高山村のリンゴ

北の大地へツーリングされた方

もうPHOTOコンテストに出品すませましたか?

応募締め切りは9月30日ですよ

私の様に毎年忘れてしまわぬよう

今日応募しちゃいましょう ♪

 

方法は簡単下記リンクよりコメントを添えて送るだけです

Touring in HOKKAIDO コンテスト 2017

https://www.hokuren-ss.jp/photo-contest/

 

ちなみに私も久し振りに応募しました

良いヤツが無かったのでこんな感じです

① こいつがあれば寂しくない

 

② 絶対落とさない

 

まぁこんな写真じゃダメなの判っているけど

参加することに意味があるんです ^^;

 

 

 

 

さて もうすぐ信州は収穫の秋です

リンゴも蕎麦も収穫まじかです

 

この時期お百姓さんを悩ませるモノ

それは害獣とされる小鳥

果樹はもちろん 稲なんかも被害にあう

その対策は色々と試行錯誤してきましたが

ここ数年のヒット商品はコレ!!

< 鳥追いカイト鷹 >

 

定価4,000円ほどの商品が大ヒットしている

生産が追いつかない程の販売数を記録している

爆音や高周波の音を出したり

ネットで全体を覆ってみたりと

安くない金額をかけてみるものの大した効果がでず

農園近隣の住民が驚くほどの音も出さず

眺めていても面白いこの商品はありがたい

晴れた秋空に優雅に飛ぶ様は中々いいものです

これで空からの害獣被害が無くなる事を期待する

 

 

そして今年から信州高山産リンゴの販売(仲介)をはじめます

企画段階ですが・・

実は高山村産のリンゴはあまり市場に出回っておりません

出ていたとしても限られたルートでの販売です

または村にあるJA直売所で販売されている位です

 

優れた農家のリンゴはJAに出す事無く

お客様が直接付いており予約で完売している状態

それでも中には面倒なのでJAへ出荷している農家もいる

こんな状況なので

私が厳選したそのリンゴ農家より直接仕入れる

(仕入れは市場へ出す金額より少し高く)

その商品を通常価格並みに発送します

これがひとつの案

 

そしてもうひとつは訳アリ商品の販売

自家用で自分達が食べるだけであれば

多少のキズ林檎であってもいいですよね

その家庭用を安価で販売しようと思います

数に限りがあるので少量しか確保できないと予想されます

以前からこういった事業を手掛けようと思っておりましたが

この秋より試験的に開始します

ゆくゆくは年間契約とし

季節ごとに農産物をお届けする仕組みにします

 

皆さんご存知の通り私の実家は隣の売り酒屋ですが

家内の実家は小さなリンゴ農家だった

義母が高齢となり とうとう今年他人の手に任せてしまった

こういった話は年々多く耳にする

多くの場合は木を切ってワイン葡萄の栽培へと変わっている

そんな現状を目にしながらいつも残念に思っていた

同じ価格なら絶対にここの林檎の方が美味い

実がしまっていて しっかり酸味があり 日持ちする

なので都内の業者は「高山村産」を指定して買い付けている

あまり知られていないんだけれど

実はその業界では有名な話

売り方が下手なのでブランド名を付ける努力もしていない

いったいJAは何をしているんだよ・・・

農家も喜び お客様も喜ぶような

win winの関係を手助けできたらイイなと思う

詳しくはまた案内させて頂きます

 

 

追伸

今回の台風18号で高山村のリンゴ農家さんでは

風によって多くの被害が出てしまいました

私の仲間でも大きな被害にあわれた方がいます

皆さんの中で

キズ林檎でもOKと言う方はご連絡ください

先着順にて確保しておきます!

 

いよいよ・・・

ぼちぼち梅雨明けとなりそうな日本列島

先日の7月10日 待ちに待った道路が開通

R292志賀草津道路・平床(煙が上がっている場所)から

県道66号線 山田牧場を抜けてくる部分が通れるようになりました

 

昨年の台風はここ北信濃でも大きなキズを残しましたが

やっと修復が終わり平常に戻りました

 

 

もうひとつお知らせがあります

常連様が待ち侘びておりましたジビエ入荷しました!

 

熊(ツキノワグマ)さんとニホンカモシカの燻製

ずーっと昨年の盆過ぎから品切れ状態のままでしたが

地元猟師さんに無理言って分けていただきました

 

数に限りがありますので

無くなったら今年分は終了となります

取り置きはしませんので早めの来宿をオススメします

※ 確かな製法で貴重な燻製ですが値段据え置きで提供します

 

 

 

北海道ツーリングから早1週間が経ちました

まだ心ここにあらず・・ 状態ですが

その最新の『生情報を聞きたい』

と渡道前にライダーさんがお見えになりました

 

上陸当日~2日目がどうも雨模様

そこで前半は「喰いモン」をメインにルート選定を考える

彼の好みと私のオススメ・・

ある程度に絞り込み そこに宿を絡ませる

後は当日の天気や気分で自信がルートをコーディネイトさせる

 

 

色々な旅のスタイルがあるとおもいますが

彼はある程度計画を立てた中で

臨機応変に進めるタイプなのだろう

実は私もこっち派です

まったくのノープランツーリングはせず

何かテーマや行き先を決めて計画を練る

 

