解体作業とジビエ

解体作業から一ヶ月半に及ぶ放置プレイの末

昨日よりやっと業者が入りました

まずは入り口の解体ゴミの搬出からはじめ

2Fの部屋の解体作業へと進んでいる

やっぱりプロの作業は早く綺麗だ

でもこんな時期まで時間が頂けたなら自分でやったのに・・・

まぁそれはそうとして

やっと改装工事が始まったのである

 

ただ先日Ver5にて最終設計図面が完成したばかりで

正式見積り金額も手付金もこれからの作業となる

まったく恐ろしい事だ

「この金額の範囲でやってね」と言ってはあるので

大きくオーバーする事は無いと思っているが

実際「少しオーバーしちゃうんだよなぁ」と漏らしている

 

建築設計&施工も設備工事も同級生へ依頼しているので

「まけて欲しい」とは言いづらいし言えない!

その支払いもキッチリしておきたい部分だ

銀行からどれほど借り入れをしなきゃいけないのだろうか

手元にも多少は残しておかないとまずいし・・

困った事に 電気配線工事費を確保していたが

どうもその金額を工面できそうも無い

と言うことは「自分でやるしかない」と言う事になる

消防設備も幾ら掛かるか不安なところ・・

どうなっちゃうNewルート66

最悪 電線が見えてる露出工事になっても文句言わないでね

( 3月末頃から配線工事のお手伝い急募しまーす )

もっといえば 営業再開させながら工事しますから ^^;

まぁ優しい常連様ばかりなので 決して文句は出ないでしょう (^^;;

 

 

 

 

 

11月15日~2月15日までが狩猟期

( 猟区内は10月15日~3月15日 )

マタギの皆さんは昨日まで決められた場所での狩りができる

今年はどんなジビエ肉を仕入れられるのだろう?

昨年早々に品切れになってしまったので

今年は定番のヤツと ちょっと変わりダネが欲しいところ

 

実は先日

鹿の肝臓(レバー)と心臓(ハツ)を頂いた

捕らえて間もない超新鮮で下処理済みのモノ

 

早速自宅でさばき 生姜醤油を付けて刺しで頂く

たまたま居た娘は喜び

レバ刺しが苦手な息子嫁も食した

まったく臭みや獣臭はせずコリっとした歯応えは感動モノ

火を通しても抜群に美味かった

こういうモノが常に手に入ればいいのですが

猟というのは そういう種のものではない 残念だ・・・

 

 

 

 

 

さてスキーシーズンも残すところひと月

地味に降り続いた山の雪は

道路は巨大な雪壁となり

スキー学校も埋もれ とうとう中2Fの窓を越え

500Lの灯油タンクも埋めてしまった

好天が続くこの平日 覚悟を決め掘り起こした

お陰でまた腰痛が悪化

整体&マッサージにお世話になるはめに (-_-;)

も~~ 雪かき作業も飽きました。。

 
YAMABOKU WILD SNOW PARKより

今頃になってCD

いよいよ11月も終盤 カレンダーも最後の一枚ですね

今になってバイクに乗りたくなっている今日この頃

先日 半年前から時期を探っていたKSEC首脳会議を
(Kita-Shinano Economic Cooperation)

長野の権堂町に於いて開催され出席してきた

意図するところは異業種で活躍する同世代が

日本の将来を背負う子供達の育成について・・

 

 

会議予定時間の2時間をはるかにオーバーする4時間越えとなり

気が付けば最終電車が行ってしまう時間となり

翌日は完全にお酒が残る最悪の体調であった

またまたやってしまったのである (-_-;

それ程活発な議論が交わされたが

今回の会議では結論が出なかったので

次回持ち越しとなったが開催時期は未定

多忙な各首脳のスケジュールを合わせるのは大変なのであるが

次回ホストは通称:ドクターに決定

 

 

今回は私のリクエストしたお店を設定してくれ

ホスト役の通称:先生は鯛シャブをチョイスしてくれた

寒い季節にちょうどいい選択となり思った以上酒がすすんでしまった

私は乾杯から日本酒で始めてしまったのが敗因だったのかもしれない

でも魚が美味いことで評判のこの店の料理はやっぱりGood

店長の唐沢君の接客も私は好きなんですよねー

次回開催 迷ったらここもありかと・・

今度は何を肴に飲みましょうかね♪ 楽しみである

 

