今頃になってCD

いよいよ11月も終盤 カレンダーも最後の一枚ですね

今になってバイクに乗りたくなっている今日この頃

先日 半年前から時期を探っていたKSEC首脳会議を
(Kita-Shinano Economic Cooperation)

長野の権堂町に於いて開催され出席してきた

意図するところは異業種で活躍する同世代が

日本の将来を背負う子供達の育成について・・

 

 

会議予定時間の2時間をはるかにオーバーする4時間越えとなり

気が付けば最終電車が行ってしまう時間となり

翌日は完全にお酒が残る最悪の体調であった

またまたやってしまったのである (-_-;

それ程活発な議論が交わされたが

今回の会議では結論が出なかったので

次回持ち越しとなったが開催時期は未定

多忙な各首脳のスケジュールを合わせるのは大変なのであるが

次回ホストは通称:ドクターに決定

 

 

今回は私のリクエストしたお店を設定してくれ

ホスト役の通称:先生は鯛シャブをチョイスしてくれた

寒い季節にちょうどいい選択となり思った以上酒がすすんでしまった

私は乾杯から日本酒で始めてしまったのが敗因だったのかもしれない

でも魚が美味いことで評判のこの店の料理はやっぱりGood

店長の唐沢君の接客も私は好きなんですよねー

次回開催 迷ったらここもありかと・・

今度は何を肴に飲みましょうかね♪ 楽しみである

 

 

 

 

 

さて オーディオの話題をはさみますが

この度人生はじめて家庭用CDプレーヤーを購入してみました

今更それはないでしょうとお思いのあなた

実は自分でも驚いている

例の引篭もり部屋で聞く為に購入したもので

寒くなるこの時期はLPレコードが巧く鳴ってくれないのだ

それもそうレコード針の構造上 針を支えているゴムダンパーが硬くなり

部屋(装置)が暖まるまで音がビビってしまうのだ

 

 

そこで今まではSONY製の車載用CDプレーヤを使っていた

CD内臓のカーステレオが普及し出番のなくなったコイツで我慢していた

我慢といったが特別不満があった訳でもない

CD音源なんてバカにしていたので安価なもので十分だと思っていた

マニア的に言えば「あのシャカシャカした耳障りな音」

それが どうも最近SONY君が寿命を全うしようとしていたのだ

おそらくピックアップレンズ辺りがダメになってしまった様で

うまく音を拾わなくなり 音飛びが多発する様になってしまった

 

そこでクラシック系のマニアでは以前から評判の高かった機種

Marantz(マランツ)製のCD-34を買おうかとヤ○オクってみる

1980年代中盤に発売したこの機種は当時¥59,800位だったと思う

それが今でも結構高く取引されており 当然程度も怪しいモノが多い

当時の雑誌によると10万円ほどで販売したかったが全世界へのCD普及を狙い

メーカーが戦略をかけた製品なので性能は折り紙つきだと言う謳い文句の製品

まぁそうは言ってもたかがCDプレーヤーに5万も10万も出せない

せいぜい2~3万で手に入れたいところ

そこでPhilips製のCD-104も内部は一緒である

なので両機種を候補に検索 できればショップ出品を見つけたいところ

そうこう探し続けeBayにてドイツからの出品をみつけた

海外オークションは慣れたもので不安はあまり感じないが

翻訳をかけ入念に品定めを行い 一日考えてポチッとする

待つこと10日 飛行機に乗って無事届きました

関税諸々で9,000円ほど支払い 合計約¥30,000にてゲット

ドイツ仕様なので電源は交流200Vです

日本で使うにはステップアップトランスをかませば使えます

さっそくセッティングするのだが重いんですよこの製品

普通CDプレーヤーなんて中身が空っぽなんじゃないかと思う位だけど

流石お金かけて作っている事が分る

 

そんな事はどうでもいいんだけど 動作確認を兼ねて一枚セットする

音楽が始まらない・・ シーン・・・

電源は入っているし液晶表示もしている

”再生ボタン”を押してみる

音楽が鳴り始めた(焦ったぜ)

自動再生ではないんですね この製品

当然リモコンなんてモノも最初から無い

ところがですよ!

