2017北海道ツーリング④

空知川 いつもこの川を眺めるたび

草太兄ちゃんの小船が壊れ流れていくシーンが想い浮かぶ

どことなく切ないシーンだった・・

 

走り慣れたR38を東に進路をとり狩勝峠を走り抜けて行く

国道を反れた新得~鹿追~士幌この一帯は

私の好きな風景が広がるお気に入りの土地

でも今回は道道85を使い然別湖から糠平温泉へと抜け様と考えた

それは糠平か幌加温泉で入浴を済まる計画をしてみた為だ

 

ところが標識を見落とした様で

然別湖を過ぎた時『通行止め』でゲートが閉まっているではないか!

ここも昨年の台風災害から復旧していないのであった

1時間は引き返しただろうか

道道88を使いR39北見国道を走る事にするが

途中数ヶ所通行止めや復旧工事中のダートの連続で

どこを走ったか記憶が無い程迂回つづきの道

冒険号のガソリンもカツカツになってきた

『あの時入れておけば良かったぁ』と後悔の念に駆られる

満タン30L 1回の給油で600km以上走行可能な相棒だけど

車重が増し取り回しが悪くなるので

普段は半分ほどしか入れないクセが裏目に出た

 

昼食もとれずやっとの思いで北見市内に辿り着けた

いつものトリトン三輪店で3皿ほど手に取り

足早に宿に向かわなければいけない

 

今日の目的は北見市民に愛されている焼肉屋への訪問だ

長野を発つ前に無理やり予約をお願いして

営業開始の18:00までに来てくれれば

カウンター席の端っこをひとつ空けておいてくれる約束だった

 

しかしこんな時に限ってホテルが見つからない

地元住民に聞くがそんなホテルを知らないと言う

それもいた仕方ないと思った

なんと4Fまでは介護施設で5~6Fがビジホとして営業しているのだ

そんなこんなでシャワーする事もできず駆け足で店に向かう

 

 

時間は18:10 約束の時間を過ぎてしまった・・

扉を開け『ひとりですが・・』と恐る恐る言ってみる

『ダメだぁ 満席ぃ』

無愛想で冷たいひと言が返ってきた

ショックだった

何の為に北見市内に宿をとったのか無意味になってしまう

 

意を決して『電話でお願いした。長野の小林です・・』

『おぉなんだ・・ そこ座れ』

とりあえず瓶ビールを頼み お任せで肉を注文する

サガリ・ホルモン・ガツを出しながら

長野の・・って言ってくれなかったら判らなかったよ

味はどうだ? 足りるか? 食べたいのあったら声掛けろ

と・・ ここのご夫婦って仏頂面で無愛想だけど

意外と優しいんじゃないの (#^.^#)

 

店を出て街をフラつくが 今日は何だか食欲が湧いてこない

おそらく一日 いや午後の工程が通行止め等によって

振り回され気を使い精神的にも疲れているのだろう

それだけ昨年の大風被害は大きかったと言える

思い返せばポテトチップスが品切れになる程

農作物への被害も尋常でなかった事もうなずける

 

今宵はホテルの狭いユニットバスでシャワーを浴び

早々に眠りにつく

明日はいよいよR66の常連さん(nao君)と合流です

 

 

 

7月2日

救急車両の音で目が覚める

 

まだ4時前である

どんよりとした空は予報通り下り坂になっている事が判る

ベットに寝そべりながらルートを練り直すが

眠気と蒸し暑さで身体がだるい

脳も一緒で これといっていいアイデアが浮かんでこない

 

二度寝は危険なので 目的も無くホテルを発つ

何となく走り出す事にしたが これがいけなかった

常呂町には「松寿し」があったじゃないか♪

ここは超ウルトラ生ちらし寿司で有名な店

ホテルから1時間弱で着いてしまう距離

もっとゆっくりホテルを出れば良かったと反省

現在時刻は9:00をちょっと過ぎたばかり

開店時間までには たっぷり待たなければならない

後ろ髪をひかれる思いで網走に向かう事にする

 

走りながら とにかく時間を潰せる場所を模索する

そうだ! 刑務所があるじゃないか

iPadで検索をかけるとすぐにヒットする

 

あれっ何か変だぞ!?

立入り禁止で敷地内に入れない

そーかぁ・・・ 本物の刑務所に来てどうすんだよ

正しくは「博物館網走監獄」と検索する様です ^^;

 

時間調整がうまくいき

毎年恒例のラーメン屋でカニを食べる

今タラバ系のカニは脱皮時期なので身が薄いらしいが

まずまずのタラバが入っていると言う

 

形の割りに軽いけど その中でもまぁまぁなヤツを出してくれた

『1kg弱だから¥2,200でいいよ』

毎年の訪問なので顔を覚えてくれている

ここは思い切ってSHOPカード貼らせていただく

ここへ行ったら見つけてくださいネ

 

 

 

今にも振り出しそうな空模様

知床横断道路は恐らく降られるであろう

この先は熊の湯などがあるけど

ゆっくり髭をそれる様な温泉が無い為

昨夜の失敗もふまえウナベツ温泉に向かう

ところが

ここはまったく情緒のかけらも無く

新しく綺麗な施設だけど

お湯は最高に良かった♪♪

泉質はpH9.2のアルカリ泉

予期せずいい湯にめぐり会えた幸運に感謝

しかも空いているのでオススメの一湯ですよココ

 

霧と雨を覚悟しカッパを着込み今宵の宿がある羅臼に向かう

 

つづく