走り納めツーリング 絵日記風に・・・

2012最後のツーリングは朝から晴天に恵まれる

初冠雪をした裏山を背に もう最後なんだと実感

30分も走ると 身を切るような寒さで震えてくる

 

高速にのると一層寒さが倍増する

でも心は裏腹だ

ボクサーツインエンジンの鼓動が心地いい

 

上信越道から関越道 そして北関東道を抜け東北道へ

最近のお気に入り「甲斐バンド」の曲がマッチする

 

 

東北地方を計画したのは震災復興支援

そんな大それた事ではなく

ただ 東北は好きな場所というだけ

 

寄っておきたい場所は盛り沢山

でも時間を気にしながらの旅は好きでない

 

 

宮城・仙台ナンバーの四輪は雑な運転で走りづらい

もらい事故に注意をはらいながら

快適なポジションを見つける

走りなれたライダーは そんな勘を備えているもんだ

 

 

やはり塩釜水産物仲卸市場の営業時間には間に合わなかった

これも想定内

冷え切った身体を風呂で温め

夕暮れの 寿司の街塩釜を散策

 

 

目的の「亀喜寿司」の暖簾をくぐる

思っていた通りの雰囲気だ

お勘定は お札大一枚を使おうときめている

なので我儘を言い カウンターに席を用意していただく

 

板さんとの会話も楽しみのひとつ

生ビールが出てくるまでは 板さんとの打ち合わせ時間

ここでしか食べれない魚介類の盛り合わせを注文

 

「写真撮ってもいいですか?」

たくさん撮って宣伝してください と優しい笑顔がかえってきた

 

間違いない一品ぞろい

 

メバチマグロ 中トロ(東モノ) 最高の味 ★★★★★

 

お酒をオススメの冷酒「一の蔵」に

あわびの刺身

口の外まで響く コリコリとした食感  最高に美味い★★★

 

ニシン刺し

鮮度が命  醤油もはじく脂の乗り   しっかり鰊の味だ★★★

 

閖上の赤貝刺身

これぞ日本一の赤貝 絶品  ★★★

ぶどうエビ、深海魚、エンガワetc すべてが美味い

 

冷酒をおかわりし 違うネタの刺身盛り合わせをリクエスト

 

 

食べ比べに 本マグロ(中トロ)の刺身を入れてある

まったくニクい演出だ

 

美味いはず だけどそうは思えない(>_<)

それだけメバチマグロ(東モノ)は こだわりを持った最高級なんだ!

 

煮穴子海苔巻、サンマ刺し、ホッキ貝etc 大満足 ★★★

 

会話も心地よく

再来をしなければいけないお店が またひとつ増えてしまった

以前にもまして 塩釜は記憶に残る好きな街だ

疲れた体とともに睡魔が・・ 

 

 

2日目
まぶしい陽で目覚める

屋内駐車場では 貫録ある出で立ちで冒険号が待っている

いつものルーティンで火を入れる

図太いエンジン音がなんとも頼もしい

 

今日は目的満載の一日

どこから どう攻略しようか

 

 
仙台・牛タン炭焼利久は 今日まで牛たん祭り

お得なランチメニューもあったが

スタンダードな牛タン(極)定食をチョイス

こんな贅沢していいのだろうか ちょっと気が引ける

 

地図に目を向け 時計をみる

定義山は次回の宿題に取っておこう

会津若松に向けヘルメットをかぶる

 

 

現在無料開放している

磐梯吾妻スカイライン 磐梯吾妻レイクライン 磐梯山ゴールドライン

前回とは逆ルートで走ると 景色が違って見える

 
古い記憶が所々でよみがえる

以前とは違うオートバイ

多少の感傷的な気持ちと 気温3℃で悲しさが募る

ライダー誰しも抱いている感情だと思う

ただ心は豊かだ

R292志賀草津道路と重なるこの景色

爽快なのだ

 

いつもなら四輪の後ろでイライラするが

この寒さだから景色を楽しみながらゆっくり走れる

 

 

とは言うものの

やっぱり体が冷え切った

温泉の二文字が頭から離れないでいる

思考回路をめぐらし ひとつの温泉宿が浮かぶ

 

横向温泉 中の湯旅館

ネットで見る限り 鄙びた感がいい味をだしている温泉だった

 

この日はあいにく ぬるい泉温だという

自然あいてだから仕方ない

 

 

今宵は会津若松で宿をとる事にする

 

 

郷土料理を出す 地元で人気の居酒屋に落ち着く

ココは馬刺しで有名なのだ

霜降りは入荷していなく さくら肉ロース刺し

 

さくら肉レバー刺し

 

定義山の三角油揚げのかわりに 厚揚げも追加してみる

 

お酒は 焼酎のお湯割りをいただく

今日は、道・風景・温泉・食 充実した一日だったな~

 

明日は喜多方ラーメン三昧だな

 

 

3日目
喜多方市は 蔵とラーメンの街

朝7:00からオープンしている店もある

朝食にラーメンとは経験が無い

「郷に入っては郷に従え」

 

今回の訪問で5度目になる麺の街

いつも行列で断念する「坂内食堂」

確かに美味い

あっさり しっかりとした 喜多方ラーメンの本流的存在の一杯だ

 

 

この際もう一軒 はしごしよう

「あべ食堂」

 

ここでも普通の 中華そばを注文

 

麺は先ほどと一緒? ただ醤油味ベースのあっさり系

朝からラーメン しかも二杯とはどうなんだろう・・

 

 

今回の旅の目的は ほぼ達成できた (^^)

 

 

さぁ~てと 自宅に帰るとするか・・

 

幹線道路から少し外れると 農道的な空いている道から

雪を抱いた飯豊山を望む

 

 

先日復旧したR252をベースに 一路信州を目指す

 

西会津-奥会津の終わりかけの紅葉の中

相変わらず好き相棒が 旅の絶対条件120%安全運転を助けてくれる

すれ違うバイクも極端に少なく

シーズン終了を感じてしまう

 

おやっ

気になる温泉の看板だ

Uターンして寄り道をする

 

湯倉温泉

一軒宿の鶴亀荘と共同浴場が並んである小さな温泉

思った通り 鉄分の多い茶系泉質

いい湯だ

なかなかイイ嗅覚があるなー と自己満足しながら浸る

この一枚でカメラのバッテリーが終了 (-_-;)

 
夜19:00 無事到着

春までの格納庫でエンジンを止めた

 

2012年 総走行距離 約5,900km

BMW R1200GS adventure 冬眠  寂しくてしかたない

 

 
鬼が笑うけど 来年の計画は決めている

6~7月ふたたび北の大地へ

塩釜で一泊 青森から函館に渡る(*^_^*)

 

明日からまた 稼がなくっちゃ・・・