高山村のリンゴ

北の大地へツーリングされた方

もうPHOTOコンテストに出品すませましたか?

応募締め切りは9月30日ですよ

私の様に毎年忘れてしまわぬよう

今日応募しちゃいましょう ♪

 

方法は簡単下記リンクよりコメントを添えて送るだけです

Touring in HOKKAIDO コンテスト 2017

https://www.hokuren-ss.jp/photo-contest/

 

ちなみに私も久し振りに応募しました

良いヤツが無かったのでこんな感じです

① こいつがあれば寂しくない

 

② 絶対落とさない

 

まぁこんな写真じゃダメなの判っているけど

参加することに意味があるんです ^^;

 

 

 

 

さて もうすぐ信州は収穫の秋です

リンゴも蕎麦も収穫まじかです

 

この時期お百姓さんを悩ませるモノ

それは害獣とされる小鳥

果樹はもちろん 稲なんかも被害にあう

その対策は色々と試行錯誤してきましたが

ここ数年のヒット商品はコレ!!

< 鳥追いカイト鷹 >

 

定価4,000円ほどの商品が大ヒットしている

生産が追いつかない程の販売数を記録している

爆音や高周波の音を出したり

ネットで全体を覆ってみたりと

安くない金額をかけてみるものの大した効果がでず

農園近隣の住民が驚くほどの音も出さず

眺めていても面白いこの商品はありがたい

晴れた秋空に優雅に飛ぶ様は中々いいものです

これで空からの害獣被害が無くなる事を期待する

 

 

そして今年から信州高山産リンゴの販売(仲介)をはじめます

企画段階ですが・・

実は高山村産のリンゴはあまり市場に出回っておりません

出ていたとしても限られたルートでの販売です

または村にあるJA直売所で販売されている位です

 

優れた農家のリンゴはJAに出す事無く

お客様が直接付いており予約で完売している状態

それでも中には面倒なのでJAへ出荷している農家もいる

こんな状況なので

私が厳選したそのリンゴ農家より直接仕入れる

(仕入れは市場へ出す金額より少し高く)

その商品を通常価格並みに発送します

これがひとつの案

 

そしてもうひとつは訳アリ商品の販売

自家用で自分達が食べるだけであれば

多少のキズ林檎であってもいいですよね

その家庭用を安価で販売しようと思います

数に限りがあるので少量しか確保できないと予想されます

以前からこういった事業を手掛けようと思っておりましたが

この秋より試験的に開始します

ゆくゆくは年間契約とし

季節ごとに農産物をお届けする仕組みにします

 

皆さんご存知の通り私の実家は隣の売り酒屋ですが

家内の実家は小さなリンゴ農家だった

義母が高齢となり とうとう今年他人の手に任せてしまった

こういった話は年々多く耳にする

多くの場合は木を切ってワイン葡萄の栽培へと変わっている

そんな現状を目にしながらいつも残念に思っていた

同じ価格なら絶対にここの林檎の方が美味い

実がしまっていて しっかり酸味があり 日持ちする

なので都内の業者は「高山村産」を指定して買い付けている

あまり知られていないんだけれど

実はその業界では有名な話

売り方が下手なのでブランド名を付ける努力もしていない

いったいJAは何をしているんだよ・・・

農家も喜び お客様も喜ぶような

win winの関係を手助けできたらイイなと思う

詳しくはまた案内させて頂きます

 

 

追伸

今回の台風18号で高山村のリンゴ農家さんでは

風によって多くの被害が出てしまいました

私の仲間でも大きな被害にあわれた方がいます

皆さんの中で

キズ林檎でもOKと言う方はご連絡ください

先着順にて確保しておきます!