優しい時間

暇な時間が増えたのでHPの修正に取り掛かった

のびのびにしていた予約システムの改良

凝り性な性格なので集中して画面に喰い付いてみる

数日間18時間ほどPCに向かいあったが巧くいかない

 

全体のシステムのVerを上げれば問題が解消される部分もあるが

それでは有料となってしまうプラグインもあるし

使えなくなるプラグインもある

多くの部分に手を加えたホームページなので

そう簡単にすべてを変更したくもないのだ

 

今度の予約システムは

TOPにカレンダー表示があり

空室なら○ 50%予約なら△ 満室なら×

休館日等は”ー”表示をさせる

ご希望の日にちをタッチすれば予約フォームに飛び

必要事項を記入(入力)し送信すれば予約受付となる

直ちにお客様が入力したアドレスへ自動返信される

その後手動で私から確認のmailを送らせていただく

当然”×”と”-”の日は予約できない

 

目に見える部分はこんな感じだけど

予約フォームを受付けた時点で該当日の人数を自動集計し

即カレンダー表示に反映される仕組みにする

そして当宿独自の追加項目であったり

逆に不要な項目は削除する作業や

天候に左右される宿泊業がら

何ヶ月先の予約まで入力可能にするのか?

といったカスタムをすすめている

 

そしてこの時入力していただいた情報を蓄積させ

チェックイン時の宿帳記入に反映させる

予約時の作業は増えるけど

後の手書き作業は簡単になる方法を取る事にする

もっと説明を加えると・・

チャックイン時の宿帳記入は画面をタッチするだけ

入力した電話番号をピポパって打つと宿帳がプリントOUTされる

ただ番号を知っている他人がその番号を打ってしまうと

住所などの個人情報が出力されてしまう

そんな事は絶対避けなければならない為

パスワード的なモノを用意しておく必要があるだろう

そんな事を考えてカスタムにカスタムを重ねていくと

この予約システムが動かなくなってしまった (ーー;)

 

カスタムする前のプログラムに戻せば正常に動作する

ひとつひとつカスタムしたプログラムをアップロードして動作確認・・

そしてどこの部分がダメなのか突き止めたが

その何が間違っているのか解決できずに今日に至る

例の甥っ子に頼みたいが論文を書いているとやらで

今は時期が悪い

悶々とする中で作業をしても効率が悪いし

頭がうまく働かず 今は画面に向かう気力も無い

ここは一度頭を整理することにする

果たして成功するのでしょうか乞うご期待 ^^;

 

 

 

 

さてここ2週ほどの出来事を一斉に紹介しておきます

先々週のBBQイベントは僅か数人の参加でしたが

個人的にはこの方が楽しいのである

 

モーリーさん「なかむら」と「伊佐美」本当にありがとう

めちゃ嬉しかったよ

チビチビ飲ませて頂いてます (^^)v

そして常連のコバケンさんが北海道ツーからの帰路

新潟県寺泊のカニを手土産に寄っていただき

同年代ふたり酒の夜もあったネ

 

オートバイでの北海道は初となった今回

やっと皆さんの話の輪に入れるよって笑ってました

確かにちゃんとした?!サラリーマンにとっては

北海道ツーリングってハードルは高い

1週間ほどの休暇はなかなか取れないので

今回の様に勤続30年休暇と多少の奨励金がないと・・・

 

そして今週末も初めてご利用のライダーさんも集まり

初めてここで会う人々が和気藹々と話す姿は

本当の意味でのライダーハウスらしく

つくづく旅ライダーさんっていいなぁ~っと思う

 

免許取立ての方も大ベテランさんも混じり

旅の話で盛り上がる夜

そして常連さんから「結婚しました」報告もあったりと

おめでたい話題が多かった今日この頃です

またBMW Motorradの白馬ミーティングも

久し振りの好天だったので行ってみた

性格的に私はどうもこういった賑やかな場所は苦手だが

天気にも誘われちょこっと覗いてきた

やっぱりオートバイっていいね!

 

 

新しいオーナー

最近のお気に入りCMはSUBARUのコマーシャル

わずか数秒の中につまった映像は

無意味なイメージ的なものではなく

きちんと自動車という乗り物への

憧憬や存在意義が表現されている

 

富士重工の知名度は低いかもしれないが

このCMは企業イメージUPに繋がっていると思う

ひと昔前には

大原麗子のSUNTORYウィスキーシリーズが好きだった

あのCMは彼女の演技力(表情)が生んだ名作だと思う

大原麗子 サントリー レッド・オールドCM集 (追加・再編集)
(soikll5 さんの動画をお借りします)

 

綺麗だったね! 彼女・・

雪国ではスバルのレガシーが人気である

雪道での安定した走りや動力性能は抜群で

後部座席を倒せば長手の荷物が沢山載り

スキーヤーには最適な車であったが

なぜか私はこの車に縁がなく

SUBARU車自体所有した事がない

 

