7月12日(火)

今日は朝から晴天 しかも太陽がジリジリと照りつけ暑い

工程は札幌市内へ辿り着けばいいだけなので急ぐ必要はない

でも 早々に別れを告げ出発する

名残惜しい宿と常連さん達

オーナーと握手を交わし再会を誓う

 

帯広~札 ...

7月11日(月)

夜明けからの雨は 朝になってもぱらぱら降っている

出発を躊躇っていると8時頃には雨がやみ空が明るくなってきた

 

この界隈も見所&喰い処が多いので 今宵もヤドカリの家に連泊する

メインはオソウシ温泉と美味しいホルモン&ジンギスカン屋さん

7月10日(日)

釧路の朝はジメっと湿気を感じる空気だった

海沿いだからなのか? やっぱり雨が降る前ぶれなのか?

いずれにせよ方角によって薄雲の部分とピーカンの空とが混ざっている

 

練り直したルートを進むことにする

今日の宿泊地は帯広のライダ ...

7月9日(土)

まともに寝れず朝を迎える

外が明るくなった頃ウトウトできた程度なので頭がボーっとしている

周りのイビキだけじゃなく副業の事件が大きく関係している事は間違いない

 

さて昨夜練り直した予定を最新の気象情報と照らし合わせる

希望と願 ...

7月8日(金)

右腕と右の尻っぺたが異常に痒い

ダニに喰われたのだろう

でも施設に対しては何の感情も抱かない

手が行き届かない事は承知の上で泊っている訳だから・・

 

早朝の露天風呂は最高に気持ちいい

ご夫妻が後から入ってこられたの ...

7月7日(木)

まだまだ この時期の富良野は寒かった

夜中に凍えそうになり目が覚めてから寝付けず

震えながら朝になるのを待ち続けた

完全な寝不足だ・・・

 

 

天気の具合で一日早送りでルートを進めることにする

7月6日(水)

支笏湖の朝は空一面うす雲におおわれている

わずかではあるが小雨が降っている

台湾からのチャリダー3名

チャリで台北から高尾まで約350kmを19時間で走ったと言う

また自国ではBMW R1200Cを所有しているらしい

もう1人は台北から最 ...

7月5日(火)

3時30分 パッと目が醒める

興奮しているせいか携帯電話のアラームを待たず起きる

居心地の悪さの割にぐっすりと睡眠できた感じだ

二度寝は危険なので出発の準備をする

 

あたりは暁降ちの空

お決まりの「すき家」で朝食

7月4日(月)

いつも通りに起床 しかし猛烈に頭が痛い

昨夜の記憶が無い

どうやって帰ってきたのだろうか?

ぼんやりとしながら回復を待ちつつ ゆっくり記憶を辿る

 

昨日は高山村長旗争奪 野球大会

小さな大会だけど だからこそ その ...