懲りないヤツ

日本列島全体の気温がぐんと下がり

信州も都内も余り変わらない様だけど

やっぱり山田温泉は寒いです

だけど薪ストーブ君が大活躍してくれてます(^^)v

 

そんな中 シーズン終了を惜しむかのように

見慣れたライダーが突然来てくれたりする

このところの長雨によるキャンセルと

週末ツーリングを控えたのでしょう

土曜日なのに1組2名だけの予約だった

今週は貸切でしっとり飲もうかと思っていた矢先

突然携帯電話が鳴る

『○○です。今日は混んでますか?』

『ガラガラですよ・・』

当日予約は困るんですよねー (笑い)

 

まあそんな常連さんがひとり

そしてまたひとり

そしてついに3名追加となり

まったり楽しい夜会となった

8年やってるけどこんな事は珍しい

土日が雨の週末はこんなだと知ってるんだね~

それにしてもさぁ

ここはライダーハウスですよ

バイクで来ようよ ^_^;

※ 女性陣はノーメイクなので『写さないで』って言ってます

 

 

 

 

さて今日はバカな男の話しです

わたくし

オートバイを買いました

お金が無いのに買いました

どうやって支払いをしたら良いのか

買ってから悩んでます

 

完済期限は来春の3月

一方的に私から出した支払い条件です

それでいいとも言っていなかったかも知れないけど

何卒お願いいたします m(__)m

こんな事いえるのは親友だからでしょうか!?

 

彼がそのバイクを手放すというので

こんな俺も悩んで悩んで決めました

見ず知らずの人の手に渡るより

仲間内に置いておきたかった事もあり

ホント悩んだ末の答えが「買い」でした

 

ずーっと憧れていたけれど

絶対に手が届かないと思っていたバイク

それが所有できそうな額となれば

この機会を逃してはいけないと思った訳で

大切に所有していくセカンドバイクとなるでしょう!

 

所有できる興奮と支払への不安

ひとつ手に入れたら

何か諦めよう

私はコレクターではないので

乗ってあげれないのは可哀想なので

出番が減るバイクを手放します

銀ジェベルとハンターCUBを手放す事にした

 

この2台ではとても足りないので

大切にしていたワンラインも手放すことにした

ワンラインとはオーディオ業界で言う

入力から出力までのこと

LPレコードプレーヤー・プリアンプ・パワーアンプ・スピーカ・・

という一連の製品をオークションにかけようと思う

20代の頃から収集してきたモノもあるので

本当に切ないことなんだけれど

もうひとつのラインは残すので断腸の思いで決めた

購入価格ならば車両に整備代金を足しても楽にお釣りがくる

とても古いモノなので期待はしている

1960年代の電気製品を売り

1960年代の工業製品が手に入る

なんとも奇遇な話だけど

クラシック音楽を聴くことと

オートバイに乗ること

どちらも生き甲斐であり

甲乙つけられない趣味なので

行ってこいでバランスとれるなら丁度いい

と勝手に考えてみるが

まだ絵に書いた餅なのでどうなる事らや

あーぁ どうしよう

払えるかなぁ・・・