私を万座に連れてって・・

 

ヤマボクスノーアカデミー教師によるツアースキー

先日無事?!行ってまいりました

初日のツアー参加者は8名

マイクロバスで志賀高原横手山スキー場まで運んでもらい

リフト2本で山頂へ

まあ 素晴らしい天気に恵まれ

志賀高原を代表する絶景に出迎えられた

 

日本No1高所のパン屋さんで少し早い昼食

ビーフストロガノフ&パンと洒落てみる

渋峠スキー場側へ滑り降り ツアー届けを提出する

国道の建造物で夏の風景が想像できる

 

 

 

3月13日 12:30 気温-3~4℃と今日は暖かい

群馬県側へ数百メートル行った場所が日本国道最高地点だ

スキーなので国道から反れ右側の稜線をハイクアップする

目指すは高山村の最も高い山”池ノ塔山”

笹薮で夏場は決して登れない山である

雪があるおかげで冬は簡単に山頂まで登る事ができる

 

 

 

次に目指すは”山田峠”

皆さん夏場に石作りの非難小屋がある場所分りますか?

R292志賀草津道路中ハイテンションになる場所です

 

 

空模様が一変し小雪が降り視界が無くなってきましたが

ここからは大きく国道を離れ 通称:坊主山の山頂を目指します

その先が映画「私をスキーに連れてって」のあの撮影場所です

↓ 冬の白根山

 

注意深く「万座ツアーNo○○」という古い看板を探しながら進む

ここまで来れば万座スキー場の音楽や放送が聞こえる

皆 思い思いにコースを見つけホテルを目指す

予定どうり16:00 万座高原ホテルに到着

 

 

 

 

2日目

天気はかるーく小雪が舞い 薄曇りの空

ちょっとガッカリしながら朝食バイキングのおかずを取り寄せる

晴れないかなぁ~と祈るも 回復しそうでしてこない

リフト事務所にツアー計画書を提出し

同業者同士軽く雑談をする

 

今日は昨日の2倍ほどの移動距離となる

目指すは冬の毛無峠

しかし未だコースを決めかねている

天候等で短い七味温泉ルートも選択肢にある

 

山頂で再度全員でルートを確認していると

万座スキー場のパトロールが笑顔で寄って来た

「毛無峠へ行くんですか♪」と

彼も先日 毛無峠まで往復して来たと言う

「こっから、ここまでの距離が地味に長いですよ~」

とアドバイスを交え情報交換タイム

「今日の出番は、山好き二人居ますから、なんかあったら救助に呼んで」

と冗談をいい見送ってくれる

なかなかの好青年だった(^^♪

 

スキー場を外れてからは皆さんご存知の上信スカイライン沿いを行く

地味に緩やかな登りがひたすらつづく

一時間ほど歩いただろうか・・

万座峠(林道 山田入り線の上部入り口)に到着

 

 

 

休憩をはさみ さらに先へと進む

数十分ほど行くと通称:吹き上げと言われる場所に到着

ここで昼食を摂りながらルートの最終決定を皆で相談

全員一致で毛無峠は断念し七味温泉ルートに変更とした

 

 

 

時間・体力・そして一番は天候によるところが大きい

頑張った先にある あの絶景が期待できないからだ!

ところが・・ この後がまずかった

来た道を一旦 万座峠まで戻るべきだったが

この崖崩れ防止の堰堤を下る作戦が大冒険になってしまった

待ち受ける急傾斜

追い討ちをかける様に全面結氷した斜面

雪が積もらない岩場・・

夏場も常に強風が吹いている場所

当然冬季だって強風が絶えず吹いている訳だ

正直 何度か恐怖を感じる場面もあったが

リーダーとして全員の安全を最優先に考え何とか攻略

 

 

この先は林道沿いにのんびり下り降りるだけ

あっという間にゴールの七味温泉に到着

次回 必ず毛無峠ルートをリベンジします

大自然を堪能した2日でした

スキーは楽しい

ツアースキーは何倍も楽しいよ (^^)v