やっぱり温泉が一番

軽井沢でのスキーバス事故で多くの若者が亡くなられた

報道によると将来有望な学生が多かったようだ

仲間と一緒に楽しみにしていたスキーツアー中での事故

さっきまで楽しく会話していた隣の友人が帰らぬ人に・・

不幸中の幸いだったと 単純には喜べないであろう

九死に一生を得た分

そして帰らぬ友人の分まで幸せになって欲しいと願う

亡くなられた犠牲者の方の冥福をお祈り申し上げます

 

 

 

 

待ちに待った待望の大雪がやっと降りました

しかし「上雪」という形で 必要の無い地域にも

男でもこの除雪作業は本当に骨が折れる

ゲレンデにだけ雪が降って欲しいと都合よく願ってしまう

 

この「上雪(かみゆき)」って方言のようなのでちょいと説明

信州では普通に使われている言葉で TVニュースでも用いられている

信州は広く大きい

長野から北エリアを北信 上田・佐久・軽井沢周辺を東信

松本・諏訪周辺を中信 伊那・飯田・木曽周辺を南信と区分けしている

ここまではライダーの皆さんは勉強できていると思いますが

長野県を北から三分割にした言い方もあります

ざっくり長野市と大町市あたりを結んだ線より上が北部

そこから諏訪湖あたりまでを中部

その下の伊那 飯田 木曽周辺を南部と呼んでいる

 

冬 この北部には当たり前のように雪が降り多くのスキー場がある

しかし中部になると積雪量が100cmなんて事はなく

南部ともなると雪は降るけど積もる事は稀だったりする

典型的な西高東低の気圧配置の場合この様な状態になる

しかし今回のように 普段積もらない中南部にも多くの積雪があった場合

なぜか「上雪」と信州では言っている

( ライダー諸君 ここテストに出ます!)  ^^;

 

 

本来 必要の無いエリアに降った雪は もったいない気がするんだけど

贅沢は言っていられない やっぱり恵みの雪に違いは無い

これで暫くはスキー場も安泰となったよ (^^)v

 

今日まで雪が少なくともスキー学校に詰め

ガラガラの日もあれば 団体で賑わう日もある

 

 

1日の指導を終え山田温泉の湯に浸かり 長野市の夜景を見ながら帰る

そんなルーティーンの日々

サラリーマン時代決して味わえなかった充実感があり

起業してよかったなぁ~って思える毎日なのだ

 

何度も言うけど

「懐は貧乏になったけど、心は豊かになった」そういえる

今月 誕生日がきたら50歳

務めていれば後10年で定年を迎える

どっちが幸せだったかなんて比べても無意味な訳で

自分が決めた人生 弱音や言い訳なんて言いたくないし

これで良かったと思っている

 

さーてと 明日も元気に ” Let’s ski ”

 

2 thoughts on “やっぱり温泉が一番

  1. りくpapa on said:

    先生の生き方に共感し、実践している先生がうらやましいです!
    ブログいつも拝見してます
    今年もよろしくお願いします

    • りくpapaさん、ご無沙汰しています。
      りく君スキー頑張ってますか! 新しい環境に入り、新しい事に挑戦している彼を、かげながら応援しております。

      こちらこそよろしくお願い致します (^_-)

この記事へのコメントは終了.