大人の休日

 

平日のライハは週末とはまた違う顔を見せる

世の中には色々な職業があり

ライダーも様々な職種に就いている

なので休日は暦通りの週末でなかったりする

 

平日のR66はそんなライダー達のオアシス

ストレス社会からの脱出と

非日常を思い思いに過ごす

オトナの時間

その多くのライダーは早めにチェックインを済ませ

オートバイから荷を下ろし

ラフな格好に着替えて温泉へと向かう

大湯前の足湯でBEERを開けるも良し

宿の短編小説を読むも良し

雑和室でごろ寝もいいだろう

私もそういった時間を尊重し距離を取る

 

その平日ライダーさん達の多くは

夜会が密かな楽しみだったりする

今日も明日も明後日も 一人づつの予約の時もあり

1日ずれれば皆で楽しめるのになぁ

と勝手におもったりするが

職種によって休日は大概決まっているので

そう上手くはいかなかったりするもの・・

 

ところが

今日も「お一人様」だと思っていたところに

もう一人ソロライダーさんが居たりする

まぁこんな事はよくある話ですが

それが当宿の企画に参加している者同士って事がある

個人情報なので私からは言いませんが

各々持ち寄ったツマミとお酒での夜会中

ふとそんな話題になり

「えーっ それ私もやってます」

「HNはなんですか?」と

そうなると話題は一気に情報交換モードへ

そして明日の行動・ルートへとなり

帰路の途中にココ行ってみませんか!

という様な話に発展する

私は「こういうルートで、ココへも寄ったらどう」と

食情報等も交えアドバイスをする

「だったら明日 案内してくれないか?」

と当然なっちゃうよね〜

 

その日は特に仕事や予定がなかったので

私も混ざってバイク3台のプチツーリングへ

 

道案内の私が先導 高速道路を4区間ほど走り

「ひなびた温泉」をひとつ・・ ふたつ・・ 入りすすめる

 

温泉巡りをして草笛(そば屋)へと向かった

考えてみると数年ぶりの訪問だ

建物が新しくなってからは初めてである

そのせいか そばの量が減った様な気がする・・・

 

最寄りの高速道路のICへと案内をしてあげ

そこで「お別れ」

 

 

と・・ ある日の出来事はこれだけの話なのだけれど

久しくソロ以外で走った事が無かった俺は

マスツーとまではいかない人数だけれど

数台で走る事の楽しさが蘇った

 

今回はたった3台だけの半日ツー

高速道路での編隊は100m弱って感じだけど

その僅かな時間を走るだけで各々の技量が判る

 

例えば追越し車線へ進路変更する場合

先頭はウィンカーを出すタイミングひとつも気を使う訳で

また初めて一緒に走るメンバーともなると

色々な事に一層気を使う

技量もバイクの性能も異なると

やっぱり戦闘能力ないマシンやライダーにペースを併せる

これがストレスになり

「楽しさ」や「快適さ」とはかけ離れていく

そうして我儘な性格のライダーはソロへと移行する

俺もそのひとりなのかも知れない

但し多くの場合は「休みが合わない」理由の方が多い

 

でもね!

思いが一緒

そこそこバイク歴があり

旅慣れたライダーとなら

これが一変し楽しいツーリングになるんだよねぇ

例えば高速道路を数分走っただけで

先頭の意を汲み取り

私(先頭)がウィンカーを出すと同時か

そのちょっと早いタイミングで追越し車線へと

オートバイを移動してくれる

こんな風にケツ持ちが動いてくれると

次々と追い抜いて行く自動車が過ぎた

その最後尾に先頭の私が遅れて移動をかけ

遅い自動車などをスムーズ且つスマートに

格好良く編隊を崩さずオートバイらしく走れるのだ

 

こういった先頭の思いを予測し

阿吽の呼吸で意思疎通ができる

そんな巧いライダーとの走りは楽で愉しい

 

北信濃のワインディングを強引に抜いていく様な

そんな下手なライダーが先頭を務めるツーリングでは

事故が起きてもおかしくないだろう

こんな光景をよく見掛けるが

怪我をする前にそんなクラブからは脱退を勧める

 

こういった「察する能力」を持つライダーは

普段の会社・職場生活でも仕事ができる

有能な社員なんだと思う

多分これは間違ってはいない!

 

それとついでにもうひとつ

北海道ではすれ違うバイクにピースサインを出し合う

なぜか恥ずかしくなく自然にそうできる

しかし本州ではその習慣は減っている

この文化も復活して欲しいと願うが

自動車が道を譲ってくれたような場合

サッと手を出し

お礼をカッコよくしようじゃないか!

これはライダーのマナーとして

常に習慣付けて欲しいと提案する (^^)v

 

 

 

 

 

さて当宿では無料でCOFFEEを提供している

一番早く起きた方が準備をし

終わったら次の人が またコーヒーを落とす

しかし無料と言ったが最近はそうとも言えない

なぜならば

「これ使ってください」と

バイクの少ないスペースに持参し提供して頂いてます

ホント有難い

そんなライダーからの提供品が増えてきたので

サクッと棚を作ってみた

 

ここの品はそんなライダーさんに感謝しながらお使いください

PS 暫くは足りてますので大丈夫ですよ

 

まぁ暑い日が続いていますが

皆さん生きてますか?

