ユーザー車検

2度目のオートバイユーザー車検をしてきた

今年の12月にも行う予定なので

次回の備忘録として書き残しておきます

 

■全体の流れ

①オートバイの定期点検を行う

②必要書類を準備

③WEBから陸運局の検査予約を行う
https://www.yoyaku.naltec.go.jp/pc/reservationTop.do

 

◇必要書類

①定期点検記録簿(様式は何でもOK)
http://route0066.com/wp-content/uploads/tenkenkiroku.pdf

②自賠責保険証明書(旧)

③自賠責保険証明書(新)

④自動車検査証(車検証)

⑤申請書(OCRシート)※受付で貰う

⑥自動車重量税納付書 ※受付→標板協会で支払

⑦自動車検査標 ※受付で貰う

⑧自動車税 納税証明書

これらを順番に重ね(クリップ留め)受付に提出

書類に不備がなければそれを受け取り

指定時間になったらオートバイを検査場へ持ち込み検査

 

◇費用

①検査手数料(印紙)¥400

②審査費用(印紙)¥1、300

③重量税(250cc超・2年・新車から13年以内)(印紙)¥3、800

④自賠責保険料 ¥11、520

しめて¥20,000でお釣りがくる

 

◇検査場での流れ

①ナンバー・車台番号・エンジン型式の確認

②排ガス検査

③ハンドルロック・ウィンカー・ホーン検査

④前後のブレーキ検査

⑤スピード検査(速度装置は前輪か後輪か把握しておく)

⑥光軸検査

ざっと5分前後で終了になります

検査場所によって方法が変わると思いますが

ここ長野運輸支局ではこうでした

ただ受付窓口の年配者の対応は大柄で冷たかったが

検査場の検査官は優しかった (^^)

※参考URL http://www.goobike.com/magazine/knowledge/cost/6/

 

 

 

さて前回はとてもスムーズに検査完了する事ができたのですが

今回は他人のバイクだった為か

その無知さと不運で再訪問&再検査となってしまった

 

検査予約をWEBから入れた当日

意気揚々と陸運局へ向かい

窓口で書類を頂きたく声を掛けると

対応している年配男性がとても感じ悪かった

そして怪訝な表情で奥にいた若者に対応をゆだねる

まるで「素人が来る所じゃない」的なオーラを放つ

しかし対応を指示された若者は

記入方法やどの建物で印紙を幾ら購入するのかなど丁寧に教えてくれた

教わった通りに必要事項を記入した後提出

 

そしてしばし待つと名前が呼ばれ

「納税証明証と自賠責証に不備があります」とのこと

私が添付したのは今年の納税(引落し)領収証

「これは今年度の分なので、過去の納税も証明できる方です」と・・

どうも話がのみ込めず噛み合わない

 

市町村によって口座引落しの場合は

証明書が後日郵送される様で

ちょうどそんな時期と重なり手元に届いていなかったのだ

そして自賠責保険は

このバイクの登録と保険期間がズレていた為

残り1ヶ月まだ有効だったのでこれで良いと勝手に思っていた

車検時に必要なのは次の期間満了まで有効なモノとなる

なので新たに自賠責を入れておく必要があったのだ

と言う訳で書類不備で次に進めずあえなく終了 (-_-;)

だが諸費用を貼った印紙は次回そのまま使えるので安心した

 

 

そして先日必要書類を完璧に揃え 気持ちを新たに予約を入れ

当日は手馴れた業者並みにスムーズに窓口通過

そして軽トラックからオートバイを降ろし

指定時間になるまで一服する余裕すらある

一応ハンドルロックの方法などを予習してみる

準備は完璧に思えた

 

ノーヘルで検査場の入り口で待機

順番に進めていた検査官がついに私の前に来た

何気に緊張する瞬間だ!

