私を万座に連れてって・・

 

ヤマボクスノーアカデミー教師によるツアースキー

先日無事?!行ってまいりました

初日のツアー参加者は8名

マイクロバスで志賀高原横手山スキー場まで運んでもらい

リフト2本で山頂へ

まあ 素晴らしい天気に恵まれ

志賀高原を代表する絶景に出迎えられた

 

日本No1高所のパン屋さんで少し早い昼食

ビーフストロガノフ&パンと洒落てみる

渋峠スキー場側へ滑り降り ツアー届けを提出する

国道の建造物で夏の風景が想像できる

 

 

 

3月13日 12:30 気温-3~4℃と今日は暖かい

群馬県側へ数百メートル行った場所が日本国道最高地点だ

スキーなので国道から反れ右側の稜線をハイクアップする

目指すは高山村の最も高い山”池ノ塔山”

笹薮で夏場は決して登れない山である

雪があるおかげで冬は簡単に山頂まで登る事ができる

 

 

 

次に目指すは”山田峠”

皆さん夏場に石作りの非難小屋がある場所分りますか?

R292志賀草津道路中ハイテンションになる場所です

 

 

空模様が一変し小雪が降り視界が無くなってきましたが

ここからは大きく国道を離れ 通称:坊主山の山頂を目指します

その先が映画「私をスキーに連れてって」のあの撮影場所です

↓ 冬の白根山

 

注意深く「万座ツアーNo○○」という古い看板を探しながら進む

ここまで来れば万座スキー場の音楽や放送が聞こえる

皆 思い思いにコースを見つけホテルを目指す

予定どうり16:00 万座高原ホテルに到着

 

 

 

 

2日目

天気はかるーく小雪が舞い 薄曇りの空

ちょっとガッカリしながら朝食バイキングのおかずを取り寄せる

晴れないかなぁ~と祈るも 回復しそうでしてこない

リフト事務所にツアー計画書を提出し

同業者同士軽く雑談をする

 

今日は昨日の2倍ほどの移動距離となる

目指すは冬の毛無峠

しかし未だコースを決めかねている

天候等で短い七味温泉ルートも選択肢にある

 

山頂で再度全員でルートを確認していると

万座スキー場のパトロールが笑顔で寄って来た

「毛無峠へ行くんですか♪」と

彼も先日 毛無峠まで往復して来たと言う

「こっから、ここまでの距離が地味に長いですよ~」

とアドバイスを交え情報交換タイム

「今日の出番は、山好き二人居ますから、なんかあったら救助に呼んで」

と冗談をいい見送ってくれる

なかなかの好青年だった(^^♪

 

スキー場を外れてからは皆さんご存知の上信スカイライン沿いを行く

地味に緩やかな登りがひたすらつづく

一時間ほど歩いただろうか・・

万座峠(林道 山田入り線の上部入り口)に到着

 

 

 

休憩をはさみ さらに先へと進む

数十分ほど行くと通称:吹き上げと言われる場所に到着

ここで昼食を摂りながらルートの最終決定を皆で相談

全員一致で毛無峠は断念し七味温泉ルートに変更とした

 

 

 

時間・体力・そして一番は天候によるところが大きい

頑張った先にある あの絶景が期待できないからだ!

ところが・・ この後がまずかった

来た道を一旦 万座峠まで戻るべきだったが

この崖崩れ防止の堰堤を下る作戦が大冒険になってしまった

待ち受ける急傾斜

追い討ちをかける様に全面結氷した斜面

雪が積もらない岩場・・

夏場も常に強風が吹いている場所

当然冬季だって強風が絶えず吹いている訳だ

正直 何度か恐怖を感じる場面もあったが

リーダーとして全員の安全を最優先に考え何とか攻略

 

 

この先は林道沿いにのんびり下り降りるだけ

あっという間にゴールの七味温泉に到着

次回 必ず毛無峠ルートをリベンジします

大自然を堪能した2日でした

スキーは楽しい

ツアースキーは何倍も楽しいよ (^^)v

 

「失敗」と「赤っ恥」

スキーシーズンも残り3週間・・

にもかかわらずヤマボクはパウダーです

異常です

でもスノーマンにとっては有り難い

こんな年は滅多にない

 

 

 

先週は志賀高原 熊の湯スキー場をベースにしている

テレマークスキースクールのダイヤモンドダストさんが移動教室を開催

来年からはここヤマボクへ教室を構える様になります

皆さん是非ご利用くださいませ

 

 

そんなイベントを横目に私はタコチツアーコースの整備です

立入禁止エリアへ入り込んだトラックが何本も付いてしまっている

こうなると次から次へとマネをして滑りたくなるのが人間の心理

誰も滑っていない斜面 フカフカのパウダースノー

好奇心をくすぐる条件は完璧に揃っている

危険を知らせる標識や規制ロープは1~2m下の雪の中

急遽現在の雪面に合わせ規制線を張ることにした

 

スクールで暇しているのは俺くらいなので

早朝スノーモービルで作業に向かう

青空と真っ白な雪原

ダケカンバ林から降りたての雪がキラキラと舞う

ひとっこ一人居ない静寂の山中でエンジンを止める

春を待ちわびるキツネが通り過ぎる

プロモーションVTRのような映像が俺の廻りを取り囲む

 