私は山田温泉から下りれずにいますが

そろそろ着替えが無くなったので

1回自宅に戻らざろう得ませんが

天気が続くそんな暇な日には布団干しが向いている

天日干しをした布団はふっくらとしていいもんだ

ただ一度に両方は敷ききれない為

今日は敷布団の日

次回は掛布団と分けて行う事にしている

 

階段を上がった窓を開ければ

そこは実家の屋根だ

こんな好条件も手伝い作業は比較的楽に行える

 

この屋根には学生時代から随分お世話になっている

自動車が無かった我が家は

休みの日と言っても外出する事もできず

自宅で過ごす日が多かった

商売をしているので尚更

他所の家では海へと出掛けたり

街の室内プールへと行っていたようだ

 

そんな気を紛らわす方法として

この屋根に布団を敷き裸になって体を焼いたもんだ

友達に俺も海へ行ったと思わせる

細やかな反抗だったのかも知れない

そんな学生時代の悔しさからか

翼(オートバイ)を持った今

フラフラと旅するのが好きになったのだろう♪

 

また高校からハタチ時分は

戸締りされた玄関からではなく

屋根によじ登って2Fの自分の部屋へと入ったもんだ

この屋根を見る度

そんな昔の想い出に微笑んでしまう

 

photo 暑さにバテる我が家のわんこ ピース

いよいよ・・・

ぼちぼち梅雨明けとなりそうな日本列島

先日の7月10日 待ちに待った道路が開通

R292志賀草津道路・平床(煙が上がっている場所)から

県道66号線 山田牧場を抜けてくる部分が通れるようになりました

 

昨年の台風はここ北信濃でも大きなキズを残しましたが

やっと修復が終わり平常に戻りました

 

 

もうひとつお知らせがあります

常連様が待ち侘びておりましたジビエ入荷しました!

 

熊(ツキノワグマ)さんとニホンカモシカの燻製

ずーっと昨年の盆過ぎから品切れ状態のままでしたが

地元猟師さんに無理言って分けていただきました

 

数に限りがありますので

無くなったら今年分は終了となります

取り置きはしませんので早めの来宿をオススメします

※ 確かな製法で貴重な燻製ですが値段据え置きで提供します

 

 

 

北海道ツーリングから早1週間が経ちました

まだ心ここにあらず・・ 状態ですが

その最新の『生情報を聞きたい』

と渡道前にライダーさんがお見えになりました

 

上陸当日~2日目がどうも雨模様

そこで前半は「喰いモン」をメインにルート選定を考える

彼の好みと私のオススメ・・

ある程度に絞り込み そこに宿を絡ませる

後は当日の天気や気分で自信がルートをコーディネイトさせる

 

 

色々な旅のスタイルがあるとおもいますが

彼はある程度計画を立てた中で

臨機応変に進めるタイプなのだろう

実は私もこっち派です

まったくのノープランツーリングはせず

何かテーマや行き先を決めて計画を練る

 

旅は計画している時が楽しい とも言われますが

まったく同感である

こと北海道は他所へのツーリングと決定的に違うのは

足し算ではなく

引き算で組み立てるって事

ココとココとアソコと・・ と行きたい場所を上げていくと

その日のうちに宿に着けなくなる

 

そうそれだけ魅力的な場所が数多く存在し

美味しいものや珍しい呼び名の料理もあったりと

一度は食しておきたいモノが多い

なので気になる場所の中から「何処を削る」かって事になる

 

新造フェリーのおかげで

当宿にお泊りいただき 朝ゆっくりターミナルへ向かう

そんな使われ方が増えるのだろうと想像する

と言うか 是非そんなライダーが増えて欲しいと願う

 

ワクワクしている胸のうちが伝わってくる様は

一緒に酒を酌み交わしていても楽しいもので

ライハのオーナー冥利につきる

 

今回ココ以外のライハデビューをすると言うが

今年は今年だけの北海道ツーリング

思い残す事無くしっかり遊んできなさい (^^)

2017.7.15(土)8:04 新潟港に向け出発

気をつけていってらっしゃい (*^_^*)

 

 

2017北海道ツーリング⑦

7月5日

 

爽やかな北の大地の朝の風は気持ちがイイ

しかも快晴だとライダーのテンションはmaxになる

音楽の選曲もおのずとロック調を選んでみる

毎回 最終日の宿は札幌市内と決めている

ただその前に日本海に出てお目当ての店でウニを食べる

今日の予定はたったそれだけ

 

R39を北上し三国峠を経て旭川へ

その後西へ進み石狩市を目指す

 

快調に旭川市内のR12を走り進んでいると

スピードの取締りやっていそうだなぁと思った矢先

案の定やってました!

