別格20お遍路の旅 ④

4月17日(火)
第5番 大善寺(高知県須崎市)

第6番 龍光院(愛媛県宇和島市)

第8番 十夜ヶ橋(愛媛県大洲市)

 

やっぱり寝床は重要ですね

それなりのホテルのベッドは寝心地もよく

随分疲労回復したように感じる

朝一番 まずは竜馬に会いに桂浜へ行き

近くの札所を巡拝した後

いよいよ昨日予約を入れた店

須崎市「いせえび料理 中平」へと向かう

今回のツーリング中

突然現れたスーパールーキーで

岡山の居酒屋で教えられてから

ずーっと気になって仕方なかった店

そこのマスター曰く

『日によって料金が変動するけど

一人8,000円のランチは高い

でも伊勢えび料理でアレは絶対に安い』

といい

マスターも年1回は通っていると話す

 

予約時間の40分前に到着

辺りをふらつき それでもかなり早く入店

嫌な顔ひとつ見せず

とびっきりの笑顔で個室に案内された

 

尻尾の部分は刺身

胴体の部分は半分に割り鍋へ

そして最後に雑炊のコースとなっている

刺身はコリコリの触感の中に甘みがつまり

鍋に投入された胴体は

あの細い足の部分まで身が詰まってる

身はもちろんプリプリ&ほくほく

感動したのは出汁の効いたスープだ

何なの! こんな美味い汁は初めてだ

それで作るシメの雑炊は不味い訳がない

無我夢中で食べ尽くした

この満腹感と達成感

生まれて初めての贅沢ランチ

最初で最期かも知れない贅沢ランチ

生涯最高の高級ランチかもしれない

お会計は

伊勢海老の大きさによって違う為

今日の私は8,100円(税込み)

清水の舞台から飛び降りて良かったと思った

後悔はない

 

帰り際オーナーさんと話せば

なんとこんな高知県にお住まいなのに

スキーの準指導員を持っていると言う

毎年長野へスキーに訪れており

今年は白馬に来た様子

なんとも四国でスキーの話に出会えるとは以外だった

いせえび料理「中平」
http://www.iseebi.net/index.html

 

1時間半ほどのコース料理を堪能した後は

夜半から雨予報という事もあり

足摺岬は次回の宿題とし

四万十市まで太平洋沿いを南下

そして今度は川沿いをV字に北上

宇和島市を目指す事に決めた

 

高速道路の無料区間を使い

快適&安全に距離を稼いでから

黒潮町の道の駅に寄るが

例の「米飴」は売れ切れていた

さすがTVの影響力は凄いですね

四万十川沿いもこれまた快走路

幾つかの沈下橋に立ち寄りながら

バイクを走らせる

 

ただこの区間は八十八札所が無いのだろうか?

歩きお遍路さんの姿は見かけなかった

 

予想していた以上に早く進めたので

8番札所も行くことにした

ここは今回一番重要な札所で

数珠の親玉を購入できる場所となっている

しかし忘れずに親玉ゲットしたの良いのだけれど

欲張って田舎街まで来てしまったので宿が取れない

様々なサイトも使いながら検索をかける

いわゆる「お遍路宿」はあるけど

私の場合 バイクお遍路なので遠慮する

 

愛媛県内子町 ゲストハウス内子晴れ 4,000円

少々高い出費だったけど

この先のポイントまで走る元気が無かったので

今宵はこちらにお世話になることにした

こじんまりとした街だけど

蔵作りの古い建物が並び

なかなか情緒があるところだ

その中で一見して地元で長く愛されている

そんな雰囲気プンプンのラーメン店へ入る

私の勘は当り

想像以上に餃子も中華そばも旨かった

 

さて巡拝も残り2ヵ所

明日が最後になるだろう

自宅までの距離はざっくり800km超

一日で走れない距離ではない

しかし四国カルストへも行ってみたいし・・

 

明日の行動計画を決めぬまま

身体は睡眠を欲していたので眠落ちした

明日は明日の風が吹く