「うぃま」って知ってる?

14,000km強走ってきた冒険号

その間に北海道へ3回

さすがにタイヤが危うくなってきたので

リニューアルしたばかりのディーラーへ向かう

名前もmotorrad高崎に変更となり

ピカピカの店舗に変わり ちょっと落ち着かない


鈴鹿8耐を完走21位「Teamトラス」のマシン展示中

 

出発した山田温泉は霧雨が降り

気温も22℃ほど

それが曇り空から晴天へと回復していく

できればこのまま太陽は隠れていて欲しかった

県境を越え群馬県・横川SAを過ぎると34℃になり

藤岡~高崎では37℃をマーク

自分の体温をも楽々超えた

しかも高速道路に吹く風が生温い

 

命の危険が迫る

大袈裟だけど そのくらい群馬県は暑い所だ

ふと「ブーツBEER」という言葉が浮かぶ

 

これは先日ご利用頂いたWIMA恒例イベントのひとつ

現地に到着してくるライダー達に間髪入れず

冷えたBEERをひと口 ふた口・・

出迎えたライダー仲間が飲ませてあげると言う

文字通りバイクブーツを履いたまま

とりあえず喉を潤すというのだ

今回そのWIMA日本代表の方よりコメントを頂きましたので

ちょっとその団体の事を紹介させていただきますネ

Women’s International Motorcycle Association(WIMA:国際女性ライダー連盟)は、女性ライダーの親善・交流・進歩を目的としたグループで、1950年に設立され、今では世界25カ国に支部があります。
日本支部も日本各地に会員がいるので、全員が顔を会わせることは難しいのですが、国内・海外を問わず、インターネットを通じてつながっています。「英語ができない」という心配は無用です。英語ができない外国人メンバーもたくさんいますが、バイクと笑顔がWIMAの共通語です。インターネットでは翻訳機能も活用できます。
「百聞は一見にしかず」です。WIMAのメンバーになって世界中の女性ライダーとお友達になってみませんか?

WIMA日本支部代表より

WIMAのHP:http://www.wima.gr.jp/

 

 

女性だけが入会できる世界規模の団体

パートナーが居なくなったらバイクを下りてしまうのではなく

例えひとりになったとしても

愛するオートバイに安心して乗り続けられる

女性特有の悩みや情報交換をしあえる仲間作り

それがWIMAって事だと理解している

正直私もこういった団体に入りたいけど

性別が男なので諦めるしかほかない


写真はWIMA:HPより

年1回(正式開催)計画されている国際ラリーは

基本ヨーロッパ開催とされているらしいのですが

ホスト国のスタッフがそのラリー(ミーティング)全体を首謀し

各国そして同国の見知らぬライダー同士の親睦を深める

とっても素敵なことですね・・・

 

 

私もライダーハウスというモノを立ち上げた理由のひとつに

そんなサポートができないものか と常に思ってきた

女性ライダーの地位向上と言ってよいのやら

気軽にソロツーリングができる日本

そして女性一人でも気楽に泊まれる宿

でもライハは敷居が高い?!

そういった不安を払拭できる宿作りと

ライハって使い方によっては便利だと知って欲しいのです

 

目指す宿作りの半分程までは辿り着いた気がしますけど

やっぱり「宿」とはホスピタリティーなんだと思う

当然迎える側の私達もそうですが

ご利用頂く側のライダーさんにも私はそれは望みます

時にお客様を選ぶ事だって必要なんでしょうね

そうして皆でR66を創っていけたらイイナと思います

 

今日はちょいと真面目な話と

WIMAの紹介でした

少しでも興味を感じたら うぃま(WIMA)をクリックしてはいかが♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>