけど

過去に例が無いほど充実したツーリングになりそうだ

どこからどう廻るかは未定ですが

テントを持って行こうと思う

副業の施設改修工事だけが気掛かりだけど

無事成功してくれれば

1週間ほど時間が取れそうなので

今から楽しみで仕方ない

 

旅慣れた皆さんなら

沢山の情報をお持ちでしょうから

美味いモノ・温泉・キャンプ場&安宿情報など

是非ともお寄せくださいね~ (^^)

 

四国ツーリング GoogleMap