大人の休日

 

平日のライハは週末とはまた違う顔を見せる

世の中には色々な職業があり

ライダーも様々な職種に就いている

なので休日は暦通りの週末でなかったりする

 

平日のR66はそんなライダー達のオアシス

ストレス社会からの脱出と

非日常を思い思いに過ごす

オトナの時間

その多くのライダーは早めにチェックインを済ませ

オートバイから荷を下ろし

ラフな格好に着替えて温泉へと向かう

大湯前の足湯でBEERを開けるも良し

宿の短編小説を読むも良し

雑和室でごろ寝もいいだろう

私もそういった時間を尊重し距離を取る

 

その平日ライダーさん達の多くは

夜会が密かな楽しみだったりする

今日も明日も明後日も 一人づつの予約の時もあり

1日ずれれば皆で楽しめるのになぁ

と勝手におもったりするが

職種によって休日は大概決まっているので

そう上手くはいかなかったりするもの・・

 

ところが

今日も「お一人様」だと思っていたところに

もう一人ソロライダーさんが居たりする

まぁこんな事はよくある話ですが

それが当宿の企画に参加している者同士って事がある

個人情報なので私からは言いませんが

各々持ち寄ったツマミとお酒での夜会中

ふとそんな話題になり

「えーっ それ私もやってます」

「HNはなんですか?」と

そうなると話題は一気に情報交換モードへ

そして明日の行動・ルートへとなり

帰路の途中にココ行ってみませんか!

という様な話に発展する

私は「こういうルートで、ココへも寄ったらどう」と

食情報等も交えアドバイスをする

「だったら明日 案内してくれないか?」

と当然なっちゃうよね〜

 

その日は特に仕事や予定がなかったので

私も混ざってバイク3台のプチツーリングへ

 

道案内の私が先導 高速道路を4区間ほど走り

「ひなびた温泉」をひとつ・・ ふたつ・・ 入りすすめる

 

温泉巡りをして草笛(そば屋)へと向かった

考えてみると数年ぶりの訪問だ

建物が新しくなってからは初めてである

そのせいか そばの量が減った様な気がする・・・

 

最寄りの高速道路のICへと案内をしてあげ

そこで「お別れ」

 

 

と・・ ある日の出来事はこれだけの話なのだけれど

久しくソロ以外で走った事が無かった俺は

マスツーとまではいかない人数だけれど

数台で走る事の楽しさが蘇った

 

今回はたった3台だけの半日ツー

高速道路での編隊は100m弱って感じだけど

その僅かな時間を走るだけで各々の技量が判る

 

例えば追越し車線へ進路変更する場合

先頭はウィンカーを出すタイミングひとつも気を使う訳で

また初めて一緒に走るメンバーともなると

色々な事に一層気を使う

技量もバイクの性能も異なると

やっぱり戦闘能力ないマシンやライダーにペースを併せる

これがストレスになり

「楽しさ」や「快適さ」とはかけ離れていく

そうして我儘な性格のライダーはソロへと移行する

俺もそのひとりなのかも知れない

但し多くの場合は「休みが合わない」理由の方が多い

 

でもね!

思いが一緒

そこそこバイク歴があり

旅慣れたライダーとなら

これが一変し楽しいツーリングになるんだよねぇ

例えば高速道路を数分走っただけで

先頭の意を汲み取り

私(先頭)がウィンカーを出すと同時か

そのちょっと早いタイミングで追越し車線へと

オートバイを移動してくれる

こんな風にケツ持ちが動いてくれると

次々と追い抜いて行く自動車が過ぎた

その最後尾に先頭の私が遅れて移動をかけ

遅い自動車などをスムーズ且つスマートに

格好良く編隊を崩さずオートバイらしく走れるのだ

 

こういった先頭の思いを予測し

阿吽の呼吸で意思疎通ができる

そんな巧いライダーとの走りは楽で愉しい

 

北信濃のワインディングを強引に抜いていく様な

そんな下手なライダーが先頭を務めるツーリングでは

事故が起きてもおかしくないだろう

こんな光景をよく見掛けるが

怪我をする前にそんなクラブからは脱退を勧める

 

こういった「察する能力」を持つライダーは

普段の会社・職場生活でも仕事ができる

有能な社員なんだと思う

多分これは間違ってはいない!

