「北の国から」続き

「北の国から」シリーズ24話まで見終わり

今は「’83冬」~ ドラマスペシャルへ突入

 

前回触れなかったけど 当時好きになれなかった理由に

幼馴染の女の子の 一言が関係している

それは「マサヒロって、純にそっくりだね」そう言うんだ

当時は高校生だぜ

多感な年頃で オートバイを乗り回しているヤンチャな時に・・

 

しつこく 50歳になる今でも言うんだ

「小さい頃のマサヒロは純そっくりだった」

くどいんだってば・・

切れ長の一重まぶた 少しも格好良くない顔立ち

あなたは地味な顔だ! そう言われている様にしか受け取れない訳で

でも どこか自分でも認めてはいた

 

なので余計このドラマを避けてきたのだった

しかし今回 理屈抜きでいいドラマなのはよーく判った

 

後半の出来事でUFO事件がある

実は俺も何度かこの未確認飛行物体を見ているのだ!

人に話しても理解しがたいので 他言はしないけれど

結構程近い空間に彷徨い そして一瞬にして移動し消えた

その時は怖くて人に話せなかったと言うのが本音で

見てはいけないモノを 見てしまったという感じだった

 

 

 

さてドラマは子供達がどんどん成長し 大人の階段をしっかり登っていく

そしてその年頃に経験・苦悩する事件がおこる・・・

うーん どんどんハマっていく

俺の奥底にある魂が揺さぶられ

気がつけば 涙がこぼれている

 

梅雨模様のハッキリしない日々

また 皆さんも観直してはいかがでしょう (^^♪