 

 

 

 

さて オーディオの話題をはさみますが

この度人生はじめて家庭用CDプレーヤーを購入してみました

今更それはないでしょうとお思いのあなた

実は自分でも驚いている

例の引篭もり部屋で聞く為に購入したもので

寒くなるこの時期はLPレコードが巧く鳴ってくれないのだ

それもそうレコード針の構造上 針を支えているゴムダンパーが硬くなり

部屋(装置)が暖まるまで音がビビってしまうのだ

 

 

そこで今まではSONY製の車載用CDプレーヤを使っていた

CD内臓のカーステレオが普及し出番のなくなったコイツで我慢していた

我慢といったが特別不満があった訳でもない

CD音源なんてバカにしていたので安価なもので十分だと思っていた

マニア的に言えば「あのシャカシャカした耳障りな音」

それが どうも最近SONY君が寿命を全うしようとしていたのだ

おそらくピックアップレンズ辺りがダメになってしまった様で

うまく音を拾わなくなり 音飛びが多発する様になってしまった

 

そこでクラシック系のマニアでは以前から評判の高かった機種

Marantz(マランツ)製のCD-34を買おうかとヤ○オクってみる

1980年代中盤に発売したこの機種は当時¥59,800位だったと思う

それが今でも結構高く取引されており 当然程度も怪しいモノが多い

当時の雑誌によると10万円ほどで販売したかったが全世界へのCD普及を狙い

メーカーが戦略をかけた製品なので性能は折り紙つきだと言う謳い文句の製品

まぁそうは言ってもたかがCDプレーヤーに5万も10万も出せない

せいぜい2~3万で手に入れたいところ

そこでPhilips製のCD-104も内部は一緒である

なので両機種を候補に検索 できればショップ出品を見つけたいところ

そうこう探し続けeBayにてドイツからの出品をみつけた

海外オークションは慣れたもので不安はあまり感じないが

翻訳をかけ入念に品定めを行い 一日考えてポチッとする

待つこと10日 飛行機に乗って無事届きました

関税諸々で9,000円ほど支払い 合計約¥30,000にてゲット

ドイツ仕様なので電源は交流200Vです

日本で使うにはステップアップトランスをかませば使えます

さっそくセッティングするのだが重いんですよこの製品

普通CDプレーヤーなんて中身が空っぽなんじゃないかと思う位だけど

流石お金かけて作っている事が分る

 

そんな事はどうでもいいんだけど 動作確認を兼ねて一枚セットする

音楽が始まらない・・ シーン・・・

電源は入っているし液晶表示もしている

”再生ボタン”を押してみる

音楽が鳴り始めた(焦ったぜ)

自動再生ではないんですね この製品

当然リモコンなんてモノも最初から無い

ところがですよ!

驚くのはコイツから出る音がとってもいいんですね~

メーカーの音作りと言うものがしっかり決まっている

変にいじらず 音源に対し素直な音

そうしっかり音楽しているんですよ

こんな事ならもっと早く買えばよかった

この冬はこれで十分だと思う とってもご満悦な買物でした

 

『小林さん、死にますよ、、、』

前回のつづき・・

健康診断の結果が出て要精密検査となった

実は去年も精密検査を指示されていたのだけれど

自覚症状が無かったので ずーっと放っておいていたのだ

 

ただ今年は冬頃から体調が優れなく

すぐに疲れたり毎日ダルさがあった

「これは男の更年期」と勝手に思っていた

知人やネットでもそれは紹介されていたので鵜呑みにしていた

それが その症状がよくなるどころか次第に悪化していった

例えば寝起きのだるさは半端なく辛く

少しのお酒で顔が真っ赤になり

2~3杯目あたりで頭がクラッとする様になった

そして何よりお酒が美味しく感じられなくなっていた

 

また日常的なダルさから 気力というものが出なく

毎日自宅で横になりグダグダしていたかった

今思えば「鬱状態」だったと思う精神状態だったと言える

今日は自分の備忘録も兼ねて記してみるが

これを読んで少しでも心当たりがある方は早めの受診を薦めたい

 

