2017北海道ツーリング⑥

7月4日

夜中からの激しい雨は朝になっても強く降り続いている

予報通りといえばそうなのだけれど

これからどうしたものか・・・

ライダー&ちゃりダーの皆さんは連泊するという

パチンコに行く者

漫画を読む者

ネコと戯れる者

皆一様に旅立とうとは考えていない

さすがヤドカリさんの客層は旅慣れたコアな客が多い


※ オーナーママさんを盗撮 ^^;

 

 

10時を過ぎる頃 小雨になり空が明るくなってきた

明らかに天候が回復する気配

そして10時半にはその小雨も上がった

オーナーの予言通りだった

まだこの時間なら移動できる!

 

旅先で入手した美味いモノ情報の中で

どうしても行きたい店が突如現れてしまい

明日一日で移動するにはちょっと距離が長いので

できれば今日のうちにもう少し北上しておきたい

なので今宵の宿は糠平温泉にしよう♪

 

 

 

 

六花亭でモーニングCOFFEEをしてから

帯広市場内にある 市場食堂「ふじ膳」に向かう

ところがR38を走っているとオーディオショップらしき店を発見

なぜかこういう店を見ると寄らずにはいられない性分で

わざわざUターンまでして ちょっと覗く事にする

 

品揃えは私のヤツと同年代のモノを修理・販売する老舗だった

ワクワクする様な商品がゴロゴロ置いてある

社長さんとも話が合い つい長居をしてしまった

 

 

 

お目当ての「寿司の朝定食」はとっくに売り切れており

朝食を兼ねたランチは

¥1,000ほどの「店長オススメにぎり寿司」を注文

まずまずと言うか普通に美味しい

帯広泊りなら朝食はここで決まりですね♪

地元民が多く通う食堂って全国共通で間違いはないです

※ ワンフロアーに寿司屋と定食屋が仲良く営業してます

 

帯広 池田 本別 足寄 音更 芽室 鹿追 新得 士幌 上士幌・・

町々の位置関係も頭に入っており

帯広周辺は地図が無くても随分走れるようになった

また観光スポットも多く点在するが

今日はゆっくり温泉休養がしたい気分だ

雨降りで出遅れた事も関係しているのかも知れない

 

このまま宿へ向かっても良かったのだけれど

ちょっと早過ぎるので幌加温泉に行きましょうか・・

今年も無事「鹿の谷」営業しておりました(^^)

 

4つの源泉 4つの湯船を貸切で堪能していると

同年代くらいのご夫婦が入ってきた(*^_^*)

最初に入ってきたご主人と軽く挨拶話をしていると

何となく恥ずかしそうな素振りで奥様が登場

私は十分満喫できたので

ごゆっくりどうぞ・・ と浴場を後にする

 

『混浴とは、遠慮の美学なり。

そして、イマジンが似合うのだ!』 by あざらし

 

『小さな親切 大きな下心』 by コバ

 

 

宿へは来た道を引き返す方向になる

途中単独でタウシュベツ橋梁へ行きたい衝動を堪え

ダメもと交渉の為 早めに糠平温泉 湯元館にチェックイン

 

倒れられたと思っていた親父さんが元気に受付をしている

聞くと原因不明の「歩けない病」を患っていたらしく

今では自分で歩けるまでに復活したんだと話す

 

ここの親父さんは猟師でもあるので

タウシュベツ川橋梁ゲートのカギを管理・所有している

思い切って『そこへ行きたい』とお願いすると

じゃぁ今から案内してあげると快諾してくれた

(※ ガイドツアーが一杯だったので特別

(自転車やバイクならゲートをすり抜けれるが

(ここはヒグマの生息地 絶対危険なのでやめましょう)

 

憧れ続けた旧国鉄時代の遺産

タイミングが悪かったり

来年でいいや・・と

先延ばしにしていた名勝地

気が付くと9年も経過していたんです

それがやっと間近に見る事ができ

長年の宿題をやっとこなせたのである

 

あたり一帯は手付かずの大自然

そこに朽ち果てたコンクリートの人工構造物

永い年月によって朽果て むき出しになった様は

例えようの無い違和感ばかりが目に残るスポットである

 

 

今宵はカップ麺で腹を膨らませ

缶詰と乾物で酒をあおる

旅友は2人 そこへ宿の親父さんも加わる

女将さんが入院しているのできっと寂しいんだろう・・

 

お互い歳で体も動かなくなったし

後継者のご子息さん達は

優良企業で安定した生活をしている為

今売却の話を進めているのだと聞かされる

しかも価格など諸条件を詰めている最終段階だと言う

 

買主は医療系企業なので

旅館ではなく介護施設として運営していく予定

と言うことはこのライダーズルームも今年一杯となるのかな?