驚くのはコイツから出る音がとってもいいんですね~

メーカーの音作りと言うものがしっかり決まっている

変にいじらず 音源に対し素直な音

そうしっかり音楽しているんですよ

こんな事ならもっと早く買えばよかった

この冬はこれで十分だと思う とってもご満悦な買物でした

 

思いがけず琵琶湖へ

宿の片付けがほぼ終了し解体作業へと入った

今は壁に使われている石膏ボードの取り外しを行っているが

これがちょいと厄介な作業なのだ

枠木に石膏ボードをビス止め その上に目地シール・壁紙を糊付けをしてある

こいつらを剥がないとビスが見えてこない為

ちまちまと壁紙を剝がしているが 雑に作業をしてしまうと

石膏の白い粉が舞いボードが砕け始めてしまう

イラっとしないよう丁寧にやってはいるが苦手な作業なのだ

 

 

そんな折 ヤ○オクで業務用のスピーカーBOXを落札した

どなたも入札せずなんと¥1,000で落札してしまったのだ

 

喜びも束の間

送料(ヤマト家財便)は2セット¥22,140だというお知らせが入る

えぇぇ~ 先方に迷惑は掛けれないので

落札金額だけお支払いして権利放棄をしようと思った

が・・・

やはりこの商品は欲しい

木工クラフトは好きで自作のBOXなんかを製作した事があるが

このカーブしたRの部分はやっぱり業者には敵わない

また古く乾燥した木からは これがいい音するんだよネー

(これだからマニアは困る ^^; )

 

 

そんなこんな悩んだ挙句

琵琶湖の辺まで直接取りに行く事にした

ちまちました作業に飽きてきた頃であったこともそうさせた

でもこの商品はかなりデカイ

横900mm×縦1000mm×奥行き600mm

重量も20kg/個はありそうな感じだ

軽トラックが無難だけど片道400kmはちょっと辛い

息子のBOXYを借りようと思ったがちょうどその日は使うという

娘のSPACIAの車内寸法を測ると何とか乗りそうだ

ということでコイツで引き取りに行く事にした

 

 

 

往復同じ道は飽きるので往路は中央道

帰路は北陸道を使い途中の敦賀で解禁になったセイコカニを買う計画

今の軽自動車ってバカにできないね!

スピードを上げても非常に安定した走りをみせる

法定速度近辺で走ると20km/ℓほどの燃費

途中出品者へ連絡を入れ 順調に向かっている旨を話す

 

そして予定通りの時間に到着

「この車には乗らないよぉ」と呆れられてしまう・・

案の定 自動車の空間は四角形ではない

色々なデコボコがあり それが邪魔して乗り切らない

散々試みるがドアが閉まらない始末

ここまで来て片方ヤマト便で送ってもらう訳には行かない

仕方ないのでリアドアを開けたまま走る他ない

丁寧に養生を行い 赤い軍手を牽引の印で垂らす

 

途中タイヤの空気圧を上げ何度も積荷の確認をするが

まったく問題はない

ただ騒音がひどい事と寒いことが難点なのだ

長野県に入ったら相当寒いだろうと憂鬱になった

高速道路は当然左の走行車線 登坂車線があれば迷わずそっちへ

自動車の性能的にはスピードが出せるけど

80km/h走行に徹する

追い越していくドライバーは皆振り返り見ていく

寒さと退屈さと恥ずかしさに耐える俺

走り慣れた道が果てしなく遠く感じた

 

小雪舞う山田温泉を出発し

まだまだオートバイシーズン真っ盛りの土地への出張も

陽もすっかり落ちた夕食時 やっと自宅に到着

ホッとした うれしかった

積荷を丁寧に降ろし車内を綺麗にして還す

一番の救いは 旬のセイコカニがこの日の食卓の中心にあり

初めて食べた娘が喜んでくれた事

これだけで私の苦労は報われた気がするのであった・・

 

 

 

 

 

我が子らの仲をとりもってくれたサク(作山憲斗)の婚礼が行われ

孫のエマ(恵茉)が外出デビューをしてきた

約2ヶ月経て やっと3,400kgほどに成長した

まだまだ小さい赤ん坊でございます

 

すでにウィンターシーズンが始まっているが 今シーズンは調子が良さそうだ

10月31日 NHK杯(大倉山)ラージヒルで3位 11月5日 NBS杯(白馬)2位

翌6日の全日本選手権は優勝:竹内択 準優勝:作山憲斗 3位:レジェンド葛西・・・

と安定して好成績を挙げている

昨シーズンはサマー大会は抜群に調子がよくタイトルを獲るものの

ウィンターに入り失速した感があった

これから結婚を期に怪我無く 常に上位にいる選手となり

是非とも平昌五輪のJAPAN代表選手として名を連ねて欲しい!

