2016北海道ツーリング vol4

7月7日(木)

まだまだ この時期の富良野は寒かった

夜中に凍えそうになり目が覚めてから寝付けず

震えながら朝になるのを待ち続けた

完全な寝不足だ・・・

 

 

天気の具合で一日早送りでルートを進めることにする

なので今日は幌加温泉に泊ろうと思う

ここの女将さんは耳が不自由なので筆談での会話

よって予約はすべてFAXとなる

 

ひつじの丘から幌加温泉 鹿の谷へFAXを入れる

多分予約が取れたと勝手に思う

ダメなら帯広まで下りてRHっていう手がある

 

昨夜のキャンプ友と再会を願い早い旅立ちをする

時間帯が早いこんな時は吹上温泉に入るまたとないチャンスだ

心地いい風とワインディングを軽快に走っていると

突然カーブの出口に看板を発見

予期せぬ場所だったのでUターンをして戻る

あぶない! 通り過ぎるところだったよ・・

 

ドラマで見た湯船に先客1名(男性)

先程まで年配の男性同士で「水をうめるな!」 「熱すぎる!!」

と口げんかしていた様子

いい時に来たね・・ と

そして上段の湯船は熱すぎる! との助言を言われるが

なーんだ大したこと無い(^^)v

 

ロケーションは最高だ

泉質はフツー でもさっぱりできたよ(^^)♪

そうだ mont-bell 大雪山東川店で小原氏の写真展をやっているはず

サクッとナビをセットして向かうとする

 

さすが素晴らしいカットばかり展示してある

構図といい 自然が魅せる一瞬の色彩・・ いつか俺も奇跡の一枚を撮るぞー

 

本日のメインイベント

目指すは前方カムイミンダラ(神々の遊ぶ庭)

登山の代わりに大雪山 旭岳ロープウェイ(往復2,900円)を使い周遊コースを歩く

 

しかしライディングパンツは最高に歩きづらい

およそ1時間の散歩で汗びっしょりだよ

朝風呂で着替えをしてなかったら誰も近づけないだろう(ーー;)

しかしこの山 本当にココから1時間半で登っちゃうのだろうか?

 

 

そういえば朝から食物は口にしていなかったよ

吸い寄せられる様に「みそラーメン」の暖簾をくぐる

「みそラーメンのよし乃 上川店」  イイじゃない普通に美味い(^^)

宿の予約が取れているか分らないので先を急ぐとする

大雪山の西側から東側 直線距離にしたら大した事ないのだけれど

この国立公園の面積は神奈川県の面積とほぼ一緒だと聞いている

なのでぐるーっと150kmほど迂回しなければならない

旭川市をかすめ層雲峡へ そして大雪湖 三国峠へと

景色 コーナー 走行ペース どれも超一級絶景ルートだと思っている

それに加え今日は雲ひとつ無い快晴&20℃前後

皆さんにお見せしたいと思ったが

この間の写真が一枚も撮っていなかったのでご勘弁を m(__)m

 

 

2年続けての「幌加温泉 鹿の谷」

今年はキタキツネの親子が出迎えてくれた

おそらく生まれたばかりの なまら可愛い赤ちゃんキツネ達

 

筆談で『今日予約した小林です』と告げると

「お待ちしておりました。こちらです・・」と部屋へ案内される

満室なので角部屋へ通されるが 申し訳なさそうにしている

とうでもない! こちらこそラッキーだったです

 

 

やっぱりイイ湯である

正統派 ひなびた温泉ベスト10に位置付けよう★★★

TVもネットも携帯電話の電波すら入らない

だけど機器類の充電はできる

それだけでいい

極上湯に入り しんみり飲んで そして寝るのみ

質素なツマミと焼酎がある

自分のゴミは自分で持ち帰る お客達で支えてあげないと運営できない宿

そんな心ある温泉好きが集まる場所

 

<さらっと鹿の谷の紹介>

写真(下)が内湯

左から「ナトリゥーム泉」「鉄鉱泉」「カルシューム泉」の湯船

奥のドアの先にある露天風呂は「硫黄泉」と計4種類

ひとつのお宿で4つの源泉を横移動だけで楽しめるって訳です

すごいと思いませんか!

女将さん 元気で一年でも長く営業してくださいよね

できれば北海道遺産に認定され永く維持して欲しいと願うばかり・・・