心があらわれる瞬間を全身に感じ

この環境に間違いが無かったと再確認する

それでも春はもうすぐそこまで来ている

卒業・入学・就職や転勤

日本中が一斉に移動する季節

人間と共にモノも移動する

もし炊飯器が余ったとしよう

そんな時におススメなのが黒ニンニク作りだ

当スクールでは人気なこの食べ物

 

調理法はいたって簡単

匂いが付いてしまうので 不要になった炊飯器が1台

スーパーで安く売っているネットに入ったニンニク

たったこれだけ

これをネットから取り出した状態(皮付のまま)で保温SWーONで2週間

たったこれだけで臭くないニンニクを作る事ができる

完成後 しばらく外に放置しておくと酸味が薄れる

これでビンビン&ギラギラな男に蘇れる・・ かも

是非みなさんお試しあれ♪

 

 

 

 

ついでに皆さん「知ってた?」

セブンイレブンのロゴマークの話

“eleven”というのは数字の11を表す固有名詞

大文字もしくは小文字としたのでは商標として登録することができない

そこで最後の文字だけ小文字にして登録を行ったらしい

 

 

DVDはDigital Video Disk の略ではなく

Digital versatile Diskの略

 

 

今一番面白いTVコマーシャルのau

なんであのメンバーなのか?

au エーユー えーゆ~ 英雄

おとぎ話の英雄をキャスティングしんだね

人に言われるまで気づかなかったよ^^;

 

 

最後に今も忘れられない赤っ恥かいた話

「失敗が変換できない」

パソコンが登場しMicroSoftのアプリが席巻したあの頃

失敗という文字を入力したかった俺は

syuppai(しゅっぱい)とキーボードを叩くが一向に変換しない

途方に暮れ一文字づつ入力したり コピペして使っていた

ある時同僚に「俺のマイクロソフトIMEが、どうも調子悪いんだよ」

と愚痴ってみた・・・

彼は笑いながらsippai(しっぱい)をキーボードを叩いた

見事に変換した!

当時からパソコンには詳しかった部類だったのに

とんだ教養の無さを露呈してしまった

それ以来私はこの文字を打つ度 苦い思い出に一人苦笑している・・・

 

 

冬の毛無峠へ

先週スタッフが足りなく急遽ゲレンデに出た

SAJスキーバッチテスト1級の前走者として・・・

ウォームUPもせず

いきなりパラレルターン大回りしてみた

西向き斜面なので雪質が緩み足場が軟い状況

滑りながら感じてはいたが修正できず終了

不運というべきか

それをスクールスタッフがVTRに撮っていた

もう何年も撮影していなかったので貴重な映像だ

自分の出やすい欠点がしっかり映し出されている

褒められた滑りではないけど

これも今後の課題として残しておこうではないか

≪オーナーが滑ってる・・≫ https://youtu.be/4nZbgZukxYU

 

スキー教師は幾つになっても どんな時でも

「見本となる滑り」ができないといけない!

まだまだ精進が足りないと反省する日々

 

 

 

 

さぁあっという間に3月です

雪質もパウダースノーから水分の多い雪へと変化

午前中はアイスバーン 午後は緩んだ雪質 を繰り返している

そんな状況になってくると

大自然へのツアースキーの季節だ

 

そこで当スクールスタッフの万座ツアーを計画

スキー学校を平日2日間休校にして

慰労会兼ツアースキーを実施する

その工程は皆さん馴染みの場所です(^^♪

 

ヤマボクから熊の湯へのハイクアップツアーは却下され

まず志賀高原横手山スキー場まで車移動

リフト2本乗り継いで山頂へ

日本で一番標高の高いパン屋さんで昼食

渋峠ヒュッテから日本国道最高地点へハイクアップ

R292沿いをトラバースしながら通称:坊主山に向かう

ここから万座温泉へは滑り降りるだけなのだが

映画「私をスキーに連れてって」の舞台となったコース

原田知世が足をくじいた場面がここだ・・

初日はこのまま万座温泉にて泊りなので大宴会

 

翌日は万座スキー場から高山村へ向けツアー再開

今回は山頂から万座道路(通称:上信スカイライン)をすすむ

ハイクアップやトラバースをしながらの難所となる

そして毛無峠の三叉路まで行かず

御飯岳の東側を等高線沿いにまいて毛無峠を目指す

「誰も訪れない冬の毛無峠とはいったいどんな景色なのだろう」

ここからは道路を離れ

峠から高山村に向け未開の地を滑り降りる

地図では林道 湯沢線の対岸になる

その湯沢線が閻魔橋を渡った以降のどこかで合流予定

あとは林道沿いに里へと降りる

ざっとまぁこんな感じのツアースキーを計画した

 

後は天候がいい事を願うばかりである

参加メンバーは皆プロなので技量は申し分ない

だけど年にはかなわない

休憩を入れながら ゆっくり景色を楽しみ

写真を沢山撮りながらになるでしょう♪

やっぱりYAMABOKUはこういうスタイルが似合う

リニューアル後のルート66では

こんな冬のガイド企画も”有り”かもしれませんネ

 

 

PS ・・・ BMW RnineTレーサーが日本で走っている?!