超格差社会

今日はちょっと愚痴ります

写真も少なく長文です

誤解を恐れず思いの丈を自由に書きます

文中不適切な言い方があるかも知れません きっと不愉快になります

なので楽しい文を期待している方はスルーしてください。。

 

 

 

現代ビジネス 経済の死角 (2016.6.13より)

『超格差社会』 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48872

すごいですね~

年俸以外に株の配当だけでこんなにお金が入ってくるんですね

しかもその企業の業績が良ければ毎年手にする事ができる

こんな現実を知ってしまえば 働くのが嫌になってしまいそうだ

 

記事によれば

この富裕層が年々資産を増やしているそうだ

国民総資産の数値が上がる事はとってもいいんだけど

その中身は 彼ら富裕層の資産が数字を押し上げている訳で

我々庶民の生活は年々厳しくなっている様な気がする

政府が言っている国民皆が同じ様に豊かな生活を・・

そんなこと本当に期待していいの?

 

世の中は わずかな富裕層がいて 平民がいて 貧困層とで成り立っている

しかし多くの庶民は平均より少し上を求め またそうだと勘違いしている

富裕層のセレブ達ってやっぱり住む世界が違い

それに伴い豊かな生活をおくる事ができる

 

 

こんなちっぽけな山田温泉でさえ高級旅館のご子息様と我家とでは違う

だから生活だって違う! それが当然だと幼い頃から親に教えられてきた

 

巷で私の事を 事業に成功し豊かな生活をしている様に勘違いされている様だけど

多分それは生活に時間的な余裕が生まれ

それに伴い心にも余裕ができ 表情に表れそう映るのだろう

豊かな生活を期待するより

隣の家とうちは違う「下流生活者」だと腹をくくって仕舞えば

恥ずかしい事もないし気持ちが楽になる

 

 

No1になんかならなくてもいい

でも一番を目指さないといけない事もある

民主党政権時代

私ら凡人は一斉に自民党に背を向け 新しい日本を作ってくれると期待したはずだ

でも実際はどうだった? メッキはすぐに剥がれボロボロと崩壊していった

あの時 画期的だと思われた行政刷新会議の事業仕分けがTVショウの様に放送され

私達は「こんな無駄な事に税金を使っていたのかぁ」と怒りを覚えたはず

 

「いいぞ民主党」と多くの国民が思っていたに違いない

当時は研究費の削減も検討され 神岡のスーパーカミオカンデの施設もそう

スーパーコンピューターや大規模堤防・ダムの建設・・・etc

No1を狙わないと2番もないのです!

毎年ノーベル賞の受賞者に日本人の名があがれば手放しで喜ぶ

そして手のひらを返したように地道な努力の成果だと褒め称える

要はどこどこの政党が悪いのではなく

マスコミに踊らされている私ら国民の勉強不足がいけないのであって

輪をかけそれを誰かのせいにして納得しようとする無責任さにそろそろ気がつこうよ

世の中には いつも どこにも評論家がいて

自分の事を棚に上げ 他人のマイナス部分だけを誇張して話す人

そういう人周りに沢山いやしませんか!?

 

 

ついでに自動車保険の話をしたいと思う

当宿は平日にお泊り頂くライダーさんは少ない

そんな中のひとりに 新潟県の佐藤さんがいる

ほぼ日曜泊りのパターンなので行き会った方は少ないはず

彼とはバイク全般~ツーリングネタ・グッズや自動車etc多分野の話になる

先日は保険の事について語り合った・・・

他車運転特約の話は先日しましたが

必ず「他人名義の自動車(二輪も)で且つ同居家族は除く」とある

結論から言うと

自分の所有している自動車毎・バイクの台数毎に保険を掛けろって事

それっておかしくないですか!?

 

乗るのは自分一人なのだから 自動車を運転している時はバイクに乗ってない訳で

四輪より二輪の方が怪我や事故に合う確立は高い

だから二輪の保険代は高くなって当然だと思うし納得できる

「リスクに伴う保険料」ってのは理解できる by佐藤

俺もそう思う

で なぜ台数毎に加入しないとダメなのだろうか?

自分名義の乗り物全部を一括で掛けられるメニューもあっていいと思う

極論だけど免許証に掛けれる保険メニューがあっても・・

 

現在は複数台割引があるけど たかが3%程度の割引である

彼は某保険会社に問い合わせの電話を入れた

すると新商品の発売には金融庁の許可が必要だという回答

そして金融庁にも苦情(意見)の電話をしたらしい

色々できない理由をのらりくらり・・ 話題をすり替える様な状況だったと・・

ここにも癒着?の構図が見え隠れする

 

推測するに自動車が普及する以前の日本

自動車が地元の名君しか所有できなかった時代

それを借りて乗るのが当たり前で

現在の様に個人が複数台所有する事なんか想定外だったのだろうか!?

保険会社が儲かっても世の中まったく潤わない

この保険料の負担のお陰で複数台所有する事を躊躇ってしまう訳で

この負担が減れば もう一台買おうと思える様になる

結果 世の中のお金がもっと回り出すんじゃないのかなぁ(希望的観測)

 

 

昨年20,000円台だった株価も 今は16,000円あたりをフラフラ

平たくいえば経済が20%down していると数字が示している

去年より不景気だという事です

節約しましょうってはなしだ

例えば北海道ツーリングの予算¥10,000/日 ⇒ ¥8,000/日に抑える

そうなってしまう (ーー;)

毛蟹やタラバカニ・うに丼やイクラ丼 ジンギスカンに焼肉&BEER

こればかりは節約したくないので宿泊費かガソリン代の節約になろうか!?

でもこの日の為に頑張っていると言って良いほどのイベントだ

今年は事前準備と計画をしっかり立ててみようと思う

 

「超格差社会」に異論反論は沢山あるでしょうが 私の愚痴だと思ってください

最後まで読んで頂きありがとうございます

毒を吐きスッキリしたので今日はこのへんで・・・

 

最後にこの曲でお別れです「365日の紙飛行機」 ♪♪

決してAKBファンではないけど しっかり聴いてみるといい歌だよね コレ

どんなに頑張ってもセレブにはなれないのだから・・・ 貧乏だって人生は十分楽しいよ