2016紀伊半島ツーリング<後編>

朝陽が眩しい

テントが陽を浴び室内の温度も上昇をつづけ自然と目が覚める

 

朝焼けの橋杭岩を写真におさめたかったが

それには起きるのが少し遅かった・・・

サクッとキャンプ道具をパッキングして出発の準備

きっちり収まっていた道具が綺麗にパニアケースに入らない

なぜだかいつもこうなる これもキャンプツーの楽しいところ

 

そんな事よりスッキリ晴れ渡ったピーカンの空

連泊仲間に別れを告げエンジンに火を入れる

「また何処かで会いましょう いい旅を・・・♪」

 

行き先を決めかねていたので ウォームアップを兼ねて大島ループ橋を

そして二度と来る事がないであろう 逆光に輝く橋杭岩を再来

 

 

今日は紀伊半島の西側(白浜)を北上する

昨日通った道とかぶらない様に海岸線を走る

太陽の当たり方なのか? 思っていたほど南紀白浜の海岸線は平凡だった

 

和歌山と言えば「和歌山ラーメン」を食べなければいけない

感を頼りに市内の良さげな店に入る

醤油豚骨スープにストレート麺 その上に青ネギがのる

でもちょっと多過ぎやしませんか ^^;

 

 

店内が混んできたのでルート計画を中断しとりあえずフェリーターミナルへ向かう

出航まで1時間弱 手続きを済ませこの先の進路を考えるが

小さいと思ってた四国は 実際は広く見所豊富なエリア

「どうしよう」

愛知県伊良湖からのCB750ライダーが声を掛けてきた

『随分遠くから来たんですねー』

今朝出発し高松の後輩と一杯して 明日帰るのだと言う・・

話しが上手い明るく楽しいライダーさんだ♪

下船まで2時間 じっくり計画を練る

絶対帰らなきゃいけない23日(土)までの間に唯一明日が雨予報

それが最新情報で明後日にずれ込む予報へと変わっている

四国で1泊 舞鶴周辺で1泊 そう計画を変更した

 

 

 

閉館時刻少し前に「阿波おどり会館」に到着

私はこの阿波踊りが好きなのだ♪♪

女性の手つきも綺麗なのだけれど 出した足を少し引いて着地させる動き

これが妙に艶っぽく ”一瞬にして恋に落ちそうな魔力 ” がある

いつか本番のお祭りを観てみたい そう決めた!

 

 

今宵はホテル泊 ベッドにふかふかの布団で寝れる

蚊に刺される心配は多分無いであろう

「布団の上で寝る」 それが今日の希望だった

 

伸びきった髭を剃り 洗髪をしたサラサラ髪にテンションがあがる

落ちた体力補給はやっぱり肉だよね!

随分遠くまで来たもんだなぁ  おやすみなさい zzz

 

 

 

 

今朝も晴天 徳島市内は通勤者で混雑している

ドイツ好きでクラシック好き なので「ドイツ館」は外せない

映画「バルトの楽園」の舞台となった場所

そしてココはベートーヴェンの交響曲No9アジア初演の地

ステキです 鳴門市!

 

 

素敵ついでに鳴門大橋をじっくり見学

以前訪れた時は台風の真っ只中 そんな余裕も無く素通りした地

今回はゆっくり観光させて頂きま~す

 

 

兵庫県道66号線 京都府道66号線 順調に踏破

今回のミッション完了

 

 

しかし明石大橋からみえる神戸の街は素敵だった

「緑の多い右手の山の辺りが芦屋なのかなぁ」と思ったり・・・

 

 

最終日の宿は「天橋立ユースホステル」

イタリア人男性3名とアメリカ人女性と私

完全にアウェイ状態

特に会話も無く自分の時間を過ごす ちょっと寂しい (~~;)

 

早く寝たせいか6時前に起床

真っ先に空を見ると まだ薄雲だけど怪しい空模様

8時の朝食をキャンセルする為 置手紙を残し静かな館内を発つ

ひたすら高速道路をつないで日本海側を走り続け

雨に追いつかれた頃に自宅に到着

合羽を着ることなく滑り込みセーフだった  ピース(^^)v

最大のミッション「元気で無事に帰宅」  END

 

九州地方が地震被害で大変な時節、不謹慎にも遊んでいる自分を反省しながらの旅でした。亡くなられた方のご冥福と被災された方々の早い復興をお祈り申し上げます。