まず最初に検査票を基に車台番号等を確認

ところが原動機型式といわれる刻印が見つからない

通常はエンジンのシリンダー部分にあるはず・・

私も一緒になって探すが一向に見つからない

しばらくするともう一人寄ってきて隈なく探す

そしてやっと発見

なんとOPのエンジンガード取付け部分の裏側に隠れていたのだ

事前の定期点検の甘さがバレバレである

 

その後 不慣れな私を見かねた検査官は

バイクと一緒にレーンを進んでくれ

各検査器のやり方や手順を優しく手ほどきしてくれた

順調に検査を進めていくと

メーターパネルにビックリマーク「!」が点灯した

そこには【 service LAMP 】と表示している

えーっと思いながら最後の光軸検査

電光掲示板に「×」の表示 2度目も「×」

結果「不適合」整備不良の判定となる

1.光軸が下がっている

2.ロービームの球切れ

検査はハイビームで行うので今回は通せるかも知れないが

どうせならきちんと整備して再検査に挑みたい

 

 

本日中でれば検査手数料が掛らないので

最終の16時まで後2回チャレンジできるという

ここは小額ではあるが検査料を無駄にしたくないし

またこの検査場に来る手間がイヤだ

しかし・・ なんで・・

今の今まで点いていたヘッドライトが

検査中の抜群のタイミングで切れるかよって感じだよ

なんてツキの無い日だ

 

幸い検査場の向かいにバイク屋があり

ここで光軸検査ができる事は知っているので

まずはここへ持ち込み修正を行う事にする

 

オートバイって乗り物は

どんな人間が跨ぐかで車体の沈み方が変わる

なので当然ライト(光軸)の上下の向きも変わってしまう

サスペンションの硬さ調整でも変化する

なので今回はバイクに跨り体重をかけない様に

左右の足で立ったままの状態で調整を行ってみる

一方切れたバルブは在庫が無い為

歩いていける自動車部品屋でH7バルブを購入

なんだかんだで¥4,000程の出費になったが

これで再検査に望める訳である

 

 

再度二輪検査レーンにつく

「再検査です」と告げ 光軸検査まで進み無事合格

よく考えてみれば

よく考えなくても

普段装着してあるパニアケース等外して持ち込んだのだから

車重が減り車体の後ろが軽くなり頭が下を向くのは当然だった

うかつだった (>_<)

 

私に限らずマシン音痴はディーラーに点検整備はお任せしている

今のバイクは素人が手を出せないコンピューター化がすすみ

定期的な整備は専門ディーラーのプロが行っている

まして改造行為も行っていない

そういう意味からするとユーザー車検は有効な選択である

ただし場違いな雰囲気プンプンで独自なルールもあり

やっぱり面倒で気が引ける雰囲気があるのは確かである

でも新しいうちの車検はユーザー車検でいいとも思う

これから挑戦しようとお考えの方は

今回の失敗例を参考にして是非チャレンジしては如何ですか!?

そうそう当日はお財布と印鑑を忘れずに!

 

 

さて

実はわたくし・・

オートバイを買ってしまいました♪

フフフ・・・

 

バイクが欲し~い

信州はいよいよウィンターシーズン突入です

指導員資格を持つインストタクターは各地で開催される

研修会に参加してしっかり勉強を積みシーズンに備えている

肝心のヤマボクスキー場も日に日に準備がすすみ

オープンを待ちかねている状態だ

私も数年ぶりにスキー板を自腹で購入しようと思っている

買うのだから何の縛りも束縛もなく

履きたいと思うメーカーの板をチョイスしようと思う

しかしこの時期なので在庫も少なくWEBも活用し模索中なのだ

 

 

さて宿の経過報告をしておきます

11月から備品や機材の一掃片付けを行い

11月10日頃から解体作業にはいり

屋内駐車場側から壁の解体を進めやっと1Fの解体がひと段落

途中左手親指を骨折しながらやっと半分終わりそうな感じです

骨折と言いましたが 実は人生初の経験で

力任せに壊していたら角材が反動で左手に当たってしまったのだ

あまりの痛さでしばらく動く事ができなかった

ひたすら激痛に耐えた

それから2週間ほど時間が経っても親指に力が入らず

うっかり使ってしまうと痛みが走るありさま

思い切って整形外科でX線検査をしてもらうと

「ここ 折れてますねぇ」との診断が・・

そんなこんなで10日程休憩をはさみ作業再開

壁の撤去を終え 今は天井と床の解体に取り掛かったところ

 

設備工事をお願いする友人が顔を出してくれ

2ヵ所あるトイレも取り外してもらい

機器類はすべて撤去できた

これで気兼ねなく解体作業ができるようになった

 

貧乏性の私は

廃材は分別をしてお金になる鉄類はネジまでしっかり確保し

絨毯の下に使っているフェルトは丁寧に剥がしスピーカーの吸音材にまわす

自分ひとりでやっているのでこんな事も可能なのだ

 