 

初めて北海道ツーリングに来た時

初めて連泊した宿がここだった

節約の為 酒で紛らわしていた空腹の私に

夕食のおこびれを分けてくれた記憶が蘇る

その優しい女将さんも長く入院されていると伺い

時間ってヤツは止まってはいないんだと・・

ずーっと変わらないで有り続けるモノは無く

日々世の中は変化しつづけている

なので私達は

今を無駄なく確実に

生きて行かなければいけないんだ

大袈裟な言い方だけど 今夜はそう思った

無性に寂しさがこみ上げてくる夜だった・・・

 

 

次回最終です

 

2017北海道ツーリング⑤

さて今宵はR66常連様のnao君と合流する日である

メッセンジャーを使い

17:00頃 宿で合流しようか♪と打合せはしているが

それは遅くとも・・ とか

俺はそんな計画だよ・・ とか

お互い走っているんだから予定通りにいかない事の方が多く

「夕飯までには行くよ」って感じかな・・

 

まぁ そんなざっくりとした打合せなのだ

覚悟していた雨にも降られず知床峠を越え

羅臼の街への入り口「熊の湯」には沢山の自動車が停まっていた

スピードを落とした一瞬

待合わせた彼(nao君)と目が合った

停まって会話すればいいものを

素早く手を挙げそのまま通り過ぎる

『先行ってるよ~』

 

風呂上りゆっくり涼んではいたのだけれど

ジャケットの上にカッパを着込んだ為

体の中は蒸し風呂状態

折角さっぱりしたにも関わらず

汗が背中につたってるような状況なのだ

一刻も早く新しいシャツに着替えを済ませたかったのだ

俺の勝手な言い訳だけど・・・

 

今思えば自分から誘っておいて

ちょっと失礼な態度だったかも知れない

 

15:00過ぎ RH「浜っ子山ちゃん」にチェックインをする

ここは食べきれない程の海鮮を提供してくれるライハで

一泊¥3,500(夕食付き)

誠に有難い 道内でも指折りのライハです

 

ただ夕食は ろばた焼き方式で食べる為

一人で泊るには寂しさが増すので彼と落ち合う企てをした次第

 

羅臼の海岸を散策していると もう一人ライダーさんがやってきた

今宵は話し好きそうなライダーさんも加わっての飲み会です

皆さん知ってました?

RIZAPの料金を・・

色んなコースがあるようだけど

彼は週2回の2ヶ月コースらしいのですが

一人だと¥400,000程だけど 二人でも¥500,000なんだって

なので別れた奥様と一緒に通っていると言う

 

ひと月ほど通い10kg落としたのに

北海道へ来て3kg戻ってしまったという

本来は過酷な食事制限があるようだけど

『せっかくツーリングに来て食べないのは・・』

で そうなったらしい

RIZAPの話より元嫁との関係に興味が湧いてしまった

 

 
7月3日

朝起きるとRIZAPのライダーはすでに旅立ち

nao君は今日一日でホクレンフラッグ4色を一気にゲットすると言い

すでに身支度を済ませ走り出すところだった

再会を楽しみにし そして互いの無事故を願いながら見送る (^^)/

 

さーて 私はどうしましょう?

実はまだ何処へ行くか決めかねているのだ

今日から明日は間違いなく雨予報となっている

特に明日は一日雨が降り続くかもしれない

様々な事を想定しながら

連泊となった場合に最適な帯広のRH「ヤドカリの家」が今宵の宿

 

と言う訳で川湯温泉「EZOライダー」さんは挨拶だけで失礼をさせて頂く

本日の工程は大した距離ではない為

あれこれ寄り道をしながらでも 雨にやられる前には宿に着こう

そう豆パンをかじりながら地図をながめる

 

 

「さくらの滝」でマスの滝登りを見て

 

 

そしてRH「EZOライダー」さんに寄りSHOPカードを補充がてら

ママさんと雑談を交えながらエールを送らせて頂いた

そこへエゾシカと衝突しBMW G650を転倒させ

ご本人もこれから病院へ向かうというライダーと話す

状況を伺うと・・

親子のエゾジカが路肩に立っていた

スピードを落とし通り過ぎようとした次の瞬間

子鹿が急に道路に飛び出し避けきれなく衝突した

オートバイは左に転倒したが反動で右にも倒れ大破してしまったと言う

対向車が来なかったので大事には至らず不幸中の幸いだったと話す

彼は何年か前にもエゾジカとブツかっているらしく

よっぽど鹿に好かれているようだ・・ ^^;

 

 

11:00頃の「川湯公衆浴場」は誰も入っておらず

誰も居ない温泉を独りゆっくり堪能してみる

 