陰ながら応援してます ガンバレ日本♪ がんばれサク♪♪

 

疎遠だった友

この秋は暑くなったり寒くなったりと気候の変動が激しい

おまけに概ね例年より暖かい

松川渓谷の紅葉も随分遅れているが

やっといい感じに色づき始めてきた

しかし幾つかの台風のおかげで葉っぱが落ちてしまい

いつもの様な綺麗さは期待できない様な気がする

 

 

実りの秋をむかえ”新そば”の季節

久し振りに街へ出てそれを味わってみた

お店はサラリーマン時代慣れ久しんだ「藤の家」

お気に入りの蕎麦屋さんだ

セットものと悩んだが今日は”もりそば”の大盛り¥700に決めた

なぜだか蕎麦の風味が弱い気がしたが

相変わらず「美味い」

そして〆の濃い蕎麦湯も好感がもてる

やっぱりここの蕎麦が一番好きかも知れない・・

 

 

 

 

皆さんは最近疎遠になっている旧知の友人って居ますか?

先日そんな友人と久し振りに会って来た

もうかれこれ10年くらい会っていなかった気がする

20代の頃 同じ会社で働いていた仲で

3つ先輩の彼は私のオーディオの師匠でもある

 

伺った理由はレコード針の相談

長年使ってきたモノがそろそろ交換時期をむかえているのだ

ネット等で検索するが驚くほど高価な値段が付いている

どうしちゃったんだ??

浦島太郎状態の俺は意味が分らず訪れたという訳だ

 

昔の様にcoffeeをおとして頂き 1曲レコードをかけてくれた♪

耳障りな音は一切せず心地いい音が鳴っている

熟成されたセンスのいい音作りは相変わらずである

お互い近況など雑談を終えた後

本題へと話が進む

「実はレコード針がどうも交換時期にきている様なんだ・・」と

彼はEMT製のTSD15を愛用しているがスペア(新品)は売っちゃったという

皆一様に彼を頼り懇願して買っていってしまったらしい

状態の良いものが少なく 出回っている数も少ない

まあ遥か昔に製造をやめている製品なので致し方ないのだけれど

今はそういった製品を必死に確保しているという

当然それなりに価値が上がり高価になっているのだと・・

そして針交換ができる職人も現存しているのすら微妙らしい

知っている職人とも最近連絡がつかないので生きているのかどうか?

「うかつだった」

当時はいくらでも購入できたモノだったが

安くはない商品だったので後回しにして購入せずにいた

「余裕がでたらいつでも買えるから」と

 

 

では次なる選択肢はどうかと言えば日本製のDENONなら新品がある

でもそう簡単に割り切れないもの

例えばMOTO-GPレースマシンに乗っているのに

HONDA CB750に乗れるか!?と言う様なもの

決してホンダを蔑んでいる訳じゃないけど

そつなく無難で優秀なオートバイではあるけど

目指している方向性が違うというのか

本気になった時の底力が違うんですよねぇ

趣味とはそういうもの

なのでちょっと妥協はできない部分なのだ

 

「ちょっと待って・・ あったかなぁ?」

とショウケースを覗き込み物色する彼

「あったよ! まだ使えると思うからコレ持ってきな」

そして「問題なければ¥30,000でいいよ」とのこと

有り難い

当時は新品がこの価格で買えた

時間の経過は恐ろしいものだと実感

 

ちなみにネットでは5~6万円で取引されている

私はOrtofon製SPU-Aというカートリッジが好きで愛用している

SPU-GTは一般的に出回っている製品なのだが

Aは業務用?に近い製品だった為 当時から玉数が少なかった

どなたかお知り合いで譲ってくれそうな方がいましたらご一報願います

 

そんなこんなで当面は問題解決したけれど

ゆっくりスペアを探す必要はある

例のDeAG○STINI も隔週刊でjazzレコードを創刊しましたね

これからLPレコード熱が再燃するのかも知れないですね・・・

秋の夜長にレコード鑑賞なんていかがですか♪

ぷちぷち雑音が聴こえる感じ

懐かしいっしょ

 

 

今回の反省をいかして中古の防湿庫買っちゃいました

カメラを入れるんじゃありませんよ

レコード針をはじめ真空管などのパーツを大切に保管する為です

皆さんも本当に価値のあるモノって持っているでしょ

この秋はそういった大切なモノを見返してはいかがですか・・・