スキーに行こうよ♪

毎日毎日・・ スキー場へ出勤をしていると曜日感覚が無くなる

あっという間に2017年になり

来る日も来る日もスキー学校の窓口対応と

この先にやってくる修学旅行のスタッフ集めに電話を取る日々

そして雪不足が心配であったが なんとか滑れる程度は雪が降り

年末年始は無事営業ができた

校長自らレッスンに出て対応したが

それでもスタッフ不足で一部レッスンをお断りする日も出てしまった

 

またご家族でスキーにお越しになられたおじいちゃんが

ゲレンデに於いて脳梗塞?!で倒れられ

急遽ドクターヘリを要請した事もあったが

連日 新聞やTVニュースで伝えられている衝突事故などはなく

概ね穏やかなヤマボクではあった

 

と・・・ 話は終わりにしても良いのだが

やっぱり同業者に伝えておいた方がいいと思い

触りだけ書き留めておきます

 

12月26日~29日の4日間

スキーのプライベートレッスンの予約が入った

生徒一人に教師1名のマンツーマンレッスン

これを8名お願いしたいと言うものだった

そしてできれば中国語か英語が話せるスタッフを希望

当然我々はそれに向け準備をしてお待ちした

25日の午後 先発で1家族がヤマボクに来られた

日本語が話せるガイドが同行しておらず

全員中国語しか話せない

しかも現金を持っておらず レンタルもリフト券も買えない

そこで中国語を流暢に話せるスタッフがすべて通訳し対応した

(中略)

翌日受付終了時間になっても窓口に見えないので宿に連絡を取ると

「今日はタクシーを手配して某スキー場へ行かれました」とのこと

そして間も無くメールが入る

「ヤマボクは施設が古く、雪も少ないので他へ行きます・・等々」

まぁそれはおっしゃる通りですが

前日にキャンセル連絡を入れるのがこの国の常識ってもんだよ

立て替えてあるリフト代金等と親切にして頂いたお礼として

それにプラスして¥10,000を宿にお支払しておきます!との事だった

ところが

今なおその代金は頂けず信州を後にしている

中国人ガイド(上海)Wang Chenyi さん

この方との応対には注意が必要です ( ..)φメモメモ

 

 

 

 

 

年の瀬 アルコール性肝障害の診察に出向く

案の定数値が悪くなりはじめている

飲み会が続きお酒の量も増している実感は持っていたが

こうもハッキリと結果に表れると

やはり襟を正さなければいけない

一度壊れた臓器は元には戻らないようだ

先生のアドバイス通り「中間にノンアル飲料を・・」取り入れたいと思う

 

さーて今日はちょっと早い給与の支給日

給与袋を握り締め 街へ焼肉行ってきま~す (*^_^*)