「馬で来て、下駄で帰る」

十和田八幡平国立公園にある後生掛温泉

秋田県と岩手県境に位置し標高は1,000m 山田温泉より100m高い温泉場

八幡平といえばメジャーな温泉地が点在しているエリア

少し足を伸ばせば玉川温泉や新玉川温泉 藤七温泉 安比温泉等々ある

この辺りは秋田県と岩手県との県境なので

ちゃんと調べないと この温泉はどの県に位置しているか混乱している

私は八幡平エリアと勝手に使っているのだが・・・

 

 

日よりライダーハウスの手伝いを愚痴ひとつ言わず

平日は正社員で働きながら 週末は手伝いに来てくれている

本来体調は良くないというのか?! 丈夫な体ではないのだけれど

「息抜きにもなるから・・」と言ってくれている

 

昨年は銀婚式も兼ね法師温泉をプレゼントしたのだが

そして今年 「今年はどこ連れてってくれるの!」と先手を打たれる

しかもシーズン途中から頻繁に話を振ってくる

そのくらいは仕方ないか・・ そんな気分になってしまう

 

そんな訳で今年もご褒美温泉旅行へと行ってきた

場所選定の提案すると 二つ返事でOKとなったのだが

彼女には日本地図とか距離感が備わっていない人種のようで

急に工程に対する不満を言い出す始末 (ーー;)

紆余曲折あったが せっかく予約が取れた後生掛温泉へ向かう事に

 

この温泉の泉質の良さは前から知ってはいたが

おいそれと行ける距離でもないし 北海道へのルートとも反れていたり

近くまでは行くのだが寄れずじまいの湯となっていた

そして今回 自分の我を通すかたちで後生掛温泉旅行となった

今回バイクは無理なので 燃費のいい嫁さんのTOYOTAアクアで出発

丸一日どこも寄らず ひたすら走り続け夕方無事到着

12時間ほど掛かった計算になる やっぱり遠かった ^^;

自動車という乗り物は快適なんだろうが 退屈で面白味に欠けるモノで

俺はやっぱりオートバイの方が好きである!

 

今回の予約内容は[湯治部・素泊り・オンドル個室・朝食付き]

私が次回 目指している宿形態そのものである

受付を済ませ早速風呂へ向かう

秋田の名湯 後生掛の湯は如何に・・

 

なんとも肌にやさしい湯ざわり そして趣のある湯場

やっぱり ”木” がいいよねー

 

湯上りは持ち込んだ酒とツマミ・・  もう最高 ♪ ♪

オンドル部屋なので尻が火傷しそうに熱い

借りた敷き布団を折り曲げ その上に座ると丁度いい

案の定この暑さのお陰で一晩中寝付くことが出来なかった・・

出発前に3度目の湯に浸かり 後生掛温泉を後にする

ランチは盛岡冷麺に決定

店探しとナビは助手席にお願いし スムーズに席に着いた

迷わず冷麺を二つ注文

さすが本場でございます 参りました

ここは地元でも人気店の様で店を出る頃は行列ができていた

焼肉・冷麺「髭」の看板メニュー 盛岡冷麺

 

 

ただ高速を走って帰るのもつまらないので

宮城の今の旬 ご当地グルメ「はらこ飯」も食べようではないか!

そしてちょっとした鮮魚センター的な場所に寄る

うん これも旨い !(^^)!

いいじゃない はらこ飯

 

ドタバタ旅行だったが名湯or東北の旬も堪能する事ができた旅行になった

所持金は綺麗に無くなってしまったが

また来年も 文句言わずお手伝いしてくれる事でしょう

 

しかしアクアの燃費はバイクよりいいよ おそらく24km/L くらいですね

急発進など一気に加速する事はNGだろうけど

高速道路は飛ばすとかえって燃費が悪い感じで 法廷速度程度がGoodです

バイクもいつかハイブリットになっちゃうんですかねぇ~

 

こうして嫁さん孝行も終え 今年の行事はすべて終了

これでスキーに専念できるはずなのだが 雪が・・・