また耐震強度を無視すれば自分でも家が建てられるくらい

建築に対する知識もついてきた気がする

しかし そろそろスキー学校も開校となる為

来週からこんな事をしていられない

この先は業者にお願いする他ないのが現状なのだ

やはりいつものオープニング日には間に合わせたい一身なのである

 

 

 

 

さて各社から来年発売モデルの情報が飛び込んできてますね

 

中でもBMWは本気です

次々とNEWモデル投入の準備をしている様です

このメーカーは現行モデルとかぶるような機種でも平気で発売する会社の様で

来年は販売ラッシュになるでしょう

その分中古車が多く出回る年にもなりそうなので

そっちからも目が離せなくなりそうな予感

改装費から100万浮かせれば2台持ちも夢ではないのだけれど・・・ (-_-;)

 

そうだ!

年末ジャンボ買いに行こーっと

 

 

 

DUCATIオーナー

3月前半にしてスキー学校は開店休業の装い

それでも問合せや雑務があるので毎日詰めてはいる

スキーヤーが現場に出ず ただ電話番しているのは辛い

こんな事は今年限りにして欲しいと願うばかりだ

 

当スクールに限らず 今年はどこも赤字決算だろう

ホント困ったもんだ (ーー;)

先日はスキー場にバイクまで参上する始末

もう笑うしかないよ・・

 

 

私も冒険号の充電を確認してガレージに格納した

バッテリーを外しておいたので 当然時計などの表示がくるっている

 

説明書を見ないと再設定ができないので後日やる事にする

ただ一発でエンジンがかかり ボクサーエンジンがイイ音を奏でる

さすがドイツの機械製品 間違いないね!

 

この陽気なら里まで走ってみる事も可能だけど

やっぱり閉校式まではスキーヤーでいようと思うので自重する

でも バイクシーズンが待ち遠しく感じたことは事実で

気分は春ツーリング先の風景を想像してしまう

今年の乗り初めは「紀伊半島」にしようと思っている

テント泊で ぐるっと一周もいいんじゃない (^^♪

 

 

 

 

 

昨日 DUCATIジャパンから葉書が届いた

そこには「厳正な抽選の結果、残念ながら当選とはなりませんでした。」と

 

まず当たるとは思っていなかったが あのパニガーレなら乗ってみたかったナ

皆さん中にも申込みされた方もいらっしゃると思いますが

このキャンペーンの内容はこう・・

 

RIDERS CLUB × BikeJIN × DUCATI ドゥカティアンバサダーモニターキャンペーン

3カ月間、車両を手元に置いて、日々の足に使ったり、ツーリングに行ったり、ドゥカティの魅力をゆっくりと体験することができます。1299パニガーレはワインディングで、サーキットで最高のスーパースポーツ。ムルティストラーダ1200ツーリングパッケージはあらゆる道を走破できる ツーリングに最適なマルチパーパスバイク。いずれも、ホットで、なおかつ電子制御でエンジン、サスペンションをコントロールし、高度なトラクションコントロール、ABSなどで安心感の高い操縦性を得ているバイクです。国産車をはじめ他のどんなバイクとも違う心を揺さぶる熱いパッションと、洗練された商品性の高さ、扱いやすさ、クオリティの高さは、一般的な『外車』のイメージを覆すもので、ドゥカティに触れた事のない人には大きな驚きと感動をご提供すると思います。この千載一遇の機会に、ぜひ『ドゥカティがある生活』を体験してみて下さい。

○募集期間 2015年12月26日~2016年1月31日
○貸与モデル 1299パニガーレ15台 / ムルティストラーダ1200ツーリングパッケージ15台
○選考結果 当選者発表2016年2月中旬 各モデル15名ずつを厳正に選抜
○応募条件 FacebookやInstagramなどで「#ドゥカティインプレ」とハッシュタグをつけてレポートを投稿してください

まあ こういった企画でした

落選葉書に本状を持参すればパニガーレ新車購入時に15万円分の商品券プレゼント

と書いてはあるが いったい何名が応募するのでしょうかねー

 

実はこのキャンペーンへ申込んだ事も忘れていたのだけれど

高価で維持費が掛かり 実用性に欠ける車両なんだけど

バイク乗りってヤツはこう言うモノに惹かれる人種な訳で

正直一度は乗ってみたいものである

 

DUCATIのホームページを見てたら 959 Panigale が出たんだね

 

これもなかなか良さげなバイクじゃないですかー

私の場合 憧れで終わってしまうのだろうけど・・・