旅は計画している時が楽しい とも言われますが

まったく同感である

こと北海道は他所へのツーリングと決定的に違うのは

足し算ではなく

引き算で組み立てるって事

ココとココとアソコと・・ と行きたい場所を上げていくと

その日のうちに宿に着けなくなる

 

そうそれだけ魅力的な場所が数多く存在し

美味しいものや珍しい呼び名の料理もあったりと

一度は食しておきたいモノが多い

なので気になる場所の中から「何処を削る」かって事になる

 

新造フェリーのおかげで

当宿にお泊りいただき 朝ゆっくりターミナルへ向かう

そんな使われ方が増えるのだろうと想像する

と言うか 是非そんなライダーが増えて欲しいと願う

 

ワクワクしている胸のうちが伝わってくる様は

一緒に酒を酌み交わしていても楽しいもので

ライハのオーナー冥利につきる

 

今回ココ以外のライハデビューをすると言うが

今年は今年だけの北海道ツーリング

思い残す事無くしっかり遊んできなさい (^^)

2017.7.15(土)8:04 新潟港に向け出発

気をつけていってらっしゃい (*^_^*)

 

 

気分は北海道・・

皆さんにお知らせです

まずはこの記事を紹介します

『昨日まで勤めた会社が運営していた、EZOライダー川湯営業所。あまりにも突然の閉鎖でファンのみなさんにご心配をおかけしました。突然というより雑な閉鎖でした。会社と言う組織は時として冷酷だということをしりました。この回答を腹に据えかねる、私の家内が5月に入って早々に個人経営する計画で、単身で北海道の川湯温泉に行きました。
EZOライダーを大切にしてくれているファンの方々、これから行こうかなぁ~って思っていたライダーさん。安心して起こしください。5月20日頃からライダーハウスだけの営業になります。なにとぞ、よろしくお願いします。』

http://www.ezorider.com/

 

 

ライダーハウスの聖地

その北海道でも経営というのか維持していく事は困難な時代

数年前にここを知り 道東へ行ったらお世話になっている宿

ピーク時前にも拘らず満館で泊れない程の人気ライハのひとつ

 

ここ山田温泉の4倍程の規模をもつ温泉地にあり

高級温泉旅館の外湯利用ができ

徒歩圏内にはコンビニや居酒屋があるので食事も困らない

しかしココは何といっても泉質の良さは抜群で

ピリっと肌に刺激感がある強酸性泉

湯量豊富で新鮮な湯がガバガバ湧いている道東を代表する温泉場だ

東側に摩周湖 西側に屈斜路湖

R243パイロット国道と美幌峠 ルートを変えれば津別峠

摩周湖周遊道路の道道52やR241阿寒横断道路

「北海道は道東にとどめをさす」

そんな場所を堪能するにもってこいの拠点のひとつ

辺りは広大な牧場や緑多く山深い場所

食に関しては肉料理かラーメンまたはアイスクリームなど

山のモノがオススメである

そんな最高の立地条件にありながら・・ である

 

個人的にも無くなっては困る宿のひとつ

何とか存続していくとの事でホッとしている

以前伺った時は当宿より年間利用客は少なかったと記憶している

これからは独り立ちで運営していかなければならないので

多少の宿泊料UPで再開して行くようですが

経営的には厳しいだろうと想像する

どこのライダーハウスも同じだと思うけど

まったくダメなら閉鎖という選択肢が選べる

ところがお客様があり 常連様が増えるに従い

引くに引けない状況になってくる

馴染みのライダーさんとの再会も生き甲斐にかわる・・

いっそ閉じた方が楽になるのだろうけど

商売(あきない)というものは継続していくという事

なので生活費は他で稼ぐしかないのだ

今年の川湯は激励の訪問になりそうだ♪

 

 

 

 

さて当宿も通常営業となり

今週末は「そろそろお邪魔していい頃かなぁ」なんて

遠慮がちに馴染みの方々がお泊り頂きました

夕方早い時間から祝い酒(日本酒)を開け

終わったら持ち寄った焼酎やリキュール酒を次々に開け

久し振りの二日酔いになってみた

 

バイクの狭いスペースに手土産を積み込んで

「コレ うちの地元の地酒です」

一般的な普通の酒で悪いんだけど・・ と

そんな心使いが嬉しいものです

彼は今年 久し振りの北海道を2週間ほど楽しむ予定で

まだまったくのノープランと言っているが

私の日程とかぶる日が何日かあるので

7月の頭頃に”ある宿”で合流する計画だ

お互い携帯の電話番号は知っているが

Facebookのメッセンジャーでやりとりする事になると思う

またひとつ北の大地での楽しみが増えた訳だ

 

 

そうそう告知をしなければいけなかった

6月27日からしばらく休館になります

リニューアルしたばかりで もう休館なのかとお思いでしょうが

仕事だからしかたない

しっかり営業活動してまいります

 

6月28日(水)新日本海フェリーが新造船になります

エンジン出力が上がったのか 航行時間が大幅に短縮しました

ますます新潟~小樽便が便利になりました

その処女航海のチケットをゲットし渡道してまいります(^^)v

今年は改築工事でまったくバイクに乗れなかったので

普段以上に楽しみでしかたがありません

ある程度ルートを練りながら

時に直感を頼りに脇道に反れ

ペースを落とし ゆっくり満喫してこようと考えてます