CMではないけど番外編という事でこの動画もUPしておきます

30分を超える大作なので時間がある時にでも観てくださいネ

“Your story with” presents スペシャルドラマ「Lighthouse」

 

 

 

多くの国民の夏休みが終わり

その期間中に働いていたライダーさん達が動き出しました

当宿へもパラパラとお泊りして頂いてますが

俺だって夏休みが欲しいさ

たまに仲間と街へ飲みに行く計画もする

基本 平日の当日予約はNGの場合が多いです

予約フォームのアドレスへ そうお伝えしても

メール見てませんでした

と直接来宿されるライダーさんに対し

ちょっと不機嫌な態度をとってしまう事もある

反省しなければいけないのだけれど

人間がデキていないので どうしても表情に出てしまう

 

朝の6:00前に電話が鳴り

「今日泊れますか? 自動車ですけど・・」と

私はこの行為は非常識だと感じてしまう

なぜ自動車はダメなんだと聞いてくる

自動車がダメなんじゃなく

アナタがダメなんです と言いたい

言い方もあると思うんですが

だめな宿屋のオヤジの小言はこの辺で終わりにします

 

 

 

 

さて先日話していたバイクが納車になりました

ずーっと狙っていたT君のオートバイ BMW K75C

点検整備と車検を済ませトランポしてくれました

彼が所有していたのだから どんな風にカスタムしてあるのかと

楽しみであったが見た目はまったくのノーマル車

色々説明は受けたのだが

リアがドラムブレーキからディスクブレーキに変わっている

そこだけは記憶にあるが機械音痴の私はすべてを覚えていない ^^;

動力・機関・ゴムパーツなど気になった所は変えてあり

リアタイヤは新品交換してくれている

車体代としてはタダみたいな値段で譲って頂いた様なもの

ホント有り難い限りである 感謝感謝

 

そして夫婦(息子)会議の末

息子名義で登録を済ませたのである

父からのプレゼントだ

以前所有していたK100RSの弟分のバイクで

排気量は740cc

製造は息子の生誕と同時期の1990年製

ドイツらしい質実剛健といった風貌の正にオートバイである

タイヤの皮抜きを兼ね 少し走ってみたが

想像していた通り 味があって乗り易い

 

K75CのCはCITYを意味しており

街乗りにも適しているという謳い文句

国内で希少な型なので大切に乗り続けて欲しいと願う

 

ただ嫁(息子)さんの本音は嫌だったのかも知れない

二輪車は四輪に比べはるかに危険な乗り物

舐めてかかると大きなしっぺ返しがくる

そして快適とは正反対な乗り物

子供が生まれ「何かあったら・・」と心配するのはもっともな事

でも自分がきちんとさえしていれば

この上なく素晴らしい世界がそこにはある

オートバイとどう向き合うのかは本人が決めればイイ

いつの日か一緒にツーリングへ行く日が来る事を祈って・・・

 

 

ユーザー車検

2度目のオートバイユーザー車検をしてきた

今年の12月にも行う予定なので

次回の備忘録として書き残しておきます

 

■全体の流れ

①オートバイの定期点検を行う

②必要書類を準備

③WEBから陸運局の検査予約を行う
https://www.yoyaku.naltec.go.jp/pc/reservationTop.do

 

◇必要書類

①定期点検記録簿(様式は何でもOK)
http://route0066.com/wp-content/uploads/tenkenkiroku.pdf

②自賠責保険証明書(旧)

③自賠責保険証明書(新)

④自動車検査証(車検証)

⑤申請書(OCRシート)※受付で貰う

⑥自動車重量税納付書 ※受付→標板協会で支払

⑦自動車検査標 ※受付で貰う

⑧自動車税 納税証明書

これらを順番に重ね(クリップ留め)受付に提出

書類に不備がなければそれを受け取り

指定時間になったらオートバイを検査場へ持ち込み検査

 

◇費用

①検査手数料(印紙)¥400

②審査費用(印紙)¥1、300

③重量税(250cc超・2年・新車から13年以内)(印紙)¥3、800

④自賠責保険料 ¥11、520

しめて¥20,000でお釣りがくる

 

◇検査場での流れ

①ナンバー・車台番号・エンジン型式の確認

②排ガス検査

③ハンドルロック・ウィンカー・ホーン検査

④前後のブレーキ検査

⑤スピード検査(速度装置は前輪か後輪か把握しておく)

⑥光軸検査

ざっと5分前後で終了になります

検査場所によって方法が変わると思いますが

ここ長野運輸支局ではこうでした

ただ受付窓口の年配者の対応は大柄で冷たかったが

検査場の検査官は優しかった (^^)

※参考URL http://www.goobike.com/magazine/knowledge/cost/6/

 

 

 

さて前回はとてもスムーズに検査完了する事ができたのですが

今回は他人のバイクだった為か

その無知さと不運で再訪問&再検査となってしまった

 