 

 

2016.7.28 健康診断の結果

 

以前ここで話した通り腹回りは ずるして79.8cmとかなりデブってきた

中性脂肪:408 HDL:52 LDL:153 総コレステロール:244

このあたりはカッコいいオジサンを目指す俺としては気になるところ・・・

しかしこの後がいけない

HbA1c:5.5とほぼ上限値 糖尿病にも注意が必要だ

そしてγーGTP:184と過去最高値をたたき出し

尿酸値も昨年より下がりはしたが いまだに基準を超えている状態だ

村の保険予防係がうるさく再検査を言うもんだから

結果が手元に届いてから4日程禁酒してから医者へ行く事にした

 

 

2016.9.9 高山村の島田内科クリニックへ出向いたのである

この診断結果を持参したのだが 再度血液検査をするという

ところが驚きと共にショックな結果が出たのである

ほんのひと月程でこれ程数値が悪くなってしまうものかと驚いた

GOT:49 GPT:79 γーGTP:323

この三つがセットで基準を超えるとヤバイと知っていたので正直ショックだった

 

というのも自分の勝手な解釈だけど

γーGTPは肝臓の悲鳴でサイレンの様なもの

GOTとGPTは肝臓細胞の破壊度合い

なので後者の数値が正常範囲内なら「まだ大丈夫」だと思っていた

 

触診も受け問診を受けながら異常な状態なんだと説明をされる

『今から絶対禁酒をすること』

アルコールは一滴も飲んではいけないと言うのだ

「一滴もですか? 週一回とかもダメですか?」

『小林さん、死にますよ!』

先生の顔が真剣だった・・

私の顔から笑顔が消えた

ここまで言われ 初めてやばい状態なんだと自覚できた

『治るまで絶対に飲まないでください

今しっかり治しましょうよ

数値が良くなるまで真剣に頑張ろう』

そう親身になって諭された

俺も男だ 治るまでアルコールは一滴も口にしないと決めた!

こんな情の厚い先生なら信頼し裏切らず頑張ろうと思う

 

 

 

今は便利な時代で”γーGTP300”とググッてみると

出てくる出てくる・・

以下勝手に転用 http://siboukankaizen.com/2016/01/05/ganmagtp300/

γGTPが300を越えたらまず症状が出てきます。どんな症状なのかわかりますか。300を超えたときに起こったことは。。。体が朝からだるいです。これは確かです。半端なだるさじゃないです。とにかくだるい。気持ちも変です。どんな気分になるかというと、やる気が出ません。早く家に帰って寝たい気持ちになります。やる気はないし、気分は落ち込みます。暗い気分になります。
まだあります。それは体が熱くなります。微熱があるくらいになります。何となく熱っぽいのです。これはあまり体験したことがないのではないでしょうか。まだありますよ。右脇腹に違和感があります。こんな症状は初めて体験します。
今思い出せばまだありました。そういえば、熟睡はできないです。夜中に何度も目が覚めました。よく眠ることはできなかったです。このようにγGTPが300超えをしたのは初めてですが、
まとめますと。。。「だるい」「しんどい」「右脇腹に違和感」「熱っぽい」「熟睡できない」「きつい」こんな感じでした。このγGTPが300超えをした原因はやはりお酒の飲みすぎです。ですから今からでも間に合いますので、私のようになりたくない方は肝臓にいい成分を補給しておくことがいいようです。

 

おー この人判ってるねぇ~

私もこれと非常に良く似た症状がありました

と言うか・・ 今思えばほとんどこの症状です

笑っちゃうけど一人で悩んでもはじまらない

治せる病気なんだから治療すればいいだけじゃんかぁ

”成る様にしかならない”

 

今日 街の総合病院で腹部単純CT検査をしてきた

来週23日 検査結果を基に次の治療へとすすむ事だろう

昨年暮れにγーGTP:500を越えた後輩も今では一緒に酒を飲んでいる

彼はひと月ほどの禁酒で正常に戻ったという

俺の肝臓くんはどれ程の回復をみせるか分らないが

また仲間とそしてライダーさんと楽しい酒を飲みたいものだ・・・