最高の立地
長野県 北信濃に”8つの異なる源泉をもった湯続きの里”信州高山温泉郷があります。その中心的な存在が山田温泉です。開湯200年超の歴史を持つ山間の小さな温泉街の絶好の場所に当宿(ライダーハウス・ルート66)があります。館内に風呂はございませんが、共同浴場「大湯」と住民専用湯「滝の湯」の双方が目の前にあります。
また日本を代表する絶景ロード“天空の道”志賀草津道路(R292)と国道最高地点・毛無峠・嬬恋パノラマライン・万座温泉・地獄谷野猿公園・栗と北斎の町“小布施”・蕎麦と奥社の大杉並木“戸隠高原”など魅力満載のエリアに囲まれ多彩なルートでライダーを楽しませてくれる事でしょう。

ルート66とオーナー
オートバイや自転車で旅するツーリングライダーの為の素泊り&相部屋(雑魚寝スタイル)の簡易宿泊施設です。またご夫婦様やお一人でゆっくり休みたい方には個室を4部屋ご用意しております。飲食物を持込んで頂ければすべて揃っていると思いますが、隣に小林酒屋実家)でビール等を購入頂けると嬉しいです。道向かいに唯一の食堂(手打そば峯本:月曜定休)があります。いずれも営業時間は概ね18:00迄です。また宿1Fの雑話スペースには土曜限定営業の酒処でオーナー(奥様)手作りのツマミで晩酌してはいかがですか♪

またオーナー自身も年数回ロングツーリングをするBMWライダーでもあることから、旅人の気持ちを酌んだ施設作くりを心掛けております、その為ソロライダーの方のご利用が大変多いことが特徴だと思います。初めてご利用される方も常連さんも、皆フレンドリーになれる温かみのある雰囲気の宿(ライハ)です。また良識あるGood Riderが多いことが女性ソロライダーさんも安心してお泊まりいただける理由かも知れません。尚ご予約が無い日は、ふらっと走りに行ってしまいますので、急な予約はお受けできない場合がございますのでご了承願います 。

 

オーナーのひとり言
当宿はライダー限定と言う訳ではありませんが、一種特有の雰囲気がここにはあります。そんな事から「ライダーハウス」という宿をご理解頂けない方、自動車(4輪)で旅行している方のご予約は受け付けておりません。
信州の山・空・風・澄んだ空気の中を走り、身体に沁みる温泉に浸かり、1日の出来事を語り合えるバイカー同士が集う宿となっております。しかしお金を払えば「お客だ」と言う態度で、他のお客様と仲良くできない方や、他人に迷惑をかける方はお断りです。自分のオートバイばかり自慢する方も苦手です。メーカーや排気量なんて関係なく、ひと晩楽しい会話で愉快に過ごしましょうよ。ここは布団敷きのサービスやアメニティーの揃った民宿とは違います!ペンションとも違います。ゲストハウスでもありません。お食事の提供をしていないので”とほ宿”でもありません。相部屋の雑魚寝スタイルなのでライダーハウスが一番しっくりくる言い方になる。私の目指しているところは、まさしくこの“RH(ライダーハウス)”というカテゴリーです。北海道に多く存在するこのスタイルを本州にも沢山出来て欲しいと願ってます。そして何よりライダーが望む「居心地のよさ」を実感できる、そんな宿にしていきたいと思っております。また、RHを知らないライダーさんが、ライハデビューにはもってこいの宿だとお声を頂いてます。全国各地より訪れる老若男女のライダー様との距離感を大切にする、そんな宿づくりが私の目標です。何はともあれパンチの効いた源泉掛け流しの天然温泉へ入りにおいでよ・・・

当宿は旅館営業許可 及び 飲食店営業許可を得ております