スポーツってイイネ♪

今年で6年目となるバスケットボールクリニックin高山

日本を代表する様なコーチ陣が

遠方よりはるばる信州高山村へ訪れて頂き

子供達にバスケットボールの指導を行った

 

当然バスケは素人の私ですが

例えば小学生の時に必要なトレーニングとは?

この時期にやっておかなければいけない事はどんな事か?

持久力であったり筋力UPなどのメニューは必要なのか?

そういう観点でクリニックを見学していると

ジュニア時代のスキー選手に必要なトレーニングは何か

昔と今では考えが違ってきているのか

スポーツの種類は違っても参考となる事を探してみる

 

そんな視点で毎回ここから盗んでいるのだけれど

人が変わればまた新しい発見ができる

共通していえる事は

ジュニア期においてはコーディネーショントレーニングが重要で

多くの時間をこれに割いていいのではないか!

という結論になる

 

一部海外トレーニングに行ける富裕層の選手以外

大概のスキー選手のオフシーズンは長い

当然オフトレーニングも長丁場になる

同じ事を繰り返し使いまわしていると

子供達は飽きてしまう

なので指導者は頭をひねり

より面白いメニューを考える必要がある

そういった意味でこのクリニックは

我が身の襟を正す良い機会になっている

コーチ陣の皆さん

関係者の皆さん

いつもありがとうございます

 

ひと言苦言を付け加えるならば

某団体に指導者として且つ人としても

その資質に欠ける者が当っている事にはガッカリする

あれでは教わる子供達が可哀想である

他団体の人間がお節介にも口出す事ではないので

上に立つ人間のリーダーシップを期待している

次回は広く他団体のジュニア選手&コーチを対象にした

「ジュニア期における 運動に必要な体を作る」

といった観点で半日費やす事もアリかと思った・・

 

 

 

 

 

戻り梅雨ってなんだよ・・

折角これからスカッと晴れた日が続くのかと期待していたのに

このところのお空模様はハッキリしない

しかもナイターソフトボールの試合時間になると雨が降り

すでに2試合雨天順延しひと月ほど試合をしていない

ハムストリングの肉離れ休暇には都合がよかったが

ちょっと長過ぎる感じだ

 

怪我をした事もあるが 随分体が鈍ってきた

先日覚えたストレッチとインナーマッスルトレーニングもいいけど

やっぱりちゃんとスポーツをしたくなるもので

チームメイト達と楽しくやる事に意味があり

フィールドで声を出す事も性に合っているのかも知れない

そんな悶々とした日々の中

ふと感動の涙を流したくなり

レンタル屋さんで映画「アゲイン」を借りてきた

この映画は数年前に北海道行きのフェリー内で上映されており

以来借りようと思った時にレンタル中で今に至る

※以下写真はWEBより拝借

 

好きな俳優の中井貴一主演の野球モノ

副題は「28年目の甲子園」

埼玉県が舞台となっており

高校球児達のその後の物語

登場人物の役どころも現代社会をよく反映し

出演している俳優陣が実際に野球をしている

 

映画の中で「負けるならちゃんと負けて、ケリをつけたい!」

と言うセリフがある

同感だ

スポーツは必ず結果がつき

勝者と敗者とに分れる

卑怯な手段を使ってまで勝ちたいと思わないし

やる気なく いい加減な気持ちで戦いたくない

ちゃんとやりたい

俺はスポーツに対しいつもそうしてきた

だから共感できる部分が沢山ある映画だ

いいんだよね~ この映画

じんわり感動したい時に是非・・・

 

製作宣伝日誌もどうぞ

http://www.again-movie.jp/productionnote/index.html

 

もう一度あの頃に戻れるなら

俺は高校球児として青春を送ってみたかった

身体的理由と家庭事情で諦めちゃったけど

やっぱり野球が一番好きだ

なので今が本当に充実している

 

というのは

日本には50歳から加入できる生涯野球連盟というのがあり

( その上に還暦野球 古希野球連盟とつづく )

2年程前からこの連盟に入り地元高山村チームに所属している

なので私はまだまだひよっ子のルーキーだ!

50・60と言うなかれ

これが皆さん元気に走る回るご老人が沢山おられ驚く

負けず嫌いな俺は

動ける体を作ろうと肉体改造をすすめている

 

私はキャプテン(10番)を任され

1番&センターを守っているが

対戦チームも1番バッターは足が速く動けるヤツが務める

なのでまず最初に比較され

強いてはそのチーム力を測られる立場に居る

 

6月に行われたおとうさんの甲子園(全国大会)では

初日の初っ端で例の肉離れを起こし

以後ベンチから声援をおくったが

2日目の試合会場は長野オリンピックスタジアムだった

一生に一度この球場で野球ができるかできないかのチャンスに

どうしても出場がしたくて

娘にテーピングをしてもらい強制出場したのだ

 

それがたたり今でも本調子ではない

秋の大会前には間に合わせたと思っている

今 野球が面白くてしかたない

あと10年20年と動ける体を作る事が今の目標だ

やっぱりスポーツっていいね♪