2016ホクレンフラッグ

facebook上でイイネすると その企業等の記事が毎回表示される

皆さんもご存知の機能ですが

先日「北海道発見マガジン Hokkaider 」で報じられてましたね

なんと! 今年のホクレンSSフラッグ発売は7月1日からだそうです

(2014-2015年は7月中旬の発売)

http://www.hokuren-ss.jp/news/detail.php?id=49

いや~ 久し振りにパタパタさせながら走れる

嬉しいよぉ !(^^)!

無料だった時代から1本100円になり 昨年から150円と変化したきた

「¥高い 買ってまで欲しくない!」

そんな愚痴を耳にする事もありますが私はそうは思わない

一年の最大イベントである北海道ツーリング

あの広大な北の大地を愛車と一体となり走る

そしてパニアケースの脇には三角形の小さな旗が揺れている

<2010 北海道ツーリングより>

ウインドウに映る自分とバイクの姿に微笑み

全身で北海道ツーリングの魔力にドップリ浸かっていく

ふとすれ違うバイクには全色(4本)のフラッグがパタパタしていると

ピースサインから「イイネ♪」と指で合図を送り

「彼のツーリングは後半戦だなぁ?」

と勝手に想像し一瞬の出会いなのだけれど一体感の様なモノを感じられる

 

このニュースを知る前に立てたルート計画は

見事に4本ゲットできるエリアを網羅している

いいじゃないか♪ \(^o^)/

今年の給油所はすべてホクレンSSで決まりだね

フラッグあります!」の看板を探すぞー

 

 

そしてもうひとつの楽しみなのがフォトコンテスト

このフラッグを写真の構図に入っていなければその権利すらない

なのでここ数年それにも参加できなかったが

今年は二つ楽しみが増えた訳だ

自慢ですが2010年「人との出会い」部門で入選した経過があるんです

なのでその年以来の入選を目指したいと思います

<表題「バイクにも休養」  旭川でオイル交換をお願いした時の様子を撮影>

 

毎年フラッグを譲って頂いてたF村さん

今年は自力でゲット出来ますので大丈夫です ありがとう(^^;

さてさて結婚披露宴も終えて渡道の準備です

緊張感からも開放され やっとそんな気分になり

まずは客室を利用しテントの試し張りを行ってみた

山岳用テントだけあって軽量&コンパクトではあるが

素早い設営ができるのか?

細部の使い勝手はどうなのか?

新品不良的な箇所はないのか?

そんな心配した部分はまったく無く 初張りでも20~30分程度で完成

私の好きなD型の入り口やサイド2ケ所のポケット

加えて天井にも大きなポケットに空気窓・・

オプションのグランドシートは手に入らなかったのでmont-bell製を使用

 

フライシートは入口側さえ間違わなければ同じ色同士をフック留めする仕組み

夕暮れ時の設営ではかなり便利で親切な設計だ

強風には弱いが天井が高いので居住空間が快適

なにより日本製なのでベトつかない布地が嬉しい

備忘録を兼ねて今回の装備品〈右より〉を紹介

Mountain dax製 Nupka2(テント一式) / NORDISK製の枕

mont-bell製シェラフ#5とグランドシート / HighMount製インナーマット(青)

LuxuryLite製ウルトラライトコット / ハムモック一式とアルミテーブル

主に居住環境を収納している(タープ類&調理・照明関係は右側パニアに収納)

これらを左パニアのインナーケース(完全防水製)にきっちり収納できるので

食材の買出し時にはパニアから取出し 2段積みができる超便利なのだ!

(こんな感じになります)

 

 

忘れちゃいけないのが虫対策グッズ

今回は富士錦のパワー森林香(赤箱)に携帯缶(予備2巻収納)

直接肌に吹き付ける健栄製薬のハッカ油をネット購入

定番の頼もしい品揃えとなった

 

これで手ごわい北海道の蚊&ブヨに立ち向かえるはず

あとは着替えと子供の様な大志を載せればいつでも出発OK

も~ どうにも待ち遠しい日々

どうか晴れが続いてくれますよーに

その間暫くブログはお休みです

戻ってからゆっくりUPしていきますね (^_-)

 

2 thoughts on “2016ホクレンフラッグ

  1. F村 on said:

    森林香は防虫用で蚊には対応してなかった気がします。

    道内、プリン体がいっぱい待ち構えてるから
    水分いっぱい取って
    痛風に気をつけて楽しんで行ってらっしゃーい!!!

    • そうなんだよね… でも以前一緒に仕事していた測量会社の方が、蚊とブヨに効果あるって言うもんだから今回はその検証を兼ねて^^;

      先輩 忠告ありがとうございます m(_ _)m
      水分補給には気をつけます

この記事へのコメントは終了.