検査予約をWEBから入れた当日

意気揚々と陸運局へ向かい

窓口で書類を頂きたく声を掛けると

対応している年配男性がとても感じ悪かった

そして怪訝な表情で奥にいた若者に対応をゆだねる

まるで「素人が来る所じゃない」的なオーラを放つ

しかし対応を指示された若者は

記入方法やどの建物で印紙を幾ら購入するのかなど丁寧に教えてくれた

教わった通りに必要事項を記入した後提出

 

そしてしばし待つと名前が呼ばれ

「納税証明証と自賠責証に不備があります」とのこと

私が添付したのは今年の納税(引落し)領収証

「これは今年度の分なので、過去の納税も証明できる方です」と・・

どうも話がのみ込めず噛み合わない

 

市町村によって口座引落しの場合は

証明書が後日郵送される様で

ちょうどそんな時期と重なり手元に届いていなかったのだ

そして自賠責保険は

このバイクの登録と保険期間がズレていた為

残り1ヶ月まだ有効だったのでこれで良いと勝手に思っていた

車検時に必要なのは次の期間満了まで有効なモノとなる

なので新たに自賠責を入れておく必要があったのだ

と言う訳で書類不備で次に進めずあえなく終了 (-_-;)

だが諸費用を貼った印紙は次回そのまま使えるので安心した

 

 

そして先日必要書類を完璧に揃え 気持ちを新たに予約を入れ

当日は手馴れた業者並みにスムーズに窓口通過

そして軽トラックからオートバイを降ろし

指定時間になるまで一服する余裕すらある

一応ハンドルロックの方法などを予習してみる

準備は完璧に思えた

 

ノーヘルで検査場の入り口で待機

順番に進めていた検査官がついに私の前に来た

何気に緊張する瞬間だ!

まず最初に検査票を基に車台番号等を確認

ところが原動機型式といわれる刻印が見つからない

通常はエンジンのシリンダー部分にあるはず・・

私も一緒になって探すが一向に見つからない

しばらくするともう一人寄ってきて隈なく探す

そしてやっと発見

なんとOPのエンジンガード取付け部分の裏側に隠れていたのだ

事前の定期点検の甘さがバレバレである

 

その後 不慣れな私を見かねた検査官は

バイクと一緒にレーンを進んでくれ

各検査器のやり方や手順を優しく手ほどきしてくれた

順調に検査を進めていくと

メーターパネルにビックリマーク「!」が点灯した

そこには【 service LAMP 】と表示している

えーっと思いながら最後の光軸検査

電光掲示板に「×」の表示 2度目も「×」

結果「不適合」整備不良の判定となる

1.光軸が下がっている

2.ロービームの球切れ

検査はハイビームで行うので今回は通せるかも知れないが

どうせならきちんと整備して再検査に挑みたい

 

 

本日中でれば検査手数料が掛らないので

最終の16時まで後2回チャレンジできるという

ここは小額ではあるが検査料を無駄にしたくないし

またこの検査場に来る手間がイヤだ

しかし・・ なんで・・

今の今まで点いていたヘッドライトが

検査中の抜群のタイミングで切れるかよって感じだよ

なんてツキの無い日だ

 

幸い検査場の向かいにバイク屋があり

ここで光軸検査ができる事は知っているので

まずはここへ持ち込み修正を行う事にする

 

オートバイって乗り物は

どんな人間が跨ぐかで車体の沈み方が変わる

なので当然ライト(光軸)の上下の向きも変わってしまう

サスペンションの硬さ調整でも変化する

なので今回はバイクに跨り体重をかけない様に

左右の足で立ったままの状態で調整を行ってみる

一方切れたバルブは在庫が無い為

歩いていける自動車部品屋でH7バルブを購入

なんだかんだで¥4,000程の出費になったが

これで再検査に望める訳である

 

 

再度二輪検査レーンにつく

「再検査です」と告げ 光軸検査まで進み無事合格

よく考えてみれば

よく考えなくても

普段装着してあるパニアケース等外して持ち込んだのだから

車重が減り車体の後ろが軽くなり頭が下を向くのは当然だった

うかつだった (>_<)

 

私に限らずマシン音痴はディーラーに点検整備はお任せしている

今のバイクは素人が手を出せないコンピューター化がすすみ

定期的な整備は専門ディーラーのプロが行っている

まして改造行為も行っていない

そういう意味からするとユーザー車検は有効な選択である

ただし場違いな雰囲気プンプンで独自なルールもあり

やっぱり面倒で気が引ける雰囲気があるのは確かである

でも新しいうちの車検はユーザー車検でいいとも思う

これから挑戦しようとお考えの方は

今回の失敗例を参考にして是非チャレンジしては如何ですか!?

そうそう当日はお財布と印鑑を忘れずに!

 

 

さて

実はわたくし・・

オートバイを買ってしまいました♪

フフフ・・・