 

そう思ったならスピード落とせばいいものを

メーターを見たら80km/hほど出ているではないか・・

『やられたー』

と思ったが停められる事なく通過できた

見逃してくれたのか?!

測定できなかったのか?!

肝を冷やしはしたが助かった

運が良かった

バイクの神様ありがとう (^_-)

 

対向車線ではTOYOTAのシエンタがパトカーに捕まっていた

そうそう

北海道はシエンタが人気の様で沢山こいつが走っている

そして白バイが通り過ぎていく

こっちの車線の陰にも白バイが待機している

皆さんR12の旭川市周辺は特に気を付けましょう

 

 

13:00目的地 到着

積丹にもお食事処「みさき」ってありますが

そことは違いますので詳しく紹介

写真も多く載せておきます

 

お食事の店「みさき」

石狩市浜益区川下 電話:0133-79-2504

 

浜ラーメンも絶品ですが

ミョウバンを使っていないウニも最高に旨い

日本料理店で腕を磨いた店主がしっかり出汁をとったラーメン

日持ちを犠牲にした薬(ミョウバン)未使用の生ウニ

そしてこの価格

店主のこだわりと意気込みが感じられる絶品だ

 

8月は休まず営業するようですが

荒海の時は漁ができないのでウニが無い時があります

なので心配な人は電話してから行きましょうネ

店主もそうして欲しいと言ってます

 

『ライダーの紹介で・・』とひと言添えると喜びます

私じゃなくも誰でもいいんです ^^;

いい店発見しちゃいました

あまり流行って欲しくはないけどそっと教えますね・・

 

ps 積丹のウニ丼は去年¥3,500相場⇒今年は¥5,000です

それでもバンバン売れているそうです

中華の国の経済力には敵いません

 

苫前の「ココカピウ」とここは最後の砦かも知れませんね!!

ライダー情報に嘘が無く

大々満足できたので思い残す事無く札幌に向かうとする

 

 

恐ろしく天井の低いガレージにバイクを停め

そそくさとシャワーを浴びてから

予約をしておいたお店へ直行する

 

イカ刺しも毛蟹も昨年より値上がっている

海で獲れないのだからこればっかりは仕方ない

 

今回はハーフ毛蟹で我慢しビールと一緒に注文

その後は冷酒で料理にあわせる

北海道の味覚を忘れない様に噛みしめる

 

 

札幌なのでやっぱり味噌ラーメンは食べなきゃいけない

生花配達中の札幌美人さんオススメの「けやき」へ行く

こってりでもなく

あっさりし過ぎず

それでいてしっかり味の一杯

確かに旨い

今年も札幌でのラーメンは外さなかった

 

 

ボーナスが出たばかりの公務員

仕事帰りのサラリーマン

そんな人達がやっと街に繰り出す頃だけど

ロンリーライダーは宿に戻るとする

 

と・・ そんな帰り道

昔ラジオでよく聞いていた番組から名付けたBerを発見

 

多少の葛藤はあったけれど

〆の一杯を頂くことにする

明日は北海道を発たなければいけない

今年のツーリングを反省しながら眠りにつく・・・

 

 

 

7月6日

今日も意味無く早起きをしてしまう

早く寝たのだから当然ではある

同室だったちゃりダーに別れを告げ

なんとなく小樽へ向け走り出す

 

道内最後の温泉は豊平郷温泉に決めている

走りはじめて小一時間で現着

営業開始が11:00からと案内されている

がっかりした気持ちを堪え

毛無峠に立ち寄り

いつもフェリーから眺めている小樽港の先っちょの祝津へ向かう

 

知人からの紹介だった青塚食堂で昼食を摂り

新南樽市場で土産を買い

フェリーターミナルへと向かう

 

新ダイヤとなった出航時間は17:00

一日有効に使えるようになったけど

軍資金が不足しちょっと寂しい最終日だ

 

フェリー乗船後

500mlロング缶の発泡酒を一本だけ購入し

マジやばい所持金に不安を抱きながら

新潟港までひたすら寝て過ごす

 

 

 

7月7日

予定より少し早く9:00ちょっと前に新潟港着

この時間なので食堂も色んな施設も開いているので有難い

 

途中の長岡市にある

山本五十六記念館へも立ち寄り

お昼頃 無事ライハに到着となった

 

2017 北海道ツーリングの総括

ホクレンフラッグ4色+洗脳会オリジナルフラッグ1本

入った温泉8ヶ所

うち「ひな湯」が1ヶ所

登った山 1ヶ所

総走行距離 2438km

 

今回一番の収穫は何だったのか?

これといった決定打はなかったけど

やっぱり樽前山の登山(トレッキング)かな~

違った視点から見る北海道も新鮮に感じた

 

それでも北海道はホッカイドウ

ライダーの聖地である事に変わりなく

遊び尽くせない程 広く 奥深い

まだまだ行ききれていない場所も温泉も豊富だ

また来年

しっかり働き そして渡道しようと思う

 

乱文・暴言の数々は聞き流してください

ご清聴感謝申し上げます

 

 

おわり