 

それとついでにもうひとつ

北海道ではすれ違うバイクにピースサインを出し合う

なぜか恥ずかしくなく自然にそうできる

しかし本州ではその習慣は減っている

この文化も復活して欲しいと願うが

自動車が道を譲ってくれたような場合

サッと手を出し

お礼をカッコよくしようじゃないか!

これはライダーのマナーとして

常に習慣付けて欲しいと提案する (^^)v

 

 

 

 

 

さて当宿では無料でCOFFEEを提供している

一番早く起きた方が準備をし

終わったら次の人が またコーヒーを落とす

しかし無料と言ったが最近はそうとも言えない

なぜならば

「これ使ってください」と

バイクの少ないスペースに持参し提供して頂いてます

ホント有難い

そんなライダーからの提供品が増えてきたので

サクッと棚を作ってみた

 

ここの品はそんなライダーさんに感謝しながらお使いください

PS 暫くは足りてますので大丈夫ですよ

 

まぁ暑い日が続いていますが

皆さん生きてますか?

私は山田温泉から下りれずにいますが

そろそろ着替えが無くなったので

1回自宅に戻らざろう得ませんが

天気が続くそんな暇な日には布団干しが向いている

天日干しをした布団はふっくらとしていいもんだ

ただ一度に両方は敷ききれない為

今日は敷布団の日

次回は掛布団と分けて行う事にしている

 

階段を上がった窓を開ければ

そこは実家の屋根だ

こんな好条件も手伝い作業は比較的楽に行える

 

この屋根には学生時代から随分お世話になっている

自動車が無かった我が家は

休みの日と言っても外出する事もできず

自宅で過ごす日が多かった

商売をしているので尚更

他所の家では海へと出掛けたり

街の室内プールへと行っていたようだ

 

そんな気を紛らわす方法として

この屋根に布団を敷き裸になって体を焼いたもんだ

友達に俺も海へ行ったと思わせる

細やかな反抗だったのかも知れない

そんな学生時代の悔しさからか

翼(オートバイ)を持った今

フラフラと旅するのが好きになったのだろう♪

 

また高校からハタチ時分は

戸締りされた玄関からではなく

屋根によじ登って2Fの自分の部屋へと入ったもんだ

この屋根を見る度

そんな昔の想い出に微笑んでしまう

 

photo 暑さにバテる我が家のわんこ ピース

郷土の素朴な味

皆さん集まって何しているんでしょうか?

何か悪さをしているんではなかろうか??

 

 

例年より2週間ほど遅れてシーズンを迎えたネマガリタケも

山に入れば もう一回くらい収穫できそうではあるが

私にとっては重要なお仕事が待っている時なので

今週末は山に行く事は止めた

 

そう 「営業」活動の為 間も無く北海道へ渡るのである

毎年この梅雨時期に1週間ほど宿を休館にしてのロンツー

今年も北海道へ行く事にする

なので怪我(肉離れ)の治り具合を確かめようと

トレーニングの為 海(能生)へ向かった

当然行きも帰りも下道である

インカムの調子や電装の細かなチェックも兼ねて・・

しかし本音は無性に蟹が食べたかったのだった ^^;

 

北陸地方ではズボ蟹と呼ばれる紅ズワイカニ

身がすーっと抜けてしまうのでズボ蟹

ズワイガニと比べてしまえば確かに味は劣る

しかし安価で腹一杯喰えるのは何より魅力で

今回も「いつもの店で、いつもの2、000円分」購入

大変満足♪♪ 美味しくいただきました (^^)v

 

 

 

 

ここ北信エリアの山菜は

雪が解けた4月後半の「ふきのとう」で始まり

その後「こごみ」や「葉わさび」が採れ

桜の花が散ったその次に

「たらのめ」に「こしあぶら」といった山菜が採れる

そして梅雨の6月 春の山菜の最後を飾るのが「ネマガリタケ」

※ わらびもあるが、これは割愛する

 