 

そしていよいよ幻の野湯へ

教わったルートで「硫黄山露天風呂」へ行ってみるが

おそらく今は整備?されていないのか残骸しか無かった

また今年も俺の中では幻の温泉となっている

 

しかしココはあまりオススメできない

硫黄臭が強烈で風向きによってかなり危険です

登って来たダート道を慎重に下る

ここへきて俺のダートテクニックも随分上達した様で

車重が300kgを優に越え

しかもタイヤの中央が擦り切れた冒険号を

砂地だろうが整備中の砂利道だろうが雨上りの泥道だろうと

タイヤの空気圧をそのままでも踏破できるまでに腕を上げた (^^)v

初代 冒険号はここ北海道のダートで2回も転ばせた

その頃よりは格段に上達した実感が今はある!

でもあまり調子づかない様気を付けますがネ・・・

 

 

ルート上にまたも温泉だ

ここは昨年はスルーしたモール温泉だった気がする

 

標茶の「味幸園」pH9.2

焼肉屋の様な名前だけどお湯は確かで

肌にねっとり馴染むツルツル極上湯です

入浴のみの営業では勿体無い気がするが

素泊りの依頼も多くある様だけど断っていると言う

ここ全部私に譲って頂けないかなぁ~ なんてね・・

 

昨年入ったオーロラ温泉の方が若干良質な気もするが

ダートを走るのが苦手な方はここで十分満足頂けると思います

 

新しい綺麗な下着に着替え

サラサラになった髪は最高に気持ちがいいもんだ

しかもアルカリ性のお湯で洗ったのでツルツル&サラサラです

空模様に反し気分は上げ上げです

 

 

ちょっと遅いランチは釧路市内の回転寿司チェーン「なごやか亭」にする

 

味・金額 すべて加味しても北見のトリトン寿司には劣る

あそこ以上の回転寿司屋にいまだ遭遇した事はない!

これだったら「シャケ番屋」で焼き魚定食にするんだった・・

さっさと切り上げ 雨に降られる前にRH「ヤドカリの家」着

染みの顔が今年もそこにあり

ライハ独特の安定感がここにはある

お目当ての「はま屋」が定休日だと知り

オーナー夫人から帯広美味しいモノ情報を伺い

まだ明るい帯広の街へひとり歩いて向かう

 

 

しかし食いしん坊ライダーは

ルート決定の時から頭の中は焼肉モードになっている

なので選択肢は平和園or南大門

数年前に平和園に行った事があったが

美味しかった印象が残っていない為

今回は南大門に行ってみる事にする

 

まずは生ビール&サガリを注文してみる

ミディアムレアほどに焼き

ひとつタレに付けて食す

次は塩コショウで食べてみる

この店はタレの調合が上手で

肉の旨味をよく引き出している

けど

肉自体が美味しくない そう俺は感じた

ここは多くを注文せず店を出る

実は財布が随分と軽くなっている事も理由である

 

帯広の飲み事情は小さな屋台が立ち並ぶ

「北の屋台」が一手に人気を獲得している

しかし観光者向けで料金設定が割高な欠点もある

懐に余裕があれば迷わずそこへ行きたいところだけれど

今回はラーメンでお腹を満たす事にした

 

ライハではオーナーも仕事から帰っており

自炊食を食べている者

缶ビールを飲む者・・

思い思いの時間を過ごしている

 

持ち込んだ道産の焼酎をテーブル中央に置き

希望者には自由に飲んでいただく

豊富な笑える話であっという間に夜が更ける

 

じつの所 消防や保健所に目を付けられ

様々な部分の改善を指導されているという

恐らくは同業者の嫌がらせと推測するが

来年はここで営業できていないかも知れないと伺い

心配せずにはいられない訪問となった・・・

 

 

つづく

 

2017北海道ツーリング④

空知川 いつもこの川を眺めるたび

草太兄ちゃんの小船が壊れ流れていくシーンが想い浮かぶ

どことなく切ないシーンだった・・

 

走り慣れたR38を東に進路をとり狩勝峠を走り抜けて行く

国道を反れた新得~鹿追~士幌この一帯は

私の好きな風景が広がるお気に入りの土地

でも今回は道道85を使い然別湖から糠平温泉へと抜け様と考えた

それは糠平か幌加温泉で入浴を済まる計画をしてみた為だ

 

ところが標識を見落とした様で

然別湖を過ぎた時『通行止め』でゲートが閉まっているではないか!

ここも昨年の台風災害から復旧していないのであった

1時間は引き返しただろうか

道道88を使いR39北見国道を走る事にするが

途中数ヶ所通行止めや復旧工事中のダートの連続で

どこを走ったか記憶が無い程迂回つづきの道

冒険号のガソリンもカツカツになってきた

『あの時入れておけば良かったぁ』と後悔の念に駆られる

満タン30L 1回の給油で600km以上走行可能な相棒だけど

車重が増し取り回しが悪くなるので

普段は半分ほどしか入れないクセが裏目に出た

 

昼食もとれずやっとの思いで北見市内に辿り着けた

いつものトリトン三輪店で3皿ほど手に取り

足早に宿に向かわなければいけない

 

今日の目的は北見市民に愛されている焼肉屋への訪問だ

長野を発つ前に無理やり予約をお願いして

営業開始の18:00までに来てくれれば

カウンター席の端っこをひとつ空けておいてくれる約束だった

 

しかしこんな時に限ってホテルが見つからない

地元住民に聞くがそんなホテルを知らないと言う

それもいた仕方ないと思った

なんと4Fまでは介護施設で5~6Fがビジホとして営業しているのだ

そんなこんなでシャワーする事もできず駆け足で店に向かう

 

 

時間は18:10 約束の時間を過ぎてしまった・・

扉を開け『ひとりですが・・』と恐る恐る言ってみる

『ダメだぁ 満席ぃ』

無愛想で冷たいひと言が返ってきた

ショックだった

何の為に北見市内に宿をとったのか無意味になってしまう

 

意を決して『電話でお願いした。長野の小林です・・』

『おぉなんだ・・ そこ座れ』

とりあえず瓶ビールを頼み お任せで肉を注文する

サガリ・ホルモン・ガツを出しながら

長野の・・って言ってくれなかったら判らなかったよ

味はどうだ? 足りるか? 食べたいのあったら声掛けろ

と・・ ここのご夫婦って仏頂面で無愛想だけど

意外と優しいんじゃないの (#^.^#)

 

店を出て街をフラつくが 今日は何だか食欲が湧いてこない

おそらく一日 いや午後の工程が通行止め等によって

振り回され気を使い精神的にも疲れているのだろう

それだけ昨年の大風被害は大きかったと言える

思い返せばポテトチップスが品切れになる程

農作物への被害も尋常でなかった事もうなずける

 

今宵はホテルの狭いユニットバスでシャワーを浴び

早々に眠りにつく

明日はいよいよR66の常連さん(nao君)と合流です

 

 

 

7月2日

救急車両の音で目が覚める

 

まだ4時前である

どんよりとした空は予報通り下り坂になっている事が判る

ベットに寝そべりながらルートを練り直すが

眠気と蒸し暑さで身体がだるい

脳も一緒で これといっていいアイデアが浮かんでこない

 

二度寝は危険なので 目的も無くホテルを発つ

何となく走り出す事にしたが これがいけなかった

常呂町には「松寿し」があったじゃないか♪

ここは超ウルトラ生ちらし寿司で有名な店

ホテルから1時間弱で着いてしまう距離

もっとゆっくりホテルを出れば良かったと反省

現在時刻は9:00をちょっと過ぎたばかり

開店時間までには たっぷり待たなければならない

後ろ髪をひかれる思いで網走に向かう事にする

 

走りながら とにかく時間を潰せる場所を模索する

そうだ! 刑務所があるじゃないか

iPadで検索をかけるとすぐにヒットする

 

あれっ何か変だぞ!?

立入り禁止で敷地内に入れない

そーかぁ・・・ 本物の刑務所に来てどうすんだよ

正しくは「博物館網走監獄」と検索する様です ^^;

 

時間調整がうまくいき

毎年恒例のラーメン屋でカニを食べる

今タラバ系のカニは脱皮時期なので身が薄いらしいが

まずまずのタラバが入っていると言う

 

形の割りに軽いけど その中でもまぁまぁなヤツを出してくれた

『1kg弱だから¥2,200でいいよ』

毎年の訪問なので顔を覚えてくれている

ここは思い切ってSHOPカード貼らせていただく

ここへ行ったら見つけてくださいネ

 

 

 

今にも振り出しそうな空模様

知床横断道路は恐らく降られるであろう

この先は熊の湯などがあるけど

ゆっくり髭をそれる様な温泉が無い為

昨夜の失敗もふまえウナベツ温泉に向かう

ところが

ここはまったく情緒のかけらも無く

新しく綺麗な施設だけど

お湯は最高に良かった♪♪

泉質はpH9.2のアルカリ泉

予期せずいい湯にめぐり会えた幸運に感謝

しかも空いているのでオススメの一湯ですよココ

 

霧と雨を覚悟しカッパを着込み今宵の宿がある羅臼に向かう

 

つづく