問題山積の改装工事

3月31日をもってスキー学校は閉校

およそ100日間 ほぼ皆勤賞で出勤し続けた

雪を見るのも飽きた気持ちと寂しさ

そんな対照的な感情にひたるが

例年とは違うこの異常なほどの雪の量だ

そして最後までいい状態のゲレンデ

Facebookより(Yamaboku Wild Snow Park)

 

春の日差しで解けた雪は

翌朝には雪が降り 常に最高のゲレンデ状態だった

ここヤマボクだけはしっかり冬している

その為なのか「終わる」実感がでてこないでいた

それでも最後の団体レッスンも終わりをむかえると

ひとりまた一人とスキー用具を自宅に下げる為

顔を出し挨拶をし「また来年・・」と言い別れる

なにより事故無く終れた事に感謝である

 

 

 

雪が解け春になると

いよいよバイクシーズンですねー

スキー教師にライダーハウス宿主 たまに湯守り

季節感満載のMy Life

最高ですね! と良く言われますが

遊んで生活しているん訳じゃないんですよ

遊びをサポートする職業についているんです(ここ大事)

改装の様子をしばらくUPしてませんでしたが

まったく進んでおりません

大工さんがサボっている訳でもない

土日も休まず作業はしてくれています

 

ではなぜ?

リフォームって本当に難しい事に気が付きました

机上で描いた図面で進めていけば

柱が通っており抜けない

梁が細く補強が必要

梁が邪魔して天井高がとれない

保健所に相談へ行けば新たな問題も・・

飲食業も旅館業も50%以上の変更は新規の営業許可が必要

ということは消防署のマル適も必要になる

今回の目的である自動火災報知機の設置も

素人でも配線できるのだが

電気工事士があればいいのではなく

消防設備士の資格がなければ行ってはいけないんです

知りませんでした

そんな諸事情でもう一度考え直す必要があったのです

 

まだ変更が間に合う箇所は相談し大きく間取りを変えた

電気工事も急遽業者に入ってもらう事にした

適当な配線図を渡してしまったので

SWやコンセント 照明の位置が気に入らない

作業が終わっている場所は自分で手直しをしているが

すでに壁や天井が張られた場所は露出配線にしたり

多くの場所は妥協せざるを得ない

そんな状況なので思い描いていたモノとはかなり違ってきている

 

 

結果 厨房(飲食業)は変更届けでいけそうだけど

旅館業の許可は新規に取り直さなければいけない

また余計な出費と労力それに時間が必要となる

こんな大きな問題が潜んでいるとは夢にも思わず

先月e-bayでランプシェードを購入した商品が無事届いた

 

あの場所にこんな照明を付けよう~なんて思っていたけど

工事費削減の為に壁はクロス仕上げに変更

なので雰囲気が合うのか気掛かりである

が・・ そんな事はどうでもいい状況

一番は連休に間に合わせる事

予約を頂いてるライダーは春の信州ツーリングを楽しみにしている訳で

この人達の為にも絶対OPENさせます

ただ出来あがるのか心配された方からのキャンセルもある

突貫工事で手抜きを心配されていると思いますが

うちに入っている大工さんは信用できます

毎日一緒に作業し一緒にお茶を飲んでます

「徹夜してでも仕上げるよ」と頼もしく話してくれてます

そんな職人さんと過ごす日々が楽しい

 

PS 女子部屋アンケートへの協力ありがとうございました♪

 

「男とオンナの隠れ家」

当宿をご利用いただいたライダーさんからの紹介で

雑誌「男の隠れ家」に取りあげられました

どのライダーさんか存じませんが 紹介ありがとうございます♪

 

R66は今まで宣伝広告費を使わず

ネットと口コミだけで広がりをみせてきました

リピーターがリピーターを呼び

ここで意気投合したライダー達が どこかでまた仲良くしている

そんな姿をSNS等で見掛けるとこちらも嬉しくなる

山田温泉の信じられない程の熱湯温泉や

垣根を作らない常連様のしぐさ・態度・・

そんな雰囲気が仕事のストレスから開放され

同じバイク乗りとして同好の士の輪が広がったのだろう

しかし反面

「あまり世の中に知られたくない」という声も耳にする

この言葉が示す意味!

この一言が私には一番ありがたい言葉である

なのでこれからもそんな宿作りを心掛けていきたい

 

さて この雑誌の話に戻そう

よくコンビニで見掛けるこの雑誌

題名のインパクトにつられ つい手を伸ばしたくなりますよね

こんなメジャーな月刊誌に掲載いただける幸せ 人の縁・・

でもこの雑誌を見て一般の旅行客が来られては困る

そこは何度も編集の方にも訴えてきた「ここはライダーハウスです」と

やんわりとバイク乗りが泊る宿です・・ と

この意図が伝わらない 勘違いする文面は困る訳で

そんな私の思いはいかに!?

 

3月27日発売の5月号 是非皆さん購入してください

小~さく載ってますので探してネ

うちの他に3ヶ所のライダーハウスが同ページに掲載中です♪

 

 

 

 

先週から急ピッチで進んできました改装工事

いまだに設計変更や現場合わせを繰り返し

修正図面を書き直さないと訳判んなくなってる

と大工さんも困惑している現場です

しかし徐々に骨格が完成し全体像がみえてきました

思った以上に狭く感じる個室や

既存の窓位置が悪く 結論がでないままの場所

理想は徐々に妥協せざるをえなくなり

工事費が増す事を必死に回避している日々

 

 

そうそう大切な事をお伝えしておきます

女性専用の相部屋が無くなりました m(__)m

言葉にすると「男女共用の相部屋」となります

大きな部屋に間仕切りをして男性側と女性側とするのか ①案

着替えスペースだけ作り 後はどこへ寝ても良しとするか ②案

(仕切る方法は恐らくカーテンで仕切る予定です)

現段階では決めず完成してから考えようと思っている

なので女性ライダーさんの意見を伺いたいところだ・・

個室が空いている場合はこっちに寝泊り頂く選択もありかと

なので女性限定で投票をお願いします♪

 

 

個室も気になりますよねー

個室は全部で4部屋になります

広さは3~4畳ほどです

フェリーで例えるとツーリストSが近いかもしれません

全室カギ付きなのでプライバシーは確保できます

じゅうたん敷きの洋室が2つと2段ベット部屋が2つ

2名様の利用を想定してますが 我慢すれば3名いけます ^^;

どの部屋も寝具付きにしますので

結果的に料金設定は据え置きと考えていいでしょう

 

細かな小物置き用の棚などはnewOPENに間に合わないかも知れません

いずれにせよ4月22日(土)は常連様によるお披露目会やります

できるだけ早く到着頂き

開店準備の為のお手伝いボランティアを募ってます

御代はいただきませんので各自お酒持参でしゅうごぉ~です

今まで支えて頂いた皆様と共に

新たな門出を一緒に祝いませんか !(^^)!

 

 

ドナー登録抹消

一次関門を通過し最終検査へすすみ

指定の病院へ出向いてきました

コーディネーターから1時間強の説明を受け

専門医との問診~血液検査へと進む予定だった・・

 

本来骨髄ドナーに選ばれた場合

こういったSNSへの投稿は控えなければいけない

特に採取の日時が分る様な書き込みはNG

移植手術は通常24時間以内に実施されるので

患者様と提供者間に余計な接点がもてない様考慮する為である

今回私は落選したのでこうして記事にしてます

 

まずこういったものは本人の自由意志である事が重要で

ボランティア精神によって成り立っている

そして検査等にかかった費用は患者さんに全額請求される

なので高額な血液検査前で打ち切りとなった訳だ

ちなみに交通費も頂けるようだがそれは辞退させていただいた

 

さて今回落選&登録抹消となった事例を書きとめておきます

私が24~5歳の頃だったか

鼻炎の薬を服用して炎天下の中 野球を楽しんでいた

試合が終わり慰労会を始めた頃から

顔から腕あたりまで異常に赤く日焼け状態になった

皆から「随分焼けたなぁ~」なんて言われた記憶がある

帰宅後その反応は全身に広がり

瞬く間に全身が痒くなり 体の80%の皮膚がむけ始めた

皮膚科に掛かると光線過敏症と判断され

「スパラ」と言う名の薬が私には合わないと知る

当時はネットで薬の名前から副作用の検索ができなかったし

医師からこういった副作用の情報提供もなかった

まぁそういう時代だった

それ以来私の肌はケロイドっぽい後が残り 肌の色も変わってしまった

この事が今回のドナー提供者の条件に至らずコーディネイト終了

今後も改善する事でもないので登録を抹消される事となった

 

このドナー提供者となる条件にも触れておこうと思う

ググッていただければどんどん出てきますが

年齢制限は55歳の誕生日までで至って健康体であること

病気や感染症の病歴が無い事は勿論

家族にも該当者がいない事が条件

過去に本人の血以外の輸血経験がある

刺青やタトゥー 女性の眉毛等に行う施術(アートメイク)もNG

鍼灸院で行う針治療もディスポーザブル(使い捨て)であることや

不特定多数の性交渉があるか 同性愛者か否か

過去に腰の手術を受けた事がない 肥満でないことなど

生活習慣や極々プライベートな項目まで多岐にわたる

 

今回の医師による問診も30分ほどにわたった

まだ先があったのかも知れない・・

移植手術は提供者の安全確保は当然だが

患者さんは移植に向け完璧な準備をすすめている

その為に移植中の中止というリスクを極力避ける必要があり

この病院でも過去にアレルギー反応により中断した経験があるという

なのでここ独自の問診項目も設けていると説明を受けた

移植中は状況に応じ新薬を使う事もあり

特にこの件に関する問診は敏感になっているのでしょう

以上説明はおわる

 

 

今回の私の事例を言い換えれば

野球選手に例えると「戦力外通告」を受けたようなもので

「お前の血は役に立たない」と言われた事になる

落胆と情けなさで何とも言えない感情がおそい

病院の駐車場からなかなか自動車を出す事ができずにいた

今日担当した女医さんから 宣告された瞬間の映像が何度も頭をめぐった

医師 コーディネーター そして何より患者さんの対し

申し訳ない思いで悲しくなった

しばらく立ち直れそうない・・・

 

 

ドナー登録するにあたり提供者にも相当なリスクがあり

骨髄液採取は皮膚から腰骨に注射し角度を変え何度も刺す

一旦引き抜き別の場所から刺し片側3ヶ所 両方で6ヶ所となり

腰骨に開く穴の数は計100ヶ所程になる

4時間を越える大手術

入院も4日間程は必要となり会社を休むこととなる

成分献血の様な造血幹細胞移植の場合は1週間程度

そして日本人同士はかなり高い確立で適合するらしいです

実際私も6年間に2度「適合通知」が手元に届いた

こういった事を十分理解した上で骨髄バンクへ登録して欲しいと願う