春シーズンに訪れるライダーの目当てはこれらの山菜で

オーナー自ら山で採ってくる為 破格の値段で提供できる

その為 予約時のコメントには

ライダーさんから欲張りな ^^; 注文が添えられている事もある

毎年訪れて頂く常連さんの そんなコメントが励みとなり

週末また山へと足を運ぶ理由となっている

 

なかでも3週続けてお泊り頂いた方のコメントは本当に笑えた

『おかわりしに、今週も伺います』 と

そんなリピーターさんに支えられているR66ですが

貸切イベントもどんどんお請けし開催していきますネ

改装した今年はオフシーズンの冬も期間限定で営業しますので

是非 真冬の山田温泉を体感くださいね

 

 

そうそうネマガリタケの話だった・・・

随分と世間に知られる事となったこの山菜ですが

まだまだ知らない方も多い様です

信州でも主に北信地方で盛んに食べられている食材で

中南信やお隣の東信でも馴染みの薄い山菜です

と言うよりも「あんな細っそい竹の子の何処が旨いの?」と

バカにされてきた食べ物です

ところがここ北信地方では昔から極々普通に食卓にあがる郷土食で

この時期になると命を懸けてまで採りに行くほど

心のより所となっている山菜である

 

なので 危険な場所であったり

時には入山禁止となっている群馬県側に入り逮捕されている方もいる

実際この村の中にも群馬県警に何人か捕まっている様である

そんな禁止されている場所には

それはそれは素晴らしいサイズのモノがボコボコ生えているらしい

でも そんな事までして採るのは俺の流儀ではない!

いつも心得た同じ山へしか入らない

違う場所へ入ったなら今週も採る事はできるが

遭難でもしたら取り返しがつかない

なので私のネマガリタケシーズンは2~3週間ってところ

何より体力が衰えてきている為

そう何度も山に入る元気が無くなってきている様だ


※ 6月25日付け 信濃毎日新聞より

 

背丈をはるかに越える笹薮の中

掻き分け掻き分け山に入る

細い笹竹の場所は歩く事も楽であるが

生えているネマガリも細い訳で

皮を剥いたら食べれるところが無くなる

実際に採れたネマガリを見た方は判ると思うけど

アノ太さの竹やぶの中を歩くんですよ

それも密集しているので

泳いで進むと表現してら判ってもらえるだろうか・・

 

頭の先から靴の中まで 体中が色々なモノにまみれ

目を守るためしているサングラスは曇り

パンツまでじっくに濡れるほど汗をかき

虫が体を這っていても吹払えないほど身動きができない

そんな有様で採るのがネマガリタケなのだ

道の駅などで一束¥600~1200で売っているが

妥当だと思うが 買おうとは思わない

というか買えない (ーー;)

 

わが宿で出している量を確保するなら

いったい幾ら必要になるのだろうか?!

山菜採りの中で一番過酷なのがネマガリ

それも群を抜いて過酷である・・・

 

 

そんな事を知っている常連さんは優しいんですよ

「手伝う為に早く来たんだからぁ~」と山からの私の帰りを待ちわび

採れたてを次々に手に取り

慣れた手付きで皮を剥いてくれる

 

この日は常連さんに混じり 新人さんも仲間に加わり

楽しそう?!に作業をこなして頂いた

その間オーナーは何しているかって?

温泉(滝の湯)で汗を流し

乾いた下着に着替え

さらさらになった髪で

外の涼しい風を感じながら

BEER片手に皆の作業を見守る人

しっかり甘えております (*^_^*)

 

皮むき作業を終えたら皆さんは温泉TIME

そしていよいよ夜会

全員強制的に「ネマガリ尽くしコース」を選んでいただき

この素材だけが今宵の主役

天婦羅・蒸し焼き・筍の子汁

そして持ち寄った酒を煽る

こんなイベント あってもいいじゃない (^_-)-☆

 

 

 

 

さてさて

ライハの本場 北海道の視察兼営業の旅も

いよいよ間近に迫ってきました

偶然ネットで目にした写真に感化され

私も高いパニアケースに穴を開けました (^^ゞ

しかし外人さんの考える事はぶっ飛んでますね~

ここまでしてワインが飲みたいんかい!

ここまでしてバーベQがしたいのですね!!

その点 私の改造は可愛いもので

どうしても雨合羽と簡単な修理道具の収納に不満があったので

左右のパニアケースの上蓋に納めるのが一番と思いつき

ドリルで穴を開け

バイク用ネットをネジ留めしただけの改造

右側に雨合羽など一式(写真) 左側に応急修理セットと工具

これで箱の中をかき分けて探す手間がなくなりました

 

そして今回使う荷物を選別&整理していると

ハンモッグが目に留まる

「いったいコレを今回の旅で使うだろうか?」

まぁここは確認も兼ねて吊るしてみる

そして揺られてみる

やっぱり持って行く事にしよう

キャンプをしないと決めたら相当な物を積んでいける冒険号だけど

今年はくれぐれも忘れ物が無い様に慎重にパッキングしていく

そして忘れちゃいけないのが

ホクレンフラッグをパタパタさせる場所である

やっぱり今年もトップケースしかいい場所が見当たらない

 

北海道の週間天気予報は今のところ概ね晴れが続いているが

フェリー乗り場の新潟まではどうも降られそうな感じ

しかーし

今回は荷物を車体の外に一切出さずに収納できそうなので

その点は安心している

 

皆さんおそらくこのブログで一旦お休みになると思います

帰ってからゆっくり更新UPしますので

それまで忘れずに待っててくださいネ

少し早いですが『行ってまいります』!(^^)!

 

一期一会

今年も漏れなく梅雨入りですねー

バイク乗りには辛い季節

地球的には必要な事は分かっている

だけど

この時期は来ないで欲しいと願ってしまう

 

宿の経営者としても我慢の閑散期になり

特に平日はゼロか一人もしくは二人程度

週末でさえ部屋は埋まらない

身体は楽になるが懐は寂しい

 

しかし

こんな時にこそお泊り頂くライダーとのひと時は格別で

バイク好き・旅好きな方と出会える瞬間なのだ

例えばお一人様とオーナーだけの夜会は

とても時の密度が濃くなり

そのお客様の人となりを知るに要する時間は

あまり必要ではない特殊能力を持っている

 

本来シャイな性格の私だったが

サラリーマン時代に克服し

今では人との出会いが生き甲斐にまで変化してきた

見栄をはらず

気取らず

素直になれるって幸せな事で

そういう雰囲気を醸し出せる男になりたいし

そんな空気感をもつ宿になれたらと願っている

 

宿泊業は一期一会

常に真剣勝負なのだけれど

変化球が嫌いな私は

いつもストレートで真向勝負

これが良いのか悪いのか解らないけど

そんな気質なのだからシカタナイ

時にお客様に対して失礼な言動があるかも知れません

「今日はもう飲み過ぎだから寝なさい」

と威厳を醸し出してしまう時もある

ふと寝床に付きながらひとり反省をする

こんな俺だけど

懲りずに再来頂けるライダーは私の財産であり

そして また会える日を待ち望んでしまう

 

 

 

先週末のご予約は1名

間際にお二人の予約を頂き3名に…

そして飛込みでプラス2名

宴たけなわとなった頃に一本の電話

 

「仕事終わった今から行くけど泊れる?」と…

泊れるどころかガラガラだよ (^^;

埼玉から高速&峠越えで1.5時間で到着

最終の入浴時間にも間に合い

夜会にエンジンがかかる

 

 

 

採れたての根曲り竹が今夜のメイン料理

少人数なので今宵はカウンター飲みです

薪ストーブの炎と持ち寄った酒

話題は尽きず日付を2時間も跨いでお開きに・・

 

常連様とニューフェイス

そこに何の分け隔てもなく

語らうこの姿こそライダーハウスなのだ

我が宿の客層の質はどこにも負けない自負がある

こんな仲間と過ごせる私は幸せ者だ

 

そしてまた今夜

ソロライダー様と飲み交わす夜が